« 2016年03月 | メイン | 2016年05月 »

2016年04月26日

『小さな民のグローバル学-共生の思想と実践をもとめて』甲斐田万智子・佐竹眞明・長津一史・幡谷則子編著(上智大学出版)

小さな民のグローバル学-共生の思想と実践をもとめて →紀伊國屋ウェブストアで購入

 本書は、「社会運動家であり、教育者であり、また研究者であった」村井吉敬が、「広い範囲に及ぶ数え切れないほどの友人・教え子に学びの道、実践の道を拓」き、実った果実のほんの一部である。本書のタイトルの「小さな民」は、村井著『小さな民からの発想-顔のない豊かさを問う』(時事通信社、1982年)からきている。

 この「小さな民」を共編者の4人は、つぎのように理解している。「強大な権力と市場、それらがもたらした価値観によって生活圏を歪められ、権力側からの差別を受けながらも、日々の生活をたくましく生きる人々とその日常を主題化するための言葉であるといえるだろう」。

 本書は、4部15章からなり、それぞれの部では「小さな民の生活世界や市民がかかわる国際協力を四つの領域、つまり「民衆生業と移住」、「人権と援助」、「モノの流れ」、「海の民と移動」」を、「欧州出自のポストモダンの思想によって解釈すること」ではなく、「小さな民の生活世界や市民の実践の中に、今日主流化しているグローバル化のパラダイム(枠組み)とは異なる新たな連帯や共生のパラダイムをみいだすことである」。

 それぞれの部は、つぎのように紹介されている。「第1部「小さな民の生き様-民衆生業と移住」では、権力も富もないごく普通の人々と、「民衆」あるいは先述した「小さな民」の暮らしや、国境を越える動き、そこに見られる変化をとりあげる。これらの人々の日常生活における変化は、近代化、工業化、都市化、開発という一連の現象とどのように関連しているのか。グローバル化が進展するなかで、国境を越えるモノの流れ、人の流れをさまざまな地域のミクロな事例を通じて検討するのが第1部の四つの論文に共通するアプローチである」。

 「第2部「人権と援助-少女・先住民・地域住民の声」は、国際開発援助が、どこまで本来「開発」の先にあるべき人々の生活向上と、その基本的条件としてあるべき人権、特に当事者の人権保障と、かれらのエンパワーメントにつながってきたかを問い直す。開発の担い手には、政府開発援助(ODA: Official Development Assistance)や国連のみならず、国際NGO、ローカルNGOや市民社会組織(CSO: Civil Society Organization)も含まれる。「小さな民」の視点に立つことは、こうしたODAの政策や事業、NGOの活動やプロジェクトにかかわる実践の場では必須である」。

 「第3部「モノからみる世界と日本-グローバル化と民衆交易」は、私たちの消費生活にかかわる「モノ・商品」を通じてグローバルとローカルのつながりを見直そうとする。日常生活において私たちがごく身近に当たり前のように接している食材や日用品の数々には、実ははるか遠くの、あるいは隣国の見知らぬ人々の命をかけた営みがかかわっている。第3部は、私たちが日常消費する商品をつくる人々の暮らしやその交易のあり方に着目する」。

 「第4部「海の民の豊かな世界-国家と国境の向こうへ」は、海民、つまり海を生活の基盤としてきた人々の自然環境とのかかわりや、国民国家にとらわれない生活実践、移動・移住のあり方を描く。アジアからアフリカ東岸に至る広い海域には、紀元前後の頃から、交易を基盤として諸地域が結びつく海民の世界が広がっていた。そうした海民の世界は、西洋諸国による植民地とその後の国民国家による海の囲い込みによってしだいに分断された。私たちの世界認識が国境線に拘束されたいびつなものになってしまったのは、そうした200年ほどの歴史の帰結にすぎない。他方、この20年ほどのあいだには、グローバル化が盛んに語られるようになった。にもかかわらず私たちは、いまも人やモノが、あるいは文化や情報が、国境を越えて、自由に、自然に往来する世界を実感することができない。第4部では、そうした国民国家中心の世界観を問い直し、日本や東南アジアの海民の世界から新たなアジア像・世界認識を展望しようとする」。

 共編者4人は、編集の過程であらためて村井吉敬の偉大さを感じたことだろう。それは、「一見、統一感を欠くようにもみえる上記のテーマ群を、この課題[小さな民の連帯に基づくもう一つのグローバル化を探る]のもとに束ね、<公正かつグローバルな>未来を構想するための問いとして次世代に向けて提示しようとした」ということばからもうかがえる。このような「一見、統一感を欠くようにもみえる」ものを「弟子たち」にわかるように表現できる者は、まずいない。その表現は、出版物や講義だけでなく、日々の言動を通して発せられたものだろう。だが、発する者が卓越していても、それを受けとめ理解できる者が寄り集まらなければ、その表現は雲散霧消してしまう。本書は、雲散霧消せずに、「真の企画者」の意図をくみ取ってかたちあるものにした成果である。すこしでも関心が違うと、そこから学ぼうとしない学生に、より広い視野のもとで学ぶことの大切さを教える術を、わたし自身が村井さんから学べなかったことがなんとも残念である。

→紀伊國屋ウェブストアで購入

2016年04月12日

『戦時下の日本仏教と南方地域』大澤広嗣(法蔵館)

戦時下の日本仏教と南方地域 →紀伊國屋ウェブストアで購入

 本書の狙いは、「戦時下の日本仏教は、東南アジアに対してどのような関与をなしたのか。その関与は、国家のいかなる指示系統で施策が実行されて、仏教界関係者が動員されていたのか。そして、仏教界から国策協力としていかなる働きかけがあったのか。宗教研究の立場からそれを明らかにすること」である。

 本書の課題は、つぎのように説明されている。「「南方進攻における日本仏教の応用」の具体的内容について、明らかにすることである。ここでの「応用」とは、政府や軍部により仏教者を動員した諸活動を指し、布教活動が主たる目的ではないことに留意されたい。対する仏教側でも、調査活動と文化工作を通して南方地域での影響力拡大を行ったのである。いわばそれは、日本仏教による南方進出の「方便」であった」。

 本書は、序論、3部全10章、結論からなる。「導入にあたる「第Ⅰ部 戦時体制と仏教界・仏教学界」は、南方地域へ送り出す側の日本本土における仏教者の動きについて述べたものである。それを踏まえて二本柱で事例の分析を行う。「第Ⅱ部 南方進攻と仏教学者の関与」では、僧籍を持った学者による調査活動や宣撫工作を通した戦争への関与を述べる。「第Ⅲ部 日本仏教の対南文化進出」では、布教活動ではない文化工作として南方地域に進出した仏教界の動向を述べる」。

 そして、つぎのような結論を得た。「日本仏教のアジア関与について、東アジアの植民地の場合は、日本人移住者への布教活動や社会事業を主たる目的として、寺院や布教所などの施設を置いたが、個別の宗派を主体として進出する場合が多かったのに対し、南方地域は、開戦を前後して武力進駐と急激な占領地の拡大を行ったが、日本仏教は文化と学術を通して関与を行った。しかもその関与は、各宗派による個別の進出ではなく、仏教界の連合組織及び特定の宗派を背景としない各種団体が、政府・軍部との協働により行われたのである」。その理由は、関与した時期の差異、統治形態の差異、仏教系統の相違であった。

 このような差異を比較することで、著者大澤広嗣は、日本の仏教界が「布教ではなく、文化と学術から関与するという方法を採っていた事実が見えてくる」という。「現地の仏教は、日本仏教と大きく異なり、布教活動を行ったところで、現地に受け入れら[れ]ないことは明白であった。そのため、民衆ではなく知識人層や指導者層への働きかけが効果的であると考えられた。そのために高度な専門知識を持つ仏教界の知識人すなわち学僧によって、文化と学術による参画を行うこととなったのである。政府・軍部からの動員により、仏教関係者は事前の調査活動から進攻時の宣撫工作、平定後の宗教行政から文化工作までの諸場面において、関与したのであった」。

 仏教界が、なぜ国策に関わったのかは、つぎのように説明している。「仏教宗派は、「宗教団体法」に基づき設立認可を受けており、政府の指導監督下にあったためである。また連合組織の大日本仏教会は、「民法」に基づく公益法人として設立されており、当時の社会的文脈では、戦時下における国策に貢献する「公益」目的の活動が求められたのである。そして各宗派の管長は、天皇から任命された勅任官という待遇を受けた。つまり各宗派の管長は、高級官僚と同等の扱いを受けた仏教者として、国家への協力を求められたのである」。

 だが、これらの活動は、東南アジア現地で歓迎されなかった。それは、まず「対等な協調関係ではなかった」からである。「日本にとって仏教は外来の宗教であるが、アジア諸地域の仏教に対して、日本仏教は優位にあることを標榜していたのである。それは、日本が官民を挙げて、アジアの盟主であると主張し、仏教界もその影響を受けていたためであった」。

 本書を読むと、仏教界の知識人も躊躇なく戦争協力していった実態が浮かびあがってくる。仏教そのもので主導権がとれないとわかると、関連する文化工作に従事し、宗教とはまったくかかわりない「侵略」の先導役となる現地調査さえおこなっている。つまり軍の圧力で協力せざるを得なかったのではなく、むしろ軍を利用して内外での勢力拡大をねらった活動をしている。東南アジアの仏教徒のことを、戦中、戦後に考えた日本の仏教界の知識人がいたのだろうか。「翼賛体制」とひと言でかたづけられない「軍部と仏教界の協働関係の実態」から問い直す本書から、こんにちのさまざまな「協働」の犠牲者を考えることもできるだろう。たとえば格差社会の犠牲者が、それにあたるのかもしれない。

→紀伊國屋ウェブストアで購入