連続ブックフェア 「紀伊國屋書店と新宿」


Vol.1 「モダン都市文化」
2008年7月7日(月)~8月7日(木)
Vol.2 「〈熱き時代〉の新宿、新宿の〈いま〉」
2008年9月16日(火)~11月30日(日)
(会期は売場によって異なります)
紀伊國屋書店 新宿本店 3階・5階・6階
紀伊國屋書店 新宿南店 3階・5階・6階

詳細を読む 詳細を読む

« マキノノゾミ 「思い出。少々無法な。」 | メイン | 書店の中にある劇場、紀伊國屋ホールを知る5つのポイント »

2008年09月03日

横内謙介 エッセイ

約30年前、先輩に連れられてぎっしりとお客が詰まった通路に体育座りして、つかこうへい事務所の「熱海殺人事件」を観た。当時、厚木の高校生だった私にとって、放課後に詰め襟姿のまま小田急に乗って大きな河を二つ越え、新宿に行くこと自体が決死の大冒険であった。その上に時代を代表する大傑作の最も盛り上がっていた現場を体験したのだから、それで人生が変わったのも当然だろう。
その衝撃体験から10年ほど経った1987年の春、私の劇団(当時・善人会議)が下北沢スズナリから、紀伊國屋ホールに初進出した。ホールが若手劇団の登竜門と言われていた頃だ。嬉しいよりも緊張がまさり、無我夢中で公演をやり遂げた。
その公演のバラシの後、ひとり裸舞台に立ち、誰もいない客席に向かって熱海殺人事件の木村伝兵衛のセリフを言ってみた。その時、はじめて憧れの劇場でついに公演を打ったのだ、という喜びが私の胸に満ちた。


横内謙介

横内謙介 (よこうち・けんすけ)
1961年、東京生まれ。劇作家・演出家・扉座主宰。
トニセン<V6>の舞台や、スーパー歌舞伎等に幅広く作品を提供。近年、愛・地球博『地球タイヘン大講演会』脚本・演出、'06年フジテレビ系ドラマ『ダンドリ。』脚本等、演劇以外にも活動の場を広げている。
>>横内謙介Diary
>>著作一覧

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/2896

トラックバック

» 書店の中にある劇場、紀伊國屋ホールを知る5つのポイント from じんぶんや「紀伊國屋書店と新宿」
談 : 紀伊國屋ホール総支配人・金子和一郎 紀伊國屋書店事業部・鈴木由美子 1)... [Read More]