« 番外編・評論 『キリスト教思想への招待』 田川建三 | メイン | 番外編・小説 『世界のすべての七月』 ティム・オブライエン著、村上春樹訳 »

2008年01月11日

番外編・小説 『静かな大地』 池澤夏樹

静かな大地 →bookwebで購入
(朝日新聞社/税込2,415円)

「こんなに素晴らしい人たちがいたんだ!読み進むうちに「なぜ?」とつぶやき、「なぜ!」と叫ぶ。人間の愚かさと思い込みの恐さを今さらのように心に刻む。かけがえのないものをどれほどたくさん捨ててしまったのか?いつのまにか北海道の民宿に泊まり暖かいストーブを囲んで物語を聞いている自分がいた。
〔松山店・秋田元二〕

→bookwebで購入

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/2479