連続ブックフェア 「紀伊國屋書店と新宿」


Vol.1 「モダン都市文化」
2008年7月7日(月)~8月7日(木)
Vol.2 「〈熱き時代〉の新宿、新宿の〈いま〉」
2008年9月16日(火)~11月30日(日)
(会期は売場によって異なります)
紀伊國屋書店 新宿本店 3階・5階・6階
紀伊國屋書店 新宿南店 3階・5階・6階

詳細を読む 詳細を読む

« 四谷シモン インタビュー | メイン | 鴻上尚史 「売店のおばちゃん」 »

2008年08月27日

宇野亜喜良 インタビュー

1955年にぼくが上京したのは、知り合いの紹介で、恵比寿にあったカルピスの宣伝部に入るためでした。けど、一年近く待たされたかな。この浪人時代、コルゲン・コーワがカエルのシンボルマークのデザインを募集しているのを見つけて、応募したりしていました。それで特選をとったんだけど、もうひとりが和田誠さん。のちに一緒の仕事をするようになるんだから、不思議なものですね。

上京した翌年に売春防止法ができたので、いまのうちに赤線を見ておかないと……と出かけたのが「新宿」との付き合いのはじまりでした。原宿のセントラルアパートに事務所を構えた60年代中ごろには、「ナジャ」に遊びに行ったり、アートシアター新宿文化で寺山修司さん演出の「アダムとイブ―私の犯罪学」の舞台美術を手がけたり……と「新宿」との縁も深くなっていった。

あのころの新宿は混沌として、犯罪都市のようなんだけど、状況が違っても、それぞれがつながって仲間や大家族のようになる……不思議な街でしたね。(談)


宇野亜喜良

宇野亜喜良 (うの・あきら)
1934年、愛知県生まれ。デザイン・イラストレーション・舞台芸術の世界で活躍。著書に『上海異人娼館』(原作・寺山修司)、『美女と野獣』『エスカルゴの夜明け』(文・蜂飼耳)、(すべてアートン)、『サロメ』(文・蜂飼耳ほか、エクリ)、エッセイ集『薔薇の記憶』(東京書籍)など。
>>AQUIRAX online
>>著作一覧

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/2886

トラックバック

» 宇野亜喜良グッズ入荷! from じんぶんや「紀伊國屋書店と新宿」
宇野亜喜良さんデザイン「AQUIRAX」より、グッズが入荷いたしました! 宇野さ... [Read More]