« 『太平洋戦争と新聞』前坂俊之(講談社学術文庫) | メイン | 『戦時下の日本仏教と南方地域』大澤広嗣(法蔵館) »

2016年03月29日

『戦争と新聞-メディアはなぜ戦争を煽るのか』鈴木健二(ちくま文庫)

戦争と新聞-メディアはなぜ戦争を煽るのか →紀伊國屋ウェブストアで購入

 「本書は毎日新聞連載「新聞と戦争」(一九九四年十月~一九九五年九月)と「真珠湾までの一〇〇日間」(一九九一年九月~十二月)をもとに、一九九五年、毎日新聞社より刊行され」、「文庫化にあたり、単行本未収録の連載記事五本(「日ソ紛争」~「一億玉砕」を加え、「はじめに」と終章を書下ろし」たものである。

 「終章 高揚し、そして溶けてゆく国民国家」は、著者鈴木健二自身が、20年前に書いた本書を、今日的意味で読み解くものになっている。時代の転換点での新聞について、80年前に起こったことを、20年前につぎのように書いている。「つい一年前まで軍縮論を推進していた新聞が手のひらを返すように戦争遂行に転じた原因は、販売と広告を意識した新聞界自体の内情が大きく働いていたように思えてならない。ラジオ放送の普及で、もはや活字メディアが報道の独占機関ではなく、しかも速報性では電波に劣るとの焦りもあったかもしれない」。

 これにたいして、「終章」では「国民国家を揺さぶる新メディア」の見出しを設け、「「国民国家」をつくるのに最も貢献した」新聞が、「新しいメディアの中核」となったデジタルによって、その接着剤としての機能を終わらさせられようとしていると、つぎのように説明している。「デジタルは国民国家を「横から」「上から」「下から」侵食し、攻撃している。メディアの「越境」「集中」「対抗」は、これまでのメディアの役割を逆転させ、国民国家を根底から揺さぶっている。つまりメディアのさらなる進化は、今度は逆に国民国家の共通基盤を揺るがし、時間的・空間的統合を緩め、国民の標準化・均一化を解消しようとしている。国民国家の文化的一貫性を弱め、国民国家を束ねた接着剤まで溶かしだそうとしているのだ」。

 そして、最後の見出し「新時代における新聞の役割」で、つぎのように問いかけている。「「国民国家」が溶けつつあるのだから、それを支え、一緒に発展してきた新聞の生命も消える運命にあると見放すこともできる。が、新聞が「大好きな」私個人としては、どうしても新聞に最後の踏ん張りを期待したい。では、どうすればいいのか」。この問いにたいして、つぎのように答えている。「新聞はかつて、世論の指導機関と捉える「木鐸」型、世論の反映機関とする「鏡」型、世論の形成機関と見る「広場」型と称されて、変化してきた。これからの新聞は、一言で言えば「今なにが大切な問題か」「それを、どう考えるか」の「問題設定」型として生き残るしか道はない。卑近な事象に最大限の神経を研ぎ澄まして問題点を探り当て、読者に提示する。国民国家が変容するなかで、ではどういう道があるのかを考え、国民に問うていく」。

 著者が、「最後の踏ん張りを期待したい」というのは、いま起こっていることからである。終章は、中江兆民のつぎの揶揄からはじまる。「二つの国が戦争を始めるのは、どちらも戦争が好きだからではなくて、じつは戦争を恐れているために、そうなるのです。こちらが相手を恐れ、あわてて軍備をととのえる。すると相手もまたこちらを恐れて、あわてて軍備をととのえる。双方のノイローゼは、月日とともに激しくなり、そこへまた新聞というものまであって、各国の実情とデマを無差別にならべて報道する。はなはだしいばあいには、自分じしんがノイローゼ的な文章をかき、なにか異常な色をつけて世間に広めてしまう」。

 この文章がいろあせず、いまも生き続けていることを、つぎのように昨年起こったことを例にあげている。「敗戦後、日本は絶対平和を求めて生まれ変わりを誓った。が、それはほんの一時期にすぎなかった。自衛隊はどんどん増強され平和憲法は骨抜きにされて、二〇一五年、「これだけは不可」とされてきた集団的自衛権まで国策の中心に躍り出た。その過程を新聞が最初はおずおずと、やがて当然のように追認、さらには政府と一緒になって推し進めようとしている」。

 著者は、「悲惨なのは国民の多くがこうした動きに鈍感で、一部ではむしろ進んで受け入れようとしている」と嘆いているが、国民だけでなく報道関係者も政府から配布される「資料」を鵜呑みにして記事を書いていることがある。その新聞記事を検証するオピニオン雑誌もすでに「死滅」状態になっていて、とくに若者には読まれていない。だが、新メディアは国境を容易に越えるという特性をもっている。新聞も国を超えて、日本の場合は国語としての日本語が大きな壁となるが、世界や地域を基本としたものにならなければならないだろう。そのとき、世界であるいは地域で戦争が起これば、新聞はなんの役割も果たせなくなる。それは、本書のなかにある、つぎの一節から明らかである。「新聞ほど戦争に弱いものはない。戦争になれば新聞は、政府によって情報源を断たれ、権力によって操作され、本務を忘却する。つまり戦争は新聞の天敵である。新聞は平和でなければ機能しない。だから機能を少しでも鈍らすものがあれば、新聞は断固戦わなければならない。平和が損なわれてからでは、もう遅い」。

 新聞存続の条件は、まず戦争にならないために闘うことである。

→紀伊國屋ウェブストアで購入

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/5838