« 『インドネシア イスラーム大国の変貌-躍進がもたらす新たな危機』小川忠(新潮選書) | メイン | 『ボクシングと大東亜-東洋選手権と戦後アジア外交』乗松優(忘羊社) »

2017年01月24日

『中国の海洋進出-混迷の東アジア海洋圏と各国対応-』海洋政策研究財団編(成山堂書店)

中国の海洋進出-混迷の東アジア海洋圏と各国対応- →紀伊國屋ウェブストアで購入

 本書は、海洋政策研究財団が、「2010年から2012年までの3年間をかけ、国内外から海洋、軍事・安全保障、中国の政治・外交・軍事、国際法等に関わる専門家をコアメンバーとして招へいし、東アジアの海の安全保障環境を分析するとともに将来を展望するための研究を実施してきた」成果である。「ここでは、東アジアの海で生じている事案を単なる時事問題として扱ってはいない。東アジアにおける国際社会の成り立ち、シーパワーの意味、航行自由がもたらしてきた繁栄、海と陸と半島と島嶼によって織りなされる地政学なども考察の対象とし、東アジアの海の安全保障環について、現状を分析するとともに動向を見極め、その安定化の方策を見出すことに努めた」。

 「発刊にあたって」では、「東アジアの海の安全保障環境を不安定化させた発端となる要因として」、2つあげている。「1つ目は、尖閣諸島や南沙・西沙諸島などの島嶼の領有権と排他的経済水域(EEZ)や大陸棚の境界画定をめぐる紛争であり、そこには、海洋資源の取得権が絡んでいる。東シナ海と南シナ海には豊富な漁場があり、加えて、石油・天然ガスの埋蔵が確認されていることから、資源に主権的な権利が及ぶEEZや大陸棚と、その根拠となる島嶼をめぐっての紛争は、解決に糸口が見つからない現状において、国家間の武力紛争にエスカレートする危険性をはらんでいる」。

 「2つ目は、中国による急激で不透明な海軍力の増強と、他国に対する高圧的な姿勢である。中国は、南シナ海のほぼ全域を含む「U字型ライン」(中国では「9段線」と呼称」)の内側に特定の権利を有する旨を主張し、南沙諸島や西沙諸島の周辺海域に漁業監視船等を派遣して、ベトナムやフィリピンなどに威圧的な行動を繰り返している。東シナ海でも、2012年9月に日本が尖閣諸島の国有化を決定するとすぐに、中国は国家海洋局の海洋監視船「海監」や農業省に属する漁業監視船「漁政」を派遣して尖閣領海内に侵入させる等の事件を起こしている」。「この2つ目の要因、つまり、中国の覇権的とも受け取れる海洋進出は、単に東アジアの海域における海洋利用と国防の問題に止まらず、世界の安全保障に影響を与えつつある」。

 本書は、全5章と附章からなる。第1章「いま、東アジア海洋圏で何が起きているか 最大の焦点-南シナ海の係争」では、「東アジア海洋圏の紛争が凝縮した形で現れている南シナ海に焦点を当て、安全保障上の生起事象とその要因、今後の展望を追った」。第2章「東アジア海洋圏の戦略構造-その地政学的考察-」では、「東アジアにおける諸国と海洋との結びつきの歴史、安全保障環境のパラダイムシフト、日本の地政戦略的価値、などを踏まえ、東アジア海洋圏の戦略構造を明らかにした」。第3章「東アジア海洋圏をめぐるパワーゲーム」では、「第1章で示した生起事象と第2章で明らかにした戦略構造を踏まえ、東アジア海洋圏における地域諸国と域外大国のパワーゲームの現状を分析した」。第4章「海洋をめぐる中国の戦略的構造-“天下”に抱かれる海洋-」では、「第2章で明らかにした東アジア海洋圏の戦略構造に大きな影響を及ぼし、また第3章で示したパワーゲームの主要なアクターである中国の行動の源泉を探った」。第5章「新たな海洋秩序に向けて-安全保障環境の安定化のための羅針盤-」では、「混迷の東アジア海洋圏に新たな海洋秩序を構築するための方策について、執筆者の考えを提示した」。附章「古典地政学の理論と東アジア海洋圏の安全保障構造」では、「本書で頻繁に登場する地政学について、理論を解説するとともに、その理論を適用した東アジア海洋圏の安全保障構造を解説した」。

 いま起こっている領有権や海洋権益の問題は、それぞれの主張の根拠が違い、まずはその違いを理解する必要がある。本書が「単なる時事問題として扱ってはいない」のは、解決の糸口を見つけるためには、まず現状を整理し、分析する必要があるからである。本書は、「「東アジア海洋圏」の現状を正しく認識するとともに諸案件の考察を交えながら安定化のための方策を検討、提言」している。

 問題は、その後である。このような提言が政策だけに役立つのでは、なんとも悲しい。本書では、人びとの営みはまったくみえてこない。この海洋が漁業資源や石油ガス資源などを確保するために有用なのはわかるが、人びとの生活にどうかかわるのかよくわからない。海洋資源の消費者として、考えることも必要である。国家間の問題だけではなく、一人ひとりの問題であることに気づくことで、問題の見方はずいぶん違ってくる。

→紀伊國屋ウェブストアで購入

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/5881