« 2010年12月 | メイン | 2011年02月 »

2011年01月31日

『ワインが語るフランスの歴史』山本博(白水Uブックス)

ワインが語るフランスの歴史 →bookwebで購入

「ワイングラスの中に見える世界」

 パリでワインクラブを主宰して15年ほどになる。その間かなり多くのワインを飲んできたが、まだまだ飽きは来ないし、ワインの世界のほんの一部分を垣間見ただけに過ぎない。ただ言えることは、ワインはあくまでも地酒であり、作られた土地や生産者と密接に結びついているということだ。その意味でワインは間違いなく一つの文化であり、それを通して一つの文明を見ることも可能なようだ。

 山本博は、少々ワインの勉強をしたことがある人ならば、誰でも知っているワインの世界の大家だ。種々の著書があるが、この『ワインが語るフランスの歴史』は面白い。友人や大切な人に少々ワインの薀蓄を披露したい人や、固い歴史書を読むのは疲れるがワインは大好きという人に、役立つ事間違いなしだ。

 例えば、有名な白ワインシャブリ(Chablis)には、はるか昔渡船場があり、船を操作する綱をケルト語でshableと呼び、それがローマ時代にcableiaとなり、村名となったそうである。またシャブリと生牡蠣が合うと言われるが、「ほんとうはグラン・クリュものになると生牡蠣には合わない。」と説明する。これは私も試した事があるが、確かに生牡蠣の強烈な風味には、せいぜい村名シャブリか若い一級くらいまでが合う。

 ワインは「ボルドーに始まってブルゴーニュに終わる」などと言われるが、ブルゴーニュ(Bourgogne)の語源は、かつて北欧から移住しこの地方を支配していたブルグント族(Burgund)であるという。確かに英語でバーガンディ(Burgundy)と言うのが頷ける。もともと違う国なのだから当然だが、今でもBourgogneのワインショップには余りBordeauxワインは置いていないし、Bordeauxでは逆のことが起こる。やはり「地酒」である。

 ボルドーがかつて英国領であった時に、ワインを積んだ「英国むけの船を襲う海賊を退治するために編成された護送船団」が後の「大英帝国海軍(ロイヤルネイヴィ)」であったとか、ロバート・パーカーのお陰で再発見され有名になった「シャトーヌフ・デュ・パップ(教皇の新城館)」はクレメンス六世がオランジュの傍に別荘を作った事から始まったなどという逸話は有名だ。

 だが、ポンパドゥール夫人が「飲んで女性の美しさを損なわないのは、シャンパンだけです!」と言ったのは知らなかった。シャンパンを含めた泡物好きには嬉しい言葉だ。シャンパンは最近日本でも価格が下がったようだが、それでもドン・ぺリニョンやクリュッグの普通のキュヴェで一万円程度はするだろう。中々手が出ないかもしれないが、山本は「人生のなにか大切な時に、少しくらい値が高くても、思いきって、優れたシャンパンのひと壜を―自分のために―おごってみたらどうだろうか?」と言う。

 この程度は誰でも言えるのかも知れない。しかし、次に「必ず、人生は決して捨てたものではないという気持ちになれるはずである。」と断言するのである。さらに甘口ワインの最高峰であり、やはり高価であるシャトー・ディケムの項では「ソーテルヌのような名ワインは人類が創りあげた一種の歴史的文化的所産である。こうした文化財といえるものは、次の世代に残してやるのがわれわれの義務であろう。それは一壜でも一グラスでも、多く飲んでやればよいという楽しい義務である。」とのたまう。こうなるとワインに対する理解と愛情が達人の域と言う他ない。我々の財布の紐がゆるみそうだが。

 他にもワインにまつわる楽しい話が満載だ。自分の好きなワインを飲みながら、のんびりとこういった本を読むのは楽しい。グラスの中に色々な世界が見えてくるかもしれない。


→bookwebで購入

2011年01月24日

『わたしを離さないで』カズオ・イシグロ(ハヤカワepi文庫)

わたしを離さないで →bookwebで購入

「人間の究極のエゴイズム」

作年末はフランス西部のブルターニュにある漁港で過ごした。温和な気候で知られる町だが、新鮮な魚が手に入るのは嬉しい。どんな旅行にも何冊か本を抱えて行くが、昨年最後に読んだこの作品は、色々と考えさせられるものだった。

カズオ・イシグロの作品は『日の名残』しか読んでいないが、二人称的で静謐な文体と日本生まれの作家がなぜイギリスの貴族社会のことをこんなに詳しく知り得たのだろうかという素朴な疑問が記憶に残っている。今回読んだ『わたしを離さないで』も同じ特色はあるのだが(貴族社会とは関係ないが)テーマは似ても似つかないものだった。

テーマは割りと早い段階で明らかになるし、冒頭からいくつかヒントが出されているので、勘の良い読者ならばすぐにこの恐ろしいテーマに気づくだろう。だが、解説者の柴田元幸も訳者の土屋政雄も、読者が自分で気づいたほうが良いと考えているようなので、私も敢えて明言しない。イシグロ自身はネタバレを否定していないようだし、テーマを知っていようがいまいが、多角的な読みが可能な作品であることは間違いないのだが。

例えばこの作品を、現代科学が生み得る一つの悲劇を描いた近未来小説(例え舞台の設定が1990年代末であろうと)とも読めるし、サルトルの「限界状況」の再現的作品と考えることも可能だ。また私は、主要登場人物であるキャシー、ルース、トミーの愛の物語であるとも考えている。さらに日本で生まれイギリスで育った作者の「無常観」を表現した作品などと読むこともできそうだ。

だが、どんな読みをしようと、この作品の裏に隠れているのが人間の強烈なエゴイズムと諦念であることは、避けて通ることはできない。我々がどんなに罪深い存在なのか、人間が人間として生きるのはどういうことなのか、深く考えさせられる。だからこそフィクションであるのに、異常なほどの現実感と臨場感に溢れる作品に仕上がっているのだろう。

思えば我々は毎日どれだけの生命体を犠牲にして生きているのだろうか。ベジタリアンだから罪が少ないというようなレベルではないだろう。かつて安部公房は『事業』の中で「生物を殺すのはそれが直接食うことを目的とした場合は罪でないというキリストの教えだった。」と強烈な風刺を持って、カニバリズムを正当化したが、我々の「科学」が行きつく所は「生物」の定義さえ曖昧にしかねない。

誰でも長生きしたいと思うのかもしれない。だが、そのためにどれだけの犠牲が許されるのだろうか。しかもそれが食糧としての犠牲ではなく、もっと直接的な「犠牲」であったとしたら。簡単に答えを出せる問題ではないのは、分っている。しかし、だからこそ常に真剣に考え続けなくてはならない問題でもあるだろう。『わたしを離さないで』は、その大切さを私たちに明確に教えてくれる。ますます科学が「進歩」するであろう今世紀において、最も重要かつ喫緊のテーマの一つであるに違いない。


→bookwebで購入