« 2012年06月 | メイン | 2012年08月 »

2012年07月26日

『舟を編む』三浦しをん(光文社)

舟を編む →bookwebで購入

「読後、心地よい風が吹く作品」

 日本に一時帰国するたびに、気になる言葉が増えてくる。こちらが普段海外に住み、目まぐるしく変わる日本語に対応できていないのが原因か、歳を取ると共に若者との感覚がずれてくるせいかは分からない。テレビの司会者等も使っている「ぜんぜん+肯定的表現」などはいまだに違和感を感じるが、今回は大相撲中継を見ていて、アナウンサーが「勝ちっぱなし」という言葉を連呼するのが気になった。

 広辞苑によると「その事をしたままで捨てておく意や、その状態が続く意を表す。」となっているので、誤用ではないのだろう。だが、私には「~ぱなし」というのは、どうも負のイメージがまとわりつき、前者の意味しか思いつかない。「やりっぱなし」、「開けっぱなし」等、良い意味合いで使わないことが多いだろう。故に「勝ちっぱなし」という発言を聞くと、このアナウンサーは当該力士が勝つことを面白く思っていないのだろうか、と感じてしまう。感性の違いなのだろうか。

 そんな時、友人の本棚で気になる本を見つけた。三浦しをんの『舟を編む』。どうやら辞書の編集に関する話らしいので、読んでみた。新しい辞書『大渡海』を作り上げようとする、玄武書房編集部に集まる人々の姿が描かれている。こういった、普段私たちが知ることの少ない世界を描いた作品は多くある。時として、ストーリーの巧拙や構成の質などよりも、身近ではない世界に関しての啓蒙の書として機能することも多い。それはそれで面白い。

 『舟を編む』にも確かにそのような特色はある。昼食時でも、テレビから流れる音声に耳を傾け、用例採集カードにメモを取る老学者。辞書の紙作りに苦労する人々。語意・語釈についての徹底的な探求、等等辞書作りという特殊な世界について、色々と学ぶことができる。だが、この作品の本質はそこではない。読み終えた時に「心地良い作品だな」と、心の底から思えるのである。

 人を評する時、「性格がきつい」、「優しい」、「お金にうるさい」等色々な表現があるだろう。しかし、時として「あの人は良い人だ」としか言いようのない人がいるものだ。その人と一緒にいるだけでこちらの心が温かくなるような存在。鋭角な部分がなく、柔らかく、優しく、ほのぼのとした空間を作り上げてくれる人。『舟を編む』はそんな人に似ている。

 もちろん気になる部分はある。心理描写の拙い恋愛模様、非現実的な主人公、松本先生の死に動揺する主人公馬締のステレオタイプな描写「感情と行動がどうにもちぐはぐになり、うまく制御できない。」等が目に付く。しかし、そんな瑕疵を忘れさせてくれるような、さわやかな感動をこの作品は与えてくれる。

 馬締の妻となる、女性板前の香具矢が言う。「馬締が言うには、記憶とは言葉なのだそうです。香りや味や音をきっかけに、古い記憶が呼び起こされることがありますが、それはすなわち、曖昧なまま眠っていたものを言語化するということです」東日本大震災以来、今ほど私たちの思いを言語化することが重要になっている時はないだろう。荒れて折れそうな心を和らげるために、言葉の重要性を今一度見つめるために、『舟を編む』は効果的な一冊である。


→bookwebで購入