« 『靖国神社と歴史教育-靖国・遊就館フィールドノート』東アジア教育文化学会企画、又吉盛清・君塚仁彦・黒尾和久・大森直樹編(明石書店) | メイン | 『アジアの思想史脈-空間思想学の試み』山室信一(人文書院) »

2017年05月16日

『日韓歴史認識問題とは何か-歴史教科書・「慰安婦」・ポピュリズム』木村幹(ミネルヴァ書房)

日韓歴史認識問題とは何か-歴史教科書・「慰安婦」・ポピュリズム →紀伊國屋ウェブストアで購入

 本書の序章のタイトルは、「歴史認識問題をめぐる不思議な状況」である。つまり、「不思議な状況」でなければ、問題は解決できるということである。本書は、その「不思議な状況」を理解することによって、「朝鮮半島研究をめぐる悪循環」を断ち切ろうとするものである。

 著者、木村幹は「はじめに」で、そもそも「この日韓間の歴史認識問題をめぐる状況の悪化については、これまで真剣な分析が行われてこなかった」という。「そこでは韓国における「反日教育」の存在や、日本社会の「右傾化」といった要素の重要性が漠然と指摘されるだけであり、それらが実際にどのような役割を果たしているのかについては具体的に分析されてこなかった」。

 だから、著者は「重要なのは、日韓間の歴史認識問題を理解するためには、これを冷静に分析し、今日の状況に至った原因を明らかにすることである」とし、「問題の原因が分からなければ解決方法や対処方法が見つかるはずもない。そして原因を見つけるためにはきちんとした手続きによる客観的な分析が必要だ」と、本書の目的を述べている。

 本書は、序章、全6章、終章からなる。「第一章 歴史認識問題を考えるための理論的枠組み」、「第二章 歴史認識問題の三要因」で論点を整理した後、「第三章 日韓歴史教科書問題」から時系列に日韓間の問題を「第四章 転換期としての八〇年代」「第五章 従軍慰安婦問題」「第六章 「失われた二〇年」の中の歴史認識問題」と追って、「終章 日韓歴史認識問題をどうするか」に導いている。

 終章では、3つの見出し「日韓歴史共同研究の教訓」「「共通の歴史教科書」は作れない」「日本自身の重要性を説明せよ」を設け、問題点を整理している。まず、「日韓歴史共同研究の教訓」では、つぎように成果を出せなかった理由を述べている。「まず明らかなのは、この問題が単なる植民地支配期の「過去」に関わる問題である以上に、一九四五年以降現在に至るまで七〇年近くにわたる「現代史」上の出来事だということである。既に述べたように、日本の朝鮮半島における植民地支配は、公式には一九一〇年から四五年までの三五年足らずだから、植民地支配が終了してから現在までの時間は植民地支配そのものの既に二倍近くに相当するものになっている。言い換えるなら、歴史認識問題とはこの間の我々が「過去」をどのように議論し、理解してきたかに関わる問題であり、ゆえにただ単に「過去」の事実を議論してもこの問題の解決に至らない」。「共同研究は、期待とは裏腹に、両国研究者間の歴史認識の違いを浮き彫りにしただけに終わることになった。そしてその理由の一つは簡単だった。それは共同研究に集った研究者の大半が、歴史学の専門家ではあっても、「歴史認識問題」の専門家ではなかったからである」。

 つぎに「「共通の歴史教科書」は作れない」理由を、つぎのようにまとめている。「日韓間の歴史認識問題は「過去」の事実に関わる問題である以上に、「現在」を生きる我々自身の問題だ、ということである。だからこそ、「過去」の歴史的事実に関する専門家である歴史学者を集めても、その「過去」の事実の中から、何を「現在」議論すべきかをさえ決めることはできない、ということになる」。また、「両国の教科書作成に関わる指針が異なれば、共通の教科書など作れるはずがない。そしてそれは何も歴史教科書のように両国のナショナリズムに関わる分野だけの話ではない。両国政府の求める教科書への指針が異なる以上、我々は「共通の数学教科書」すら作ることができないのである。そもそも日韓共通の歴史教科書という場合には、それが具体的に何の科目の教科書-例えば、「日本史」なのか「世界史」なのかはたまた新しい「日韓関係史」という科目なのか-かさえ不明である。「教科書」の以前に詰めなければならないことは山とある。だからこそ、「専門家」とりわけ「歴史の専門家」が集い、議論を積めば、やがては日韓共通の歴史教科書が作れる、というのは幻想でしかないのである」と結論している。

 最後に、「日本自身の重要性を説明せよ」では、日本側の問題をつぎのように指摘している。「そもそも我々日本人は、これまで韓国や中国等、周辺国に対して、自らの重要性をきちんと説明してきたのか、ということである。そのことは韓国や中国が国際社会に対して何を行っているのかを見ればすぐに明らかになる。彼らは今日においても、世界に対して自らの重要性を積極的に宣伝し、そのための様々な活動を行っている」。「対して長年「アジア唯一の経済大国」としての地位を占めてきたわが国は、長らくその地位に胡座をかき、「彼ら」に対する「我々」の重要性を積極的に説明することを怠ってきた。だが、今やこの地域における日本の影響力は、かつてとは比べものにならないほど小さくなっている。だからこそ、日本は自ら積極的に、自身の重要性を説明することが必要になっている」。

 問題は、どこにでも無限大にある。解決できればいいが、解決できない問題も無限大にある。だが、そのなかで紛争化するものは限られている。本書では、問題が解決できない理由、紛争化した理由を明らかにしている。では、解決するには、すくなくとも紛争化させないためには、どうすればいいのか。問題の基層を流れるもののひとつの愛国主義の「愛」の反対は、「憎悪」ではなく「無関心」である。韓国人側の問題として日本にたいする「憎悪」にどう対処するかがあるとすれば、日本人側の問題は「無関心」にどう対処するかにある。

→紀伊國屋ウェブストアで購入

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/5900