« 『知られざる皇室外交』西川恵(角川新書) | メイン

2017年11月14日

『平成の天皇制とは何か 制度と個人のはざまで』吉田裕・瀬畑源・河西秀哉編(岩波書店)

平成の天皇制とは何か 制度と個人のはざまで →紀伊國屋ウェブストアで購入

 2016年8月8日、天皇は「象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば」で退位の意思を国民に伝え、日本国憲法で「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く」とされていることから、「国民の理解を得られることを、切に願っています」と結んだ。天皇は、「憲法制定過程において明確な定義を与えられなかった「象徴」のあり方」を問いつづけ、たどりついた先が「平成流」だった。本書のキーワードは、「象徴」と「平成流」だ。

 本書は、はじめに「象徴天皇制とは何か-制度と個人のはざまで」、3部、全9章、<座談会>「「平成」の終焉と天皇制の行方」からなる。Ⅰ部「明仁天皇と美智子皇后-思想と行動」は、2章「明仁天皇論-近代君主制と「伝統」の融合」「美智子皇后論-そのイメージと思想・行動」からなる。Ⅰ部では、「皇太子・皇太子妃時代から「象徴」の内実を問い、そのあり方を自ら模索した。そして、「象徴」としての天皇像を作りあげようとする。彼らは何を思い、どのように行動した」かを述べる。

 Ⅱ部「「平成流」とは何か-新しい天皇制の模索と定着」は、4章「柔らかな「統合」の形-公的行為の拡大と弱者へのまなざし」「「皇室外交」とは何か-「象徴」と「元首」」「「平成流」平和主義の歴史的・政治的文脈」「宮中祭祀と「平成流」-「おことば」とそれに映る天皇像」からなる。「Ⅱ部の各論文では、それぞれのテーマにそって「平成流」を分析し、平成の天皇制を総体的に考える手がかりとする」ために、「即位後も明仁天皇・美智子皇后はそれまでの「象徴」としての模索を続け、それが「平成流」としてマスメディアで大きく取りあげられるようになり、人々にも印象づけられるようになった」過程を追った。そして、「天皇による「象徴」としての模索とは具体的にどのようなもの」か、「「平成流」と大枠でイメージされるものを詳細に分析」し、「それぞれのもつ意味を理解」していった。

 Ⅲ部「社会の中の天皇制 制度の中の天皇制」は、3章「メディア天皇制論-「物語」としての皇室報道」「近年の天皇論議の歪みと皇室典範の再検討」「「象徴」とは何か-憲法学の観点から」からなり、「戦後日本のなかでの象徴天皇制の意味を、マスメディアや憲法学・法律学から考える」。

 そして、本書の目的を、つぎのようにまとめている。「象徴天皇制がいかに制度として運用され現在に至っているのか、またその内実を模索し続けてきた天皇や皇后個人の思想や行動に注目し、平成の天皇制とは何かを明らかにしていく。それぞれの論文によって、象徴天皇制が現代の日本社会に持つ意味が浮かびあがるだろう」。

 そして、「はじめに」をつぎのパラグラフで終えている。「現在、明仁天皇と美智子皇后の人格と、「平成流」の天皇制が人々の支持を得ている。だからこそ、天皇の「お気持ち」表明後、退位を支持する声が大きいのだろう。しかし一方で、天皇や皇后、そして「平成流」への批判は表明しづらい空気が広がってはいないだろうか(マスメディアを見れば、むしろ称揚する雰囲気に満ちている)。それは、象徴天皇制に対して私たちが正面から向き合うことを避けていることに起因するようにも思われる。象徴天皇制を問うことについて、私たちは思考停止しているのではないだろうか。しかしそれでは、「象徴」について議論を重ねずに、退位を前提とした技術論に終始した政府の有識者会議と何ら変わりない。本書はそうした現状に対し、今後の象徴天皇制を考える手がかり、またそもそも日本社会にとっての天皇制とは何なのかを考える議論のたたき台となるような論考を収録している。それぞれの論文では見解の相違もあるが、その違いを越えて、本書をきっかけに、象徴天皇制に関する議論が進展することを期待したい」。

 天皇制を原発と似ていると言ったら、まずいだろうか。原発のいい点を述べれば、その必要性に納得するだろう。しかし、事故が起こるリスクを考えたら、すべてのいい点をいくらあげても、次元の違う話だということがわかるだろう。天皇制も、戦争を天皇の名においておこなったことを考えると、そのリスクもまた次元の違う話になる。だからこそ、戦争の後始末が天皇制の存続にとって最重要課題のひとつであるとの認識が、戦争の責任を背負って生まれた現天皇にはあるのだろう。国民は、そのリスクを感じながらも、原発事故と同様に自分が生きているあいだには起こらないことを自分自身に言い聞かせ納得させて、数々のいい点だけを享受しようとしている。天皇制や原発事故にたいするリスクは、大津波や火山の爆発のような自然災害ではなく、確実に人間の手で回避することができる。まずは、「思考停止」している原因を探り、「思考停止」から解放されなければならないだろう。

→紀伊國屋ウェブストアで購入

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/5925