« 『日本人の国際移動と太平洋世界-日系移民の近現代史』米山裕・河原典史編著(文理閣) | メイン | 『忘れられた島々-「南洋群島」の現代史』井上亮(平凡社新書) »

2016年12月27日

『「米中対峙」時代のASEAN-共同体への深化と対外関与の拡大』黒柳米司編著(明石書店)

「米中対峙」時代のASEAN-共同体への深化と対外関与の拡大 →紀伊國屋ウェブストアで購入

 本書は、2005年に発行された『アジア地域秩序とASEANの挑戦』、2011年に発行された『ASEAN再活性化への課題』に続く「東アジア共同体とASEAN」3部作(すべて明石書店)の最終巻である。「東アジア共同体」ということばは10年ほど前にはよく聞かれたが、近年ほとんど聞かれなくなった。この変化のなかで、最終巻をどのようにまとめ、位置づけようとしているのだろうか。

 まず、編著者である黒柳米司は、「まえがき」で2005年から本書まとめ時の13年までの8年間の「文字通り地殻変動」を、つぎのようにまとめている。「もっとも重要な変化は、「中国の台頭」と、その結果もたらされた「米中対峙」という状況であろう」。「第2に、2015年12月31日を達成年度とする「ASEAN共同体」構築に向けた域内協力の進展である」。そして「第3に、8年前には日中両国を含め域内で熱く論議されていた「東アジア共同体」構想への関心の雲散霧消である」。

 このような「地殻変動」を認識したうえで、本書の目的をつぎのように述べている。「東アジアの地域・国際環境を規定する「米中対峙」状況の下で、ASEAN が一方では「共同体構築」に向けて域内協力を“深化”させ、他方では、域外諸国への関与を“拡大”し得ているか否かにつき、多様な局面から考察しようとしたものである」。

 本書は序章、3部全8章、終章からなる。第Ⅰ部「「米中対峙」という状況」では、「「米中対峙」という状況を把握するため、主要なアクターとして中国の位置づけと、米中間のパワー・シフトにともなう戦略的不透明性という大状況を論じる2論文で構成される」。第Ⅱ部「ASEANの深化局面」では、「ASEAN域内の協力の進展や民主化の促進など、いわば共同体構築に向けての「深化」の局面に焦点をあてる。第Ⅲ部「ASEANの拡大局面」では、「ASEANと域外諸国との関与という「拡大」の局面を主題とする」。

 編者である黒柳米司は、「終章 ASEANの現状と展望」の「むすび-「共同体」とは何か」で、「「ASEAN共同体」の実現とはいかなる状況を指すのか」と自問し、つぎの3つの疑問をあげている。「それは(1)何らかの制度・機構の成立か【制度】、(2)十分に統合された諸国間の接触と交流における機能・役割【機能】か、あるいは(3)域内諸国と諸国民の「われわれ意識」の拡充【認識】なのかという疑問である」。

 そして、ASEAN共同体構築をめぐる、つぎの「3つのパラドックス」を指摘している。「第1は、「ASEAN共同体」への接近はますます「脱ASEAN Way」という性格を帯びざるを得ないという現実である」。「第2に、ASEAN協同体に向けて一連の野心的な構想が提示されたが」、「それが理想的に過ぎて実現可能性が乏しくなるという陥穽である」。そして、「第3に、インドネシアの役割をめぐるパラドックスである。民主化先進国を自負するインドネシアのASEAN安全保障共同体構想提案は、おそらく二重の意味で域内諸国の賛同を得がたいものであった。1つは、いわばインドネシアの民主化先進性が、ASEAN同胞から乖離していたことであり、もう1つはインドネシアの地域大国意識への警戒心である」。

 もうひとつ編者が問題とするのは、アジア太平洋における日本の役割である。「あとがき」で、つぎのように述べている。「本書の主題は2つあった。1つはアジア太平洋地域の戦略的構造としての「米中対峙」という状況認識であり、もう1つは弱者の協議体たるASEANが主導する一連の広域対話メカニズムをめぐる「ASEANの中心性」という状況認識」である。10年さかのぼれば、「米中対峙下のASEANの中心性」という状況認識は必ずしもアジア太平洋地域を規定するものとはいいがたかったろう。では、10年後にはどうであろうか」。「第2次安倍政権は、もっぱら「日米同盟に立脚した対中牽制」に腐心しているが、そのことが米国やASEAN諸国から評価されているか否か、そして何よりも日本の国益にとって最善の戦略であるか否かは即断を許さないところである。日本の対中強硬路線と中国の反日強硬路線とが悪循環に陥っている状況は、対話による東アジアの平和と安定を模索するASEANにとっても憂慮すべき材料となっているからである」。

 鍵となるのは、「ASEANの中心性」について、日本、中国、アメリカがどれだけ認識しているかである。かつての「弱者」と「強者」の2国間関係の寄せ集めであると考え、ASEANの存在を尊重しないような態度をとると、「弱者の協議体」はみえない抵抗をするだろう。だが、編者が疑問とするように「協議体」としてまとまった対応がとれなければ、「強者」の対峙の犠牲になるだろう。ASEANが共同体として存在感を示すことは、ASEAN各国の平和と安定にとって重要であるだけでなく、日本や中国、韓国を含む東アジアという地域にとっても重要なことになっている。そのことに、日本、中国、韓国が気づき、東南アジアの文化や社会にも目を向けて対等な関係で互いが尊重しあう信頼関係を築くことが肝要だが、いまだに東南アジアを軽視する傾向があるのは日本だけでなく中国も韓国もだろう。日中韓と東南アジアとのあいだの「溝」は、まだ大きい。

→紀伊國屋ウェブストアで購入

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/5877