« 『越境するアイデンティティ-黒タイの移住の記憶をめぐって』岡田雅志(風響社) | メイン | 『インドネシアのムスリムファッション-なぜイスラームの女性たちのヴェールはカラフルになったのか』野中葉(福村出版) »

2016年01月26日

『越境者の政治史-アジア太平洋における日本人の移民と植民』塩出浩之(名古屋大学出版会)

越境者の政治史-アジア太平洋における日本人の移民と植民 →紀伊國屋ウェブストアで購入

 本書帯に、「北海道・樺太へ」「ハワイ・満洲・南北アメリカへ」とある。「へ」ということは、人を扱うならば出移民で、日本からみるならば日本人の出移民ということになる。前者の「北海道・樺太」は同じ地域と考えていいだろうが、後者の「ハワイ・満洲・南北アメリカ」はアジア太平洋地域として一括りするにはやや違和感がある。どうもそのあたりに、本書の特色がありそうだ。そして、このふたつの地名群のあいだに、つぎのような本書のキャッチコピーがある。「大量に送り出された日本人移民たちの政治統合は、日本およびアジア太平洋地域の秩序にどのようなインパクトをもたらしたのか。移民史・政治史の盲点を克服し、一貫した視点で新たな全体像を描き出す」。

 本書の目的は、「序章 近代アジア太平洋地域における日本人の移民と植民」「一 本書の目的」に、つぎのように明確に書かれている。「近代における日本人の移民と植民が、日本という国家、およびアジア太平洋地域の政治秩序といかなる関係を持ったかを問うことにある。近代の日本を「国民国家」と規定するにせよ「植民地帝国」と規定するにせよ、主権国家の支配領域に区切られた政治史とは異なり、本書は民族集団としての「日本人」を分析の中心に据えた政治史の試みである」。

 帯にある「移民史・政治史の盲点」とはなにか。著者、塩出浩之は、つぎのようにこれまでの研究を要約している。「戦後の長い間、日本からの「移民」に関する歴史研究と、日本の「植民地支配」に関する歴史研究とは別々に行われてきた。前者は国家間の外交上の争点か、受入国への国民統合の問題として理解され、後者は異民族支配の問題として理解されてきたのである」。「移民と植民という領域における戦前以来の研究が確立してきたのは、一九四五年まで日本が支配した地域への日本人の移住と、それ以外の地域への日本人への移住とを、ヒトの移動という共通の枠組みによって捉える視点だといえよう。しかしこのような日本人の移動が日本という国家、そしてアジア太平洋地域の政治秩序といかなる関係にあったかという問題は、十分な形では検討されてこなかった。特に必要なのは、明治維新以後の国民統合のさなかにあった日本人が新たな領域へ移住したことが、政治秩序にいかなる影響を与えたかを、全体として共通の枠組みで捉えることである」。

 このような「盲点」を理解したうえで、著者は、「近代日本の移民・植民がもたらした政治秩序の変動を考慮すべく政治史的分析」をおこなう、つぎの3つの留意点を挙げている。「第一に考慮すべきことは、移住先の地域がどのような政治権力の下に置かれ、移民がどのような政治的境遇に置かれたかという問題である」。「第二に、前述したように社会集団の新たな領域への移動が社会にもたらす変化を考える上で重要なのは、まずその集団がどれほどの規模で移住し、人口構成にいかなる変化を与えたかであり、次にどのような立場で移住したか、つまり官僚・軍人や資本家として移住したのか、農家や労働者、中小商工業者として移住したのかである」。「第三に挙げるべきことは、第一の環境・条件と密接に関わるが、アジア太平洋地域における日本および諸国家の国境・支配領域が近代を通じてたびたび変動してきたことである」。

 本書は、序章、3部全8章2補論、終章からなる。3章からなる「第Ⅰ部 主権国家・世界市場と移民・植民」では、「日本が一方では主権国家として国境画定を行い、他方では世界市場への接続とともに日本内外への活発なヒトの移動に直面した、一九世紀後半から二〇世紀初頭の移民・植民について考察する」。3章と1補論からなる「第Ⅱ部 帝国・国際秩序と移民・植民」では、「日本が東アジアで支配地域を拡大する中で、アジア太平洋地域におけるヒトの移動が重層化・多様化し、また帝国の世界支配という現実と民族自決・国民国家の理念とが拮抗する中で国際秩序が変容した二〇世紀前半の移民・植民について分析する」。2章と2補論からなる「第Ⅲ部 国民国家規範と移民・植民」では、「第二次世界大戦の経験を経て、国際社会で国民国家規範が体制化する過程における移民・植民の大変動を考察する」。

 そして、最後の「終章 移民・植民と「民族」の政治」では、「本書の分析を総括し、民族間政治という観点から、近代のアジア太平洋地域で日本人の移民・植民が政治秩序にもたらした影響を考察する」。その終章で、著者は「「越境者」たちの政治史から明らかになった」ことを、つぎのようにまとめている。「従来の政治史研究が視野の外に置いてきた「民族」が、主権国家と密接に関わりながらも、主権国家が規定する国籍や市民権の枠組みに完全には回収し得ない政治主体として、近代の日本およびアジア太平洋地域の政治秩序に一貫して影響を与え続けてきたことである」。「戦後の政治史研究の多くは規範的単位としての国民国家を過去に投影する結果、「植民地」や「移民」をその逸脱部分として処理してきた。また植民地研究や移民研究の側でも、国民国家規範の観点からそれぞれ「異民族支配」や「受入国での排除と統合」を捉えようとする傾向が強かった。しかしヒトの移動と政治秩序をめぐる本書の考察を踏まえれば、近代を通じて、国民国家が規範的単位を超える実在となったことは実際にはなかったとみるべきであろう。実在してきたのは、支配領域をたびたび変えてきた主権国家と、空間的境界を持たずに移動し変容する不定型な民族とであった」。

 本書によって、これまでの「盲点」が克服され、政治史として日本の出移民の実態が、広い視野のもとで理解できるようになった。もちろんすべての国・地域をカバーしたわけではないし、社会史としての視点、とくに政治的影響の弱い移住先の社会の一員としての日本人の存在は、考察の対象になっていない。海外在住日本人の全体像は、「表序-1 1940年時点における日本人居住人口分布」でわかるが、約3万といわれた「米領フィリピン」の人数が7,133になっている。3万のうち2万がダバオでおもにマニラ麻産業に従事し、日米戦の激戦地となったことを考えると、政治史的にも考察の対象として組み込む余地があったのではないだろうか。

 ともあれ本書は、「アジア太平洋地域の秩序」とはなにかを、「日本人の移民と植民」から考える基本書となるだろう。

→紀伊國屋ウェブストアで購入

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/5830