« 2009年12月 | メイン | 2010年02月 »

2010年01月27日

『日本語は生きのびるか――米中日の文化史的三角関係』平川祐弘(河出書房新社)

日本語は生きのびるか――米中日の文化史的三角関係 →bookwebで購入

河出ブックス、2月上旬発売のタイトルをご紹介していきます。

1点目は、平川祐弘さんの『日本語は生きのびるか――米中日の文化史的三角関係』です。

平川さんは、比較文学者で、東京大学名誉教授。フランス、イタリア、ドイツの留学経験を持ち、東大教養学部の他、北米、中国、台湾等でも教鞭をとられてきました。名訳の誉れ高い、ダンテ『神曲 地獄篇煉獄篇天国篇』などの翻訳のお仕事でも知られています。

今回の本は、国際文化史を背景に考察する、画期的な日本語論です。英語が世界の支配語となる時代、辺境の国の言語・日本語は生きのびることができるか?

平川さんから読者のみなさんへのメッセージです。

「日本人は、もはや日本語の壁の中で鎖国を続けることは無理である。私たちは日本語の民として生き続けられるのか。それとも、語学難民となるのか。日本の文化的自主性はどうしたら守り得るのか。ぜひ御一読を」

目次は以下のとおりです。

はじめに
第一章 日本語の生存空間――米中日の三角関係を文化史的に鳥瞰する
 一 文化直流の歴史
 二 周辺国としての日本
 三 周辺文化国をめぐる心理
 四 漢字文化圏の諸問題
 五 米中日の諸関係
第二章 留学生の文化史的意味――一国一辺倒を排す
第三章 衝突か対話か――近代日本の二面性
第四章 混淆文化礼讃――異文化を受容しつつアイデンティティーをいかに保つか
第五章 支配言語とナショナルな詩論の発生――周辺言語の自立とは何か
第六章 グローバル化時代の英語教育――内外の教養を備えた多力者を養成せよ
人生のおわりに――あとがきに代えて

日本/日本語への関心は止むことがないようで、話題書も次々と出てきますね。水村美苗『日本語が亡びるとき』や内田樹『日本辺境論』などと読む比べていただくのも一興かもしれません。


→bookwebで購入

2010年01月08日

飯沢耕太郎『写真的思考』トークイベントのお知らせ

河出ブックス創刊第3弾、吉村正和『心霊の文化史――スピリチュアルな英国近代』 、丸川哲史『竹内好――アジアとの出会い』 は間もなく発売となります。ぜひご覧ください。

*****

イベントのご案内です。あさっての10日です。
先月刊行いたしました、飯沢耕太郎さんの『写真的思考』のトークイベントを下記のとおり開催いたします。
入場無料の書店内イベントですので、お時間の許す方は気軽にお越しください。

*****

河出ブックス『写真的思考』刊行記念トークショー
飯沢耕太郎×畠山直哉
「写真的思考とはなにか」

■2010年1月10日(日)18:00~19:00(開場17:45~)
■会場:青山ブックセンター本店内・特設コーナー
■入場料:無料
■定員:40名様
■ご参加方法:要電話予約
ご予約いただきましたお客様には先着でお席をご用意いたします。店内でのイベントですので、立ち見でどなたでもご参加いただけます。
■お問い合わせ電話: 青山ブックセンター本店・03-5485-5511
■受付時間: 10:00~22:00
(※受付時間は、お問い合わせ店舗の営業時間内となります。御注意下さい。)
■受付開始日:2009年12月22日(火)10:00~
トークショー終了後に飯沢耕太郎さんのサイン会を行います。
サイン会対象書籍:『写真的思考』ほか、著作。

<イベント内容>
私たちの心を惹きつける写真にはなにが潜んでいるのか。写真家はなにを考えて作品をつくりあげるのか。評論と創作という異なる立場から、写真について思考を重ねてきた二人が、写真の過去・現在・未来について真剣に語り合います。