連続ブックフェア 「紀伊國屋書店と新宿」


Vol.1 「モダン都市文化」
2008年7月7日(月)~8月7日(木)
Vol.2 「〈熱き時代〉の新宿、新宿の〈いま〉」
2008年9月16日(火)~11月30日(日)
(会期は売場によって異なります)
紀伊國屋書店 新宿本店 3階・5階・6階
紀伊國屋書店 新宿南店 3階・5階・6階

詳細を読む 詳細を読む

« 宇野亜喜良 インタビュー | メイン | マキノノゾミ 「思い出。少々無法な。」 »

2008年08月29日

鴻上尚史 「売店のおばちゃん」

紀伊國屋ホールのロビーの片隅に、売店がありました。一人のおばちゃんが(と言うのも失礼なのですが、でも僕たちは愛着を込めて、『売店のおばちゃん』と呼んでいました)が、飲み物を売っていました。

一坪のスペースもないような小さな売店でした。けれど、売店の壁一面には、びっしりといろんな芝居の『大入り袋』が貼られていました。僕はウーロン茶を注文して、おばちゃんがビンから紙コップに移しかえてくれている間に、いつも、その『大入り袋』の文字を猛烈な速度で読んでいました。袋に書かれた公演のタイトルは、そうそうたる伝説の名前がびっしりとありました。

『第三舞台』の公演の時も、僕はウーロン茶を買いました。その後、他の芝居を見に来た時も必ず寄りました。おばちゃんは、いつも、にこにこと「内緒だよ」と言いながら、50円、おまけしてくれました。

何百枚も貼られた『大入り袋』を見るたびに、僕は、「演劇の歴史」の中で公演をしているんだと実感したのです。


鴻上尚史 (photo: Yuki Sugiura)
photo: Yuki Sugiura

鴻上尚史 (こうかみ・しょうじ)
1958年、愛媛県生まれ。1981年に劇団「第三舞台」を結成。『朝日のような夕日を連れて』『天使は瞳を閉じて』『スナフキンの手紙』など、作・演出家として多彩な活動を展開。今年12月に紀伊國屋ホールで自身主宰の「虚構の劇団」第2回公演を予定。
>>著作一覧

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/2897

トラックバック

» 書店の中にある劇場、紀伊國屋ホールを知る5つのポイント from じんぶんや「紀伊國屋書店と新宿」
談 : 紀伊國屋ホール総支配人・金子和一郎 紀伊國屋書店事業部・鈴木由美子 1)... [Read More]