« 2008年09月 | メイン | 2009年06月 »

2009年05月31日

『チョムスキーの「アナキズム論」』ノーム・チョムスキー、木下ちがや訳(明石書店)

チョムスキーの「アナキズム論」 →bookwebで購入


北米の言語学者ノーム・チョムスキーが、言語学ではなく、広く政治、社会を論じ始めた1969年から2004年までの論考やインタビューから、アナキズムに言及したものを集め、時系列に編纂した発言集である。日本においても、ここ二、三年でアナキズムに関する書物の刊行が続いているが、そのなかでも、ほとんどの書物が翻訳されている著名な知識人であるチョムスキーによるアナキズム論として、一般的にも関心を集めているのが本書だと言えよう。原書は、サンフランシスコのアナキズム、運動関係の書籍や映像などを手がける老舗の出版社、AKプレスから2005年に刊行されている。   AKプレスのコレクティブによって書かれた序文で、「われわれは本書を、アナキズムのことを知らないがか、センセーショナルな新聞の見出しだけに知識がほぼ限定されている多くの人に向けて出版する。」とされているように、本書は、アナキズムとは何かを広く知ってもらうための書として位置づけられている。よって、アナキズム論として、必ずしも新しい視点が導入されているわけではないのだが、一方でアナキズムに新しいも古いもなく、単一の理論など存在しないとも言えるので、一つのアナキズムの方向性がチョムスキーの解釈によって論じられていると考えるのが適切だろう。現実の政治、社会問題との関わりのなかで論じられている本書は、アナキズムとは何かを考えるうえでの導入の書としてふさわしいだろう。

世界的な反グローバリゼーション運動の高まりのなかで、アナキズムが注目され始めているとはいえ、まだまだ過去の遺物と考えられていることも多く、関心自体も限定的である日本において、アナキズムの間口を広げる本書が多く読まれることで、アナキズムが盛んに議論されることを期待したい。また訳者が解説において展開しているように、そうした議論と現在進行形の運動が交差することで、今の世界を、これからの世界をアナキズム運動的に理論ー実践化されていくことを願いたい。

『資本主義後の世界のために』デヴィッド・グレーバー、高祖岩三郎(以文社)

資本主義後の世界のために →bookwebで購入


昨年の金融危機と呼ばれる未曾有の事態を受け、誰もが饒舌にそれを語り、「活発」な議論がなされている。数年前まで礼賛されていたはずの新自由主義経済への批判は所与のものとなり、経済、政治をはじめとする様々な学者、ジャーナリスト、政治家までもがオルタナティブを提起している。しかしながら、そのほとんどは問題の本質を回避している。それらは今回の危機を引き起こした当の資本主義そのものを批判し、資本主義というシステム自体に手をつけようとはしないからだ。行き過ぎた新自由主義を戒め、社会民主主義的な修整をほどこし、それを延命させようとしているに過ぎないのだ。

翻ってそもそも、私たちは当の危機に責任のある人間の話を延々と聞かされなければならないのだろう。なぜ失敗した彼らの言い訳や「建設」的な次の意見に根気良く耳を傾け続けなければならないのか。そして、更に根本的な問いとして、金融危機と呼ばれる事態を収拾するのに、なぜ経済、経済学だけに頼らなければならないのか再考する必要があるだろう。そもそも危機なのは、いまある経済であり、経済学であり、資本主義自体であるからだ。一方、冷戦崩壊以降、影を潜めていたマルクス経済学者も、表現はどうあれ、資本主義において危機は必然だと指摘しているに過ぎない。よって、今、私たちに必要なのは、彼らすべてに退場を宣告し、私たちだけで資本主義のその後のオルタナティブを議論し、実践していくことなのではないだろうか。

ロンドン大学ゴールドスミス校のアナキスト文化人類学者のデヴィッド・グレーバーとNYの活動家/批評家の高祖岩三郎による対話が所収された本書は、こうした問いに最も的確に応答している数少ない書物の一つである。地球の歴史のなかで、たがだか数百年にも満たない資本主義に、人間ー世界ー地球の未来を託すわけにはいかないという単純な事実が、文化人類学的な射程の広い様々な観点から指摘されていく。マルセル・モースの「贈与論」から引かれるグレーバー的価値論は特筆すべきであり、そこから負債論として展開された論文も収録されている。こうした理論は、グローバル資本主義下における新たなる運動的戦略として世界的に注目されているのだが、近く翻訳刊行されるグレーバーの「Toward an Anthropological Theory of Value」とともに、日本でも多くの議論が巻き起こることを期待したい。

しかし、同様に理論的に秀逸な分析は他にも指摘できようが、本書で何よりも感動的なのは、シチュアシオニストのヴァネーゲムについての章の以下の箇所だろう。「コネチカット州ハートフォードやカンザス州ローレンスの十代のパンク少年が、ヴァネーゲムの『若者用処世術概論』を大切に読んでいるのを見ると、胸が打たれます。この本はほとんど半世紀前にフランスで書かれたものです。それがいまだに疎外されたアメリカ郊外の若者に訴えかけるのです。」 つづけてポスト構造主義者の疎外論批判を引き、それに理論的に反駁することは難しいとしながら、「しかし繰り返すと、人生はわれわれの言説から生まれるのではありません。それらの議論がいくら正しとくも、人びとはやはり疎外を感じているのです。少なくとも多くの人びとは感じているでしょう。ですからヴァネーゲムがアメリカ中部の少年たちにいま読まれているのです。」と結んでいる。

資本主義が唯一絶対として「信仰」され、シニカルな疎外論批判や運動批判が、いまだにまかり通ってしまう日本において、これほど勇気づけられる発言はないに違いない。私たちは、資本主義側の諸学者たちが何をどう発言しようと、運動の可能性を模索し、資本主義後の世界を想像/創造、実践していかなければならないのだ。

よって本書が提示/予示しているのは、非現実的なユートピアではなく、来たるべき世界に違いないと言えるだろう。


新しいアナキズムの系譜学 高祖岩三郎(河出書房新社) 

新しいアナキズムの系譜学 →bookwebで購入


NYの活動家/批評家が、現在、世界で展開されているグローバル・ジャスティス・ムーブメントと呼ばれるラディカルな反資本主義、反権威主義運動を「新しいアナキズム」と名辞し、実践的、理論的にそれらをまとめあげた渾身の一冊である。冒頭で触れられているように、「新しいアナキズム」とは、「古い」アナキズムに対して「新しい」わけでも、ましてその新しさが新しさにおいて称揚されているわけでもない。そもそもアナキズムは、古いも新しいもなく、資本主義はおろか国家の登場以前に、人々の営みのなかでこれまで存在し、これからも存在し続けていくからだ。よって、ここで含意されたのは、名付けることによって、想像的な運動の地図を明確に描き出すことであり、普遍的であることによって常に新しい運動の未来だと言えるだろう。

本書は、自律、自主連合、自己組織化、相互扶助、直接民主主義といった非常に単純で明快な基本原理からなる「新しいアナキズム」が、メキシコのサパティスタ解放軍の武装蜂起、シアトル、ジェノバ以降の対抗的民衆運動の底流に流れていることを様々な事例から歴史を遡りながら検証していく。それとともに、プルードン、バクーニン、ブランキ、グレーバーはもちろん、アナキスト地理学者エリゼ・ルクリュ、戦前のアナキスト作家石川三四郎、マルティニークの詩人、文学者エドゥアール・グリッサン、哲学者ドゥルーズ=ガタリなどを導入し、その構成的な過程を系譜学として練り上げていく。そして、そうした運動を可能とするための資本主義の包摂されない、包摂しえない「共通なるもの=コモン」の到来/開示が目指され、その実践として南米の巨大な自治区から都市でのスクワットハウス、歴史的にはパリコミューン、あるいは「仕事=労働」とは見なされない家庭での再生産労働、学校や様々な集まりのなかで行われる様々な協業などが、そして究極的な形態として大地、海、大気、身体、地球があげられ、地球=世界という根源的な存在が、反資本主義であると定義していくのだ。

その類を見ない尺度で世界を捉えるダイナミックで刺激的な理論=運動は、資本主義にすべてが包摂されてしまっていると諦め、グローバル・ジャスティス・ムーブメントがほとんど展開されていない日本において、反資本主義/反ー権力の「地球的組織化」を促す契機となるに違いない。