« 『日本の植民地建築――帝国に築かれたネットワーク』西澤泰彦(河出書房新社) | メイン | 「河出ブックス」 いよいよ発売です! »

2009年10月04日

開催迫る! 「河出ブックス」創刊記念トークセッション

 

「河出ブックス」の創刊まで、あと1週間を切りました。
再びのご案内になりますが、創刊直後の今月15日、下記の通り、創刊記念トークセッションを開催いたします。
すでにご紹介した創刊ラインナップに入っていただいた、石原千秋さん、島田裕巳さん、そして現在ご執筆中の五十嵐太郎さん、永江朗さんの4人がパネラーです。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

* * *

第59回紀伊國屋サザンセミナー
「河出ブックス」創刊記念トークセッション

「いまこそ〈教養〉を編み直す
新書から選書へ――新たなフロンティアへの招待」

■出演 石原千秋 島田裕巳 五十嵐太郎 永江朗
■日時 10月15日(木) 19:00開演(18:30開場)
■会場 新宿・紀伊國屋サザンシアター(紀伊國屋書店 新宿南店7階)
■料金 1,000円(全席自由、税込)
■チケット前売所
キノチケットカウンター(新宿本店5階/受付時間10:00~18:30)
紀伊國屋サザンシアター(新宿南店7階/受付時間10:00~18:30)
■電話予約・お問合せ 紀伊國屋サザンシアター(TEL 03-5361-3321、10:00~18:30)
■共催 河出書房新社/紀伊國屋書店
■サイン会開催
当日、会場ロビーにて、石原千秋『読者はどこにいるのか』(河出書房新社)、または、島田裕巳『教養としての日本宗教事件史』(河出書房新社)をお買い上げの先着150名様に整理券を配布いたします。

■講師略歴
○石原千秋:1955年生。早稲田大学教育・総合科学学術院教授(日本近代文学)。『漱石と三人の読者』『教養としての大学受験国語』ほか。河出ブックスの創刊に『読者はどこにいるのか』を執筆。
○島田裕巳:1953年生。宗教学者。文筆家。『日本の10大新宗教』『創価学会』ほか。河出ブックスの創刊に『教養としての日本宗教事件史』を執筆。
○五十嵐太郎:1967年生。東北大学教授(建築史・建築評論)。『新編 新宗教と巨大建築』『現代建築に関する16章』ほか。河出ブックスでは『戦後日本建築家列伝(仮)』を執筆中。
○永江朗:1958年生。フリーライター・評論家。『批評の事情』『〈不良〉のための文章術』ほか。河出ブックスでは『タブーと発禁の出版文化史(仮)』を執筆中。



 

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/3399