« 第11位 『ガール』 奥田英朗 | メイン | 第9位 『配達あかずきん』 大崎梢 »

2006年11月22日

第10位 『終末のフール』 伊坂幸太郎

終末のフール →bookwebで購入
(集英社/税込1,470円)

小惑星があと3年で地球に衝突しようとしている時。親子の溝を埋めようとしたり、昔の仲間と集まったり。周辺住人との付き合い、目標や葛藤が入り混じる中、終わりが見えている人生でも迷いや希望を抱きながらの生活。終末が近づくにつれて絡まり繋がりはじめる人間関係。仙台のヒルズタウンに住む住人の8つの物語。
(武下由以子・福岡天神店)

伊坂幸太郎お得意の連作短編集。8年後に小惑星が落ちてきて地球が滅亡すると発表されてから5年。暴動や自殺などのパニックからひと段落した、仙台ヒルズタウンの人々は、意外とほのぼの暮らしてました。インターネットの特集サイトで仙台ヒルズタウンのMAPも見られるし、新しい小説の楽しみ方ができるかも。
(岩瀬桑子・クレド岡山店)

→bookwebで購入

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/779

トラックバック

» 終末のフール from 読書三昧
終末のフール 伊坂 幸太郎 ・終末のフール ・太陽のシール ・籠城のビール ・冬眠のガール ・鋼鉄のウール ・天体のヨール ・演劇... [Read More]