連続ブックフェア 「紀伊國屋書店と新宿」


Vol.1 「モダン都市文化」
2008年7月7日(月)~8月7日(木)
Vol.2 「〈熱き時代〉の新宿、新宿の〈いま〉」
2008年9月16日(火)~11月30日(日)
(会期は売場によって異なります)
紀伊國屋書店 新宿本店 3階・5階・6階
紀伊國屋書店 新宿南店 3階・5階・6階

詳細を読む 詳細を読む

« 菊地成孔 エッセイ | メイン | 中平穂積 インタビュー »

2008年09月10日

吉田豪 エッセイ

新宿といって真っ先に思い出すのはメジャーデビュー前のSIONなんですよね。新宿西口ガード下(現・さくらや新宿西口駅前店の辺り)にあったミリタリー&ロック・ショップの店員で、新宿の路上で酔っ払ってよく野宿して、自主盤『新宿の片隅から』が紀伊國屋内テイトムセンのインディーズチャートで1位になったりとかした頃の。だから高校時代、ボクもSIONがバイトしてた店でモッズパーカーとか買ったり、新宿の路上で野宿したり、テイトムセンで自主盤を買ったり、その帰りになぜか芸能事務所にスカウトされかかったり(おそらくインチキ)していたわけです。

現在、新宿はおそらく、日本でいちばん好きな街です。歌舞伎町が浄化されすぎて寂れつつあるのがネックなぐらいで。文化レベルが程良いんですよね。サブカルすぎず、お洒落すぎず、枯れすぎずで。よっぽどウンザリすることでもない限り、この街に住み続けたいといまは思ってます。


吉田豪

吉田豪 (よしだ・ごう)
1970年、東京生まれ。プロ書評家&インタビュアーにして、現在、雑誌・新聞などでの連載数が20を超えるスーパーライター。著書に『吉田豪のセメント!! スーパースター列伝 パート1 』(エンターブレイン)、『元アイドル!』(新潮社)、『人間コク宝』(コアマガジン)、『男気万字固め』(幻冬舎)など。また、TBSラジオ『ストリーム』(月曜14時~)にレギュラー出演。
>>吉田豪「豪さんのポッド」
>>著作一覧

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/2880