« 『沖縄の神社』加治順人(ひるぎ社) | メイン | 『サンゴ礁に生きる海人-琉球の海の生態民族学』秋道智彌(榕樹書林) »

2016年11月29日

『地方からの国づくり-自治体間協力にかけた日本とタイの15年間の挑戦』平山修一・永井史男・木全洋一郎

地方からの国づくり-自治体間協力にかけた日本とタイの15年間の挑戦 →紀伊國屋ウェブストアで購入

 本書は、JICA(国際協力機構)による国際協力プロジェクトの成功例のひとつを紹介したものである。1999年から2013年まで15年間つづいたタイ地方行政能力向上プログラム(日タイ共同研究会および自治体間協力プロジェクトフェーズ1~3)の成果は、つぎのようにまとめられた。「プロジェクトが終了した2013年、タイの県自治体が主体となって行われる自治体間協力は、全国の約30%にあたる21県で行われるようになり、県以下のレベルで行われる自治体間協力の事例を含めた場合、実に全国の約半分の県で活動が行われるようになった」。タイではもともと自治体間協力はみられなかったが、「防災や廃棄物処理や、インフラ整備などの行政サービスの提供で、複数の自治体が協力するようになった」のである。

 このプロジェクトがいかに成功したかを示すためには、同様のプロジェクトをおこなっているフィリピンとインドネシアと比較するとよくわかる。フィリピンではカナダとEUがおこなっているが、基礎自治体約1700ヶ所のうち、自治体間協力が充分に機能しているところは100ヶ所に満たない。ドイツがおこなっているインドネシアでは、自治体約500ヶ所のうちわずか22例しかない。その原因はよくわからない。「JICAは、共同研究会という独特の方法でこの問題を突破したが、他の国でもこの方法が通用するのかどうかわからない」。

 「あとがき」では、記録に残すことの意義を、つぎのようにまとめている。「ガバナンス分野での国際協力の事例は決して少なくない。しかし、本書でも指摘したように、相手国の内政に関わる分野だけに政治状況に大きく左右されること、インフラ整備などと違って政治や行政の制度設計に関する内容がわかりづらいこと、さらにはそうしたプロジェクトの成果を評価すること自体難しいことから、社会への還元や発信が難しいことも否定しがたい。そのうえ、本プログラムのように15年近い長期にわたると、関係者が多岐にわたり全体を見渡すこと自体大きな困難を伴う。資料の散逸は避けられず、鮮明な記憶もプログラム終了とともに急速に風化を免れない。共同執筆するにしても分担の割り振りや執筆時間の捻出など、さまざまのハードルが立ちはだかる。日本による技術協力事業の中には国際的に評価されるものがたくさんあるにもかかわらず、十分に国民に知られていないのも、こうした問題があるからだと思われる」。

 本書は、「15年間に及ぶ協力の全体像を振り返ることをとおして、その成功の要因や教訓を検討することを目指し」、3人の執筆者はつぎの3つの共通のメッセージを込めて、本書のタイトルを「地方からの国づくり」とした。「1つは、「自治体間協力」は国づくりを進めていくうえで大きな土台をつくるに違いない、というメッセージである」。「2つめは、国づくりの支援において「地方」に着目した点が、日本の特長を生かした国際協力だというメッセージである」。「そして3つめは、「ガバナンス」分野の国際協力は立派な「国づくり」であるというメッセージである」。

 3人の執筆者は、この意義ある国際協力プロジェクトの成功の記録を残さなければいけないと思ったのは、同じことをしてもつぎにうまくいくとは限らないからだろう。成功と失敗は紙一重で、どこかで原因不明で歯車が狂ったり、政変や自然災害が起こったりすれば、その場その場で臨機応変に対応しなければならない。この3つのメッセージは、その対応にたいする基本姿勢を示しているのだろう。

 ひとつ気になったのは、協力してくれた日本の自治体の人びとのことである。一方的に「教える」だけで、自分たちにはなんのメリットもなかったのだろうか。「成功」したのであれば、日本の自治体へもなんらかのいい影響があったのではないだろうか。日本の自治体がモデルとなるパーフェクトな存在とは思えないのだが・・・。

 インフラなどハードなODAは、すでに中国に主導権を奪われている。日本のODA政策も大幅に見直され、2015年に開発協力大綱が策定された。持続可能な開発目標(SDGs)のひとつとして、中央集権的国民国家の形成で「疲弊」した地方の再生がある。「質の高い成長」のためにも、国の基盤となる地方自治体の行政能力向上がひとつの鍵になる。

→紀伊國屋ウェブストアで購入

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/5872