« 2007年02月 | メイン | 2007年04月 »

2007年03月31日

『言語類型の起源と系譜』 近藤健二 (松柏社)

言語類型の起源と系譜 →bookwebで購入

 著者の近藤健二は古英語関係の著作のある言語学者だが、本書は言語の古層に測深鉛をおろし、アジア太平洋諸語の底流をさぐろうという壮大な試みである。

 近藤が探求の手がかりとするのは能格言語だが、一般にはなじみがないと思われるので、すこし説明しておこう。

 日本語でも英語でもかまわないが、大半の言語は動詞が自動詞だろうと他動詞だろうとかかわりなく、主語になるのは主格であり、目的語になるのは対格(目的格)である。

私は 泳ぐ。
I swim.

私は 魚を 食べる。
I eat a fish.

 ところが、能格言語に分類される言語では、自動詞の主語になる格は他動詞では目的語になってしまうのだ。他動詞の主語、というか行為者をあらわすのは能格という別の形式である。それに対して自動詞の主語=他動詞の目的語は形式が同一なだけではなく、格をあらわす助詞や活用をともなわないので、絶対格と呼ばれる。近藤があげているイヌイット語の例を示せば、こんな具合だ。

nequa kuimuq.
(魚が 泳いでいる)

angute-m nequta neraa.
(男が 魚を 食べている)

 anute(男)の後ろにつく m は能格を示す標識である。nequa(魚)は絶対格なので、なにもつかない。

 同じ形式の語が動詞によって主語になったり目的語になったりするのは不便のようだが、能格言語に分類される言語は意外に多く、コーカサス山脈やシベリア、北米、オーストラリアなど、世界中に散在している。ヨーロッパで孤立しているバスク語や、やはり系統不明とされているアイヌ語もそうである。

 能格言語は辺境の先住民の話す土着語が多いが、サンスクリット語や古代ペルシャ語、ゴート語など古い印欧語の格組織には能格言語の痕跡が残っており、印欧語も最初は能格言語だったと見られている。ビルマ・チベット語にも能格言語の名残があるという。能格言語は言語の古層に属するらしい。

 能格言語はなぜ自動詞と他動詞で異なるふるまいを見せるのだろうか。その問いに答えるには自動詞と他動詞の違いをまず明らかにしなくてはならない。

  1. きのう、母がなくなりました。
  2. *きのう、母をなくしました。
  3. 一昨年、母をなくしました。

 近藤は「きのう、母をなくしました」という文が不自然な点に注目し、自動詞文は心理的距離の小さい出来事に使われる傾向があるのに対し、他動詞文は心理手距離の大きな出来事に使われる傾向が強いと指摘し、自動詞文の方が直感的であり、より根源的だとしている。幼児の観察でも自動詞文の方が他動詞文よりも早く習得できることがわかっている。言語の歴史において、自動詞文の方が他動詞文よりも先んじて発達した可能性が高い。

 近藤は原初的な言語では格を示すような助詞や活用はなかっただろうと推定している。原始人はターザンのような言語を喋っていたというわけだ。そこで、以下のようなターザン語を考えてみる。

  1. 扉、開く。
  2. 風、扉、開く。
  3. 彼、扉、開く。

 aとbは自動詞文だが、cは他動詞文的色彩が濃い。曖昧さをなくすために、以下のように助詞がくわわったとしよう。

  1. 扉、開く。
  2. 風で、扉、開く。
  3. 彼が、扉、開く。

 bは「風で」という手段・道具をあらわす副詞句がくわわった形であるが、cは能格構文そのままだ。cの「彼が」は機能的には主語ということになるが、「扉、開く」を修飾する副詞句だともいえる。

 われわれの目から見ると aとbの「扉」は主語で、cの「扉」は目的語だが、能格言語の話者にとってはそんな区別はないのかもしれない。

 ここで注目したいのは「風で」と「彼が」が、「扉、開く」を同じように修飾しているという事実である。「風で」は道具・手段を示す具格、「彼が」は行為者を示す能格だが、近藤は能格の起源は具格ではないかと推定している。具格→能格→主格という発展過程があるのかもしれない。

(急いでつけくわえておくが、近藤は主語が存在するという立場なので、「風で」を具格主語と呼んでいる。逆に主語がないという立場に立てば、「彼が」は主格補語と呼ぶべきだろう。)

 以上は本書の第一章の内容を紹介したにすぎない。近藤は能格の具格起源仮説を手がかりに、太平洋をとりまくように分布するモンゴロイド諸語の古層に次々と測深鉛をおろしていき、隠れた系譜を浮かびあがらせようとする。マイナーな言語の話ばかりなのでどこまで妥当なのかは素人には判断できないが、議論の筋道は十分追うことができる。

 近藤は大野晋の日本語のタミル語起源説を評価している。大野は最初は日本語とタミル語の同祖説を主張していたが、途中で縄文時代末期に稲作とともにタミル語語彙が大量に流入し日本語を再編成したというタミル語クレオール説に後退している(『新版 日本語の起源』参照)。近藤はタミル人が稲作技術をもって日本に大挙来航したという仮説をありえないと退け、大野がタミル語起源としている語彙はアジア太平洋祖語に根ざすものだろうとしている。

 また、系統不明とされているシュメール語とエラム語についても一章をさき、アジア太平洋諸語とのつながりを指摘している。音韻対応でさかのぼれるのは一万年程度だといわれているが、本書の方法でその先に遡行できるものかどうか、他の専門家の見解が気になるところだ。

→bookwebで購入

2007年03月30日

『言語のレシピ』 ベイカー (岩波書店)

言語のレシピ →bookwebで購入

 明治以来、日本人は日本語を特殊な言語と思いこんできたが、日本語が特殊だというのは欧米の言語や中国語と比較するからであって、世界的に見れば決して特殊というわけではない。

 本書は文の作り方という視点からまとめた言語類型論だが、現存する6000の言語のうち、英語のような語順の言語(主語-動詞-目的語)と日本語のような語順の言語(主語-目的語-動詞)はほぼ同数で、それぞれ2500ほどあるという。本書では「主語-動詞-目的語」型の言語を「主要部先行言語」、「主語-目的語-動詞」型の言語を「主要部後続言語」と呼び、英語と日本語で代表させている。日本語は特殊どころか、二大類型の一方を代表する言語なのだ。

 三番目に多いのは「動詞-主語-目的語」型の言語で、ウェールズ語、中米のサポテック語など600ほどある。以下、「動詞-目的語-主語」型、「目的語-主語-動詞」型がつづくが、「目的語-主語-動詞」という型の言語は、現在確認されている限りでは一つしかないという。

 9割近い言語が二大類型のどちらか含まれ、一部の類型はほとんど存在しないに等しいという事実は、言語は多種多様なようでいて、文の作り方という点ではごく限られたルールしかないことを暗示するものだろう。

 類型の内部でも、使えるルールは限られている。英語型言語の場合、助動詞は動詞に先行するが、日本語型言語の場合、助動詞は動詞の後ろに置かれる。副詞句の内部では英語型は前置詞(for,in,toなど)が先行するのに対し、日本語型では助詞(後置詞)が後続する(~へ、~で、~に、など)。英語型なのに助動詞が動詞の後ろにきたり、日本語型なのに前置詞のある言語はないのだ。

 こうしたルールを著者はチョムスキーにならってパラメータと呼んでいる。料理の比喩でいえば、クッキーもパンも、小麦粉を水で練って、オーブンで焼くところまでは同じだが、パンの場合、イースト菌を混ぜるというパラメータが追加される。イースト菌パラメータの違いだけで、クッキーかパンかという大きな違いが生まれるというわけだ。

 著者はさまざまな言語をとりあげてパラメータを洗いだしていき、さらにパラメータ間の関係にまで踏みこんでいる。赤ん坊が言語を習得していく過程をパラメータの階層構造で説明するくだりなど、かなり説得力がある。最後の章ではパラメータが人間の脳に先天的に組みこまれている可能性を検討しているが、必ずしもチョムスキー一辺倒にはなっておらず、他の可能性も排除していない。

 本書の大胆なアプローチは、もちろん、生成文法が出発点となっているが、個々のパラメータは具体的な要素間の関係のみをあつかっており、生成文法でいう深層構造を前提とはしていないと思う。本書の成果を生成文法とは別のアプローチで再構成することは不可能ではあるまい。わたしの勝手な妄想だが、主語廃止論の見地から本書を再構成したらおもしろいと思う。

→bookwebで購入

2007年03月29日

『英語にも主語はなかった―日本語文法から言語千年史へ』 金谷武洋 (講談社叢書メチエ)

英語にも主語はなかった―日本語文法から言語千年史へ →bookwebで購入

 金谷武洋は三上文法を発展させて主語否定三部作を発表したが、本書は『日本語に主語はいらない』(叢書メチエ)、『日本語文法の謎を解く』(ちくま新書)につづく三作目で、おそらくもっとも重要な著作である。前二作では英文法引き写しの国文法は日本語の実態が説明できず、外国人日本語学習者にとっては有害無益であると断じたが、本書は返す刀で主語は近世の産物であり、もともとの英語には存在しなかったと説いているのだ。

 本書の内容は著者がカナダで書いた修士論文と博士論文がもとになっている。『主語を抹殺した男』に指導教官とのやりとりが回想されているので引く。

 三上文法の要点を狭い研究室の板書で説明すると、マニエ教授は身を乗り出して大いに興味をしめした。鳶色の目を輝かせて放った一言が忘れられない。「ほほう、日本語の構文は西洋の古典語に似ているんだね。面白いじゃないか」。

 ギリシャ語やラテン語は動詞の語尾で誰の行為かがわかるので、主語はあってもなくてもよいし、語順もかなり自由である。現在の英語では主語は絶対に必要で、天気のような行為者のいない自然現象を述べる場合にも It is fine. のように it という仮主語を立てるが、ギリシャ語やラテン語はもちろん、古い英語もそんなことはしていなかった。

 現代英語では SVO や SVOC のような5文型という形で語順が固定しているが、それは動詞の活用が簡略化され、語順という形で文法的機能をあらわすようになったからで、古い英語はそうではなかった。他動詞文でSVO順になっている割合は16世紀のシェイクスピアでは90%だったが、14世紀のチョーサーでは84%、9世紀ではわずか40%だという。

 しかし、修士論文でいきなり英語や印欧語の主語の問題にとりくむのは茫漠としすぎている。

 マニエ教授と相談の結果、目をつけたのは古い印欧語に見られる「中動相(middle voice)である。この問題は本書の目的から外れるので、ごく簡単に説明すると、中動相という名称は起源的には古典ギリシャ文法の用語から来ており、その名前のとおり「能動態(active voice)と受動態(passive voice)の中間に位置する態として理解されてきた。一言で言うと「形は受動態、意味は能動態」という変わり種の動詞語尾を持つ。

 伝統的には中動態は能動態と受動態の中間とされてきたが、もともとは能動態と中動態だけで、受動態はなかったという。中動態は「お互いに~する」とか「みずからを~する」というような再帰的表現に使われることが多かったが、その発展として、中動態の語形を借りて受動態が誕生したわけだ。

 バンヴェニストは中動態の伝統的な説明にあきたらず、受動態が生まれる前の段階にさかのぼって考えた。能動態という名称は受動態との対比でいわれる以上、受動態誕生以前の能動態を能動態と呼ぶのはおかしい。現在、能動態と呼ばれているヴォイスは、受動態誕生以前は中動態と対立していたのだから、彼は能動態を外相、中動態を内相と呼ぶことにした。外・内の対立にしたのは、能動態でのみ使われる動詞と中動態でのみ使われる動詞を集め、比較したところ、能動態で使われる動詞は行為が他に影響するのに対し、中動態で使われる動詞は状態をあらわしたり、行為をあらわす場合は結果が自分自身にとどまることがわかったからである。

 バンヴェニストの歴史的考察は画期的だったが、もっとユニークな説明を試みた研究者が日本にいた。英語学者の細江逸記である。細江は中動相は日本語の助詞「る」「らる」と同じ「反照」表現であるとした。

phaino(能動相) = I show.見せる
phinomai(中動相)= I show myself.あらわれる

 「る」「らる」は自発になったり、可能になったり、尊敬になったり、完了になったりする、いかにも日本語的な曖昧模糊とした表現だが、それを中動態の説明に援用する発想はすごい。

 では、金谷説はどうか。金谷は細江もまだ主語にとらわれていると批判し、中動態の本質は印欧語における無主語文であり、行為者の不在と自然の勢いをあらわすと述べている。「思う」ではなく「思われる」にすると、行為者の存在が曖昧になり、主体的な決断の結果ではなく、自然の勢いとしてそう思ってしまったというニュアンスになるが、能動態と中動態の対立もそのようなものらしい。だとすれば、西洋古典語は確かに日本語と似ている。

 受動態はどのように生まれたのだろうか。なぜbe動詞を受動態に用いるのだろうか。

 ここで金谷は恐ろしい指摘をする。受動文は能動文の裏返しではなく、能動文を受動文にすると意味が違ってしまうというのだ(生成文法にとっては致命的だ)。

 われわれは英文法の授業で能動文を受動文に機械的に書き換えていたが、実際はかなり不自然な文章を生みだしていたのである。また、能動文の主語を by を介して文の末尾にくっつけていたが、by で行為者を受動文など、英文法の授業以外ではまずお目にかからない。

 機械的に作られたのではない受動文は何をあらわすのか? 金谷は「ある行為を人為的な介入とは捉えず、あたかも自然にそうなったと表現するところにある」というメイエの説明を援用する。そう考えれば、受動態にbe動詞を使うのはごく自然なことである。

 金谷は同じような発想が日本語にもあると指摘する。やや長いが、遅刻の言い訳に存在文を使うケースを例を引く。

「北海道から母が来た」は行為文(する文)で、これでは言い訳にならない。一方、「母が来たんだ」は存在文(ある文)に変わっている。
 その発想は「母が、来た(という状態)で(すでにそこに)ある」ということだ。そして、存在文だからこそ、その事実は人間のコントロールを超えて、もうそこに既成事実として成立してしまっており、自分はどうしようもない、というニュアンスが加わる。これは要するに「する文」を「ある文」に変えているわけだ。そのお蔭で,言外の状況の説明や言い訳として使えるのである。

 「る」「らる」が自発・可能・尊敬になるのも、同じ発想が背景にある。意識的な行為としてそうしたのではない。自然の勢いでそうなってしまったというニュアンスが自発や可能・尊敬になるのだ。

 日本語とは無関係な印欧語の中動態の考察が、日本語の論理に洞察をあたえてくれたのである。感動した。

→bookwebで購入

2007年03月28日

『主語を抹殺した男―評伝三上章』 金谷武洋 (講談社)

主語を抹殺した男―評伝三上章 →bookwebで購入

 刊行から半世紀たった現在でも版を重ねている『象は鼻が長い』を書いた三上章の評伝である。

 著者の金谷武洋はカナダのモントリオール大学で20年以上日本語を教えている言語学者で、日本語教育という実際上の必要に迫られて三上文法に関心をもったという。いわゆる学校文法では外国人学習者の質問に答えることができないのはもちろん、自然な日本語を教えることもできないからだ。三上文法が外国人の日本語学習にいかに威力を発揮するかは本書の第一章に生き生きと描かれている。

 三上は晩年に大学に職をうるまで「一介の高校数学教師」として暮らしたため、その学説は国語学会の主流からは長らく素人の奇説として黙殺されてきたが、年を追うごとに評価が高まり、現在では三上の後継者を自認する研究者がすくなからずいる。ただし、三上解釈は一様ではない。三上のテーゼでもっとも有名な主語廃止にしても、単なる戦略と受けとり、生成文法との折衷をはかる人もいれば、主語廃止こそ三上の最大の業績と考える人もいる。金谷は本書の表題を『主語を抹殺した男』としたことからも明らかなように、後者の立場の代表者で、すでに『日本語に主語はいらない』(叢書メチエ)、『日本語文法の謎を解く』(ちくま新書)、『英語にも主語はなかった』という「主語廃止三部作」を上梓している。

 金谷は「主語廃止三部作」という理論編を完成させた後、いよいよ三上の評伝にとりかかったわけだが、カナダ在住のために執筆は順調には進まなかったらしい。しかし、三上を知る多くの人の協力によって、本書がなったという。特に三上の伝記を準備していたが、本としてまとめることができなくなった高田宏氏は収集した資料を提供してくれたという。三上に対する敬愛がそれだけ深いということだろう。『言葉の海へ』の著者による三上伝はぜひ読んでみたかったが。

 さて、本書であるが、読んでいて引いてしまう部分がなくはなかった。三上の一挙手一投足まで褒めちぎるところがあって、評伝というより長いファンレターではないかという印象が否めないのだ。また、著者自身が前に出てきてしまう書き方にも抵抗がなくはなかった。みずからの三上体験を書いた第一章は感動的だが、評伝部分にまで著者が顔を出す書き方はいかがなものか。ただ、半分をすぎれば気にならなくなるので、これはこれで著者の持ち味なのかもしれない。

 なにはともあれ、三上の生涯についてまとまった本を書いてくれたことはありがたい。大叔父で『文化史上より見たる日本の数学』で和算を世界に紹介した三上義夫と同じような運命をたどった点は興味深かった。

 三上の晩年の条は読んでいてつらかった。ようやく評価されたのに、こういう運命は悲しすぎる。三上がハーバード大学に招聘されながら、すぐに帰国したというエピソードは、その昔、川本茂雄の授業で聞いたことがあって、ずっと気になっていたが、こういうことだったとは。

 本題から外れるが、本書でも橋本文法が悪役として登場するので一言。若い読者の中には橋本進吉の業績=橋本文法と誤解する人が出てくるかもしれないが、橋本文法は橋本の仕事の中では傍系だったと思う。橋本文法が駄目だからといって、橋本の仕事を全部否定するような誤解はしてほしくない。

 また、橋本門下が三上をいじめたというようなこともないと思う。本書では林大が三上をいちはやく評価し、東京に招いてICUで講演するお膳立てをするエピソードが紹介されているが、林は橋本進吉の女婿なのである。

→bookwebで購入