« 『欧州複合危機-苦悶するEU、揺れる世界』遠藤乾(中公新書) | メイン | 『フィリピン-急成長する若き「大国」』井出穣治(中公新書) »

2017年04月25日

『日英開戦への道-イギリスのシンガポール戦略と日本の南進策の真実』山本文史(中公叢書)

日英開戦への道-イギリスのシンガポール戦略と日本の南進策の真実 →紀伊國屋ウェブストアで購入

 「「装備に優る英米に対して装備に劣る日本軍」という「大東亜戦争」に対して戦後日本で一般的に持たれているイメージは、「マレー・シンガポール戦」には、まったく当てはまらないのだ。「装備に優る日本軍」が「装備に劣るイギリス軍」を圧倒できたのである」。これが、著者山本文史が本書で言いたかったことである。そのために、「「シンガポール海軍基地」と「シンガポール戦略」をキーワードに「日英開戦への道」を探ろう」とした。

 本書は、「はじめに」、序章「シンガポール戦略」、全9章、「あとがき」からなる。序章で本書の概略がつかめ、第一~九章では「シンガポール海軍基地」と「シンガポール戦略」の変遷が語られている。各章の終わりに「おわりに」があり、章ごとに理解しやすくなっている。だが、本書全体の「おわりに」はない。

 最終章の「第九章 シンガポール攻略に向けた準備の完成」の「おわりに」の最後頁に1行明けて、つぎのように書かれているのが本書の「結論」のようだ。「「大東亜戦争」は、あれだけの大戦争となり、「大英帝国」を消滅させ、最後には、「大日本帝国」まで消滅させたのであるが、今日の視点で見れば、何のために戦ったのか、よくわからない。少なくとも、日英の間には、あれだけの大戦争に訴えなければならないほどの利害の衝突は、なかった。それにもかかわらず、ああなってしまったのだ。結果として、あの戦争によって、アメリカが「覇権国」となり、ソヴィエトが「超大国」となったのに対して、「大日本帝国」は、「大英帝国」を道連れに、消滅してしまったのである」。「ひょっとしたら、「大東亜戦争」の最大の成果は、大国同士が戦った場合の破壊力の大きさと、大国同士が戦うことの無益さを、人類に知らしめたことかもしれない。あれ以来、今日まで、大国間の大きな戦争は、起きていない」。

 本書の副題に「真実」とあるのも、著者が日本やイギリスなどで間違ったイメージが、「広く、深く、信じられ」ているからである。その原因は、「「シンガポール戦略」に関連するイギリス側の一次資料の公開が遅れたことにより、「シンガポール戦略」や、マレー半島やシンガポールの防備についての本格的な研究が現われ始めたのが、終戦から三五年ほど経った、一九八〇年前後である」からである、と著者は言う。だが、広く流布しているイメージが、はっきりした根拠に基づかないケースはそれほど珍しいことではない。

 ヨーロッパではアジアへの関心が薄く、研究者が多くないので、原資料に基づいて語られることのほうがむしろすくないと考えたほうがいいかもしれない。ましてや、アジアのことばで原資料を読むことにできるヨーロッパの研究者は限られている。さかんに語られているのは、イギリス人捕虜などの体験記である。「装備に劣るイギリス軍」というより、装備を充実させる気がなかったと考えたほうがいいだろう。日本では、著者が指摘するように、日米戦ととらえるほうが一般的で、戦後日英戦について語られることはほとんどない。そのアメリカも、はじめ「装備に劣」っていた。イギリスとの違いは、イギリスの国力の低下だけでなく、本国が本格的に戦場となっていなかったことも関係しているだろう。その気になる余裕があった。

 本書で、第一次世界大戦以降の日英のシーパワーのバランスと、開戦に至る経緯が明らかになった。日米中心史観から日英中心史観に変わることで、戦場となった東南アジアはどう変わってみえるのか、気になるところである。また、シンガポールの前に、香港がクリスマスの日に日本に占領された。そのことが、どう影響したのか。シンガポール陥落後、日本では全国各地で提灯行列など祝賀に沸いた。それが、「装備に優る英米に対して装備に劣る日本軍」という戦後の日本で一般的となったイメージとどうかかわりあうのか。「真実」の先に、いろいろなテーマが設定できそうだ。

→紀伊國屋ウェブストアで購入

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/5895