« 『靖国神社-「殉国」と「平和」をめぐる戦後史』赤澤史朗(岩波現代文庫) | メイン | 『東南アジア地域研究入門 3政治』山本信人監修・編著(慶應義塾大学出版部) »

2017年09月26日

『人民元の興亡-毛沢東・鄧小平・習近平が見た夢』吉岡桂子(小学館)

人民元の興亡-毛沢東・鄧小平・習近平が見た夢 →紀伊國屋ウェブストアで購入

 I 通貨と権力
  私の肖像は使ってはならない。私に、その資格はない-毛沢東
 Ⅱ 「¥」をめぐって
  国内に外国の通貨が流通することくらい、通貨政策の邪魔になることはない-高橋是清
 Ⅲ 良貨か、悪貨か
  石をさわりながら川を渡ろう-鄧小平
 Ⅳ 危機と競争
  百の棺桶を用意しろ。一つは私のものだ-朱鎔基
 Ⅴ サークルズ、それは圓の仲間たち
  経済交渉は、安全保障のような二元論的な敵味方で割り切れない-黒田東彦
 Ⅵ 通貨の番人
  我々中国が実行するというのですから、どうかわたしを信じてください-周小川
 Ⅶ 覇権
  中国という獅子は目を覚ました-習近平
 エピローグ 顔のない通貨
  ビットコインは、国家を、文化を、言葉を超えていく-ボビー・リー

 本書は、「序 瓜を割られる恐怖」、全7章、エピローグからなる。各章とエピローグの扉には、上記のような「名言」が添えられている。「序」では、「中国の通貨の種類は一時、千を超えたとも言われている」ように「ばらばら」だった中国の通貨が、1948年に誕生した人民元に統一されるまでの「雑種幣制」と揶揄された中国の通貨制度の歴史がまとめられている。

 「各地に混在した貨幣や軍票を銃口で消し去った」後に残った人民元は、いまや「世界経済の主役に躍り出た」。本書の後半になると、日本の将来に危機感を懐く人がいるかもしれない、つぎのような記述がつづく。そのなかには、日本が「経済大国」と呼ばれた時代の「傲慢さ」がみえ、そこから「脇役」としてこれからどう演じなければならないかがみえてくる。

 「交渉を始めた当初は日本の半分弱だった中国の経済規模は、[二〇]〇八年でほぼ同額に並んだ。購買力平価でみると日本はいつのまにか中国の半分、外貨準備高も半分になった。時を追うにつれ、中国は強気になっていく。しかし、日本はIMFや世銀でも日本の出資額が大きいことやこれまで協力を主導してきた実績などから、[発言権が高まる拠出額比率を]譲らなかった」。

 「日本にとってアジアは日本のかわいい弟分である、という『上から目線』であり、対等には見えていなかった。中国は悠久の歴史を持つ大国ですが、通貨の世界では存在感に乏しかった。この意識は中国が力をつけた今、果たしてどこまで転換できているだろうか。欧米人の方がもっと自然に、かつ打算的に見ているように感じますね」。

 そんななかで、日本がやってはいけないこと、つまり国益を失うだけではすまないことが、つぎの文章からみえてくる。「中国は、日本を相手にした閣僚以上が向き合う会議は、尖閣諸島の領有権や歴史認識をめぐる対立が激化すると、ぶち切る。「日中ハイレベル経済対話」は二〇一〇年の夏を最後に途切れたままである」。「領土や歴史問題をめぐって日韓関係が悪化し、日韓のあいだの通貨スワップ協定は二〇一五年に期限切れで消滅したままである」。「さらに付け加えるなら、日本と中国の間でも関係の悪化で一三年秋に期限切れで終了している」。「資金繰りに行き詰まった国に対してドルを融通しあう「通貨スワップ協定」」を、財政赤字がいっこうに減らない日本こそ、いつ必要になるかわからない。

 「日本にも米国にも、そして中国にも助けてくれる力を持つ相手には『ありがとう』と言う」「かわいい弟分」だった「アジアの国々の外交」の「巧み」さを、日本は欧米人の「打算」とともに学ぶ時代になった。

 「エピローグ」は、つぎのことばで終わっている。「人民元の動きから目が離せない。それは、経済や政治、外交のみならず、中国の人々の生き様や社会のあり方、国家との距離、そして世界との接点の移ろいを解き明かすかぎになりうると思うからだ」。

 「経済大国」時代を知らない日本人が、このことばをどう受けとめ、アジアのなかの日本、そして世界のなかの日本をどう考えることができるようになるのか。「経済大国」時代を知る世代の責務が、そこにある。

→紀伊國屋ウェブストアで購入

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/5919