« 2015年11月 | メイン | 2016年01月 »

2015年12月31日

『ASEANを知るための50章』黒柳米司・金子芳樹・吉野文雄編著(明石書店)

ASEANを知るための50章 →紀伊國屋ウェブストアで購入

 今日(2015年12月31日)、ASEAN(東南アジア諸国連合 Association of Southeast Asian Nations)経済共同体(AEC, ASEAN Economic Community)が発足した。人口約6億で全世界の8%余、GDP3%弱、貿易総額7%弱、国防費2%余の地域協力機構が成立した。本書は「ASEANの生成と発展、成果と限界、評価と展望を理解する上で有益な引証基準を提供しうるものとなることを切に期待」して、出版された。全7部、50章からなり、7部のそれぞれのタイトルは、つぎのとおりである:「ASEAN生成発展の歴史」「ASEANの制度と機構」「ASEAN連帯強化と平和維持」「経済協力と地域統合」「広域地域秩序の構築」「ASEANの対外関係」「ASEANの展望と評価」。

 「混乱と紛争、貧困と後進性によって特徴づけられてきた東南アジア-より正確には海洋東南アジア-に平和と安定、そして成長と発展をもたらす契機を提供した」ASEANが、1967年に成立してから半世紀がたとうとしている。その評価は、両極端であることを、「まえがき」で、つぎのように説明している。「EU[欧州連合 European Union]とならぶ有力な地域協力機構として、今後の東南アジア、さらにはアジア太平洋地域の平和・安定・発展にきわめて重要な役割を担うとみなす見方(いわゆる「構成主義者」の論調)がある一方、地域的秩序の構築や安全保障・平和をめぐる問題が、パワーの産物である以上、ASEANの役割は結局副次的なものに過ぎないとする見解(いわゆる「現実主義者」の論調)という両極端の評価が錯綜している」。

 これにたいして、最終章「50 ASEANの評価と展望-深化と拡大の二重課題」では、「ASEANが東アジアあるいはアジア太平洋において、その国力の総和を上回る「中心性という役割」を果たしうるか否かは」、つぎの二つの前提条件を満たすかどうかにかかっていると述べている。「第一に、ASEANが「深化と拡大」の両極面において前進を遂げることができるか否かである。前者は、ASEANが「共同体」の構築を含む地域協力をさらなる高みに登ることができるか否かであり、後者は、域外大国(とりわけ米中両国)がASEANの中心性を容認し期待するか否かである」。「ASEANにとって重要なことは、一方で力によらない地域秩序の構築のために推進源となる努力を継続するとともに、他方では「ASEANの中心性」の軌道修正を試みる」ことである。「というのは、ASEAN域外の大国を巻き込みながら、広域アジアの対話において、ASEANが会議の場・議題設定・議事プロセスのすべてを独占することに固執することは、かえって非ASEAN諸国の疎外感を触発しかねないからである」。

 本書は、政治、経済を中心に語られている。もうひとつの柱であるはずの社会・文化は、「49 社会文化共同体-人々中心の共同体へのアプローチ」で述べられているにすぎない。ASEAN政治安全保障共同体(APSC, ASEAN Political Security Community)、ASEAN経済共同体とならぶASEAN社会文化共同体(ASCC, ASEAN Socio-Cultural Community)の課題はすくなくない。まず、「適切な知識と技術や経験を備えた人材および資金」が不足している。本書で社会・文化が充分に取りあげられないのは、日本人研究者の関心が薄いだけでなく、東南アジア側の研究者も少ないからである。経済共同体や政治安全保障共同体の成否にも、社会・文化の理解が重要であることはいうまでもなく、第49章はつぎのことばで締めくくられている。「経済共同体の構築に向けて市場の融合が進むなかで、ASEANが「単一の構想、単一のアイデンティティ、単一の共同体」を目指すためには、ASEAN加盟国社会の人々のつながり(connectivity)を強化することが不可欠である。そのためにASEAN諸国の人々を焦点にした地域的構想を提示し、その実現に向けた企画を立案し、その実施を監視することがASCCの重要な役割である」。

 つまり、ASEANの理解には、政治学や経済学など近代のディシプリンだけでなく、社会と文化をも含めた地域の総合的理解のための地域研究が必要であるということである。そのためには、机上の学問だけでなく、地域に密着したフィールドワークが重要になる。だが、この50年間に東南アジアでは、2大古代遺跡のあるインドネシア(スカルノからスハルトへの政権移譲の契機となった1965年の9・30事件後)とカンボジア(1973年から4年間のポル・ポト派クメール・ルージュによる)で大量虐殺がおこっている。そのような過去をふまえてのフィールドワークは、それほど簡単ではない。ところによっては、加害者と被害者の家族が同じ村に暮らしている場合さえある。過去の話をもちだすことで、「棚上げ」にしたはずの問題が再燃し、微妙なバランスで維持されてきた秩序を壊すかもしれない。共同体とは互いに理解しあうことが前提だが、そのなかには触れることに注意を払わなければならない過去があることを、忘れてはならないだろう。


 本年も、1年間、ありがとうございました。引き続き、来年もよろしくお願いいたします。

→紀伊國屋ウェブストアで購入

2015年12月22日

『「聖戦」の残像-知とメディアの歴史社会学』福間良明(人文書院)

「聖戦」の残像-知とメディアの歴史社会学 →紀伊國屋ウェブストアで購入

 本の全体像をつかむために、わたしは、まず「序論」と「結論」を読む。そこには、著者の目的と本書全体を通しての著者自身の「総括」が、普通書かれているからである。だが、本書には、それらがみあたらない。「プロローグ」にも「エピローグ」にも、「本書」ということばがない。本書は、3部、全11章からなるが、各部「第Ⅰ部 ポピュラー文化のなかの戦争」「第Ⅱ部 焦土の思想とメディア」「第Ⅲ部 知・宣伝・ナショナリティ」の説明は一切なく、各章の多くにも「はじめに」と「おわりに」にあたるものがない。「著者一〇年間の主要論考一〇〇〇枚をここに集成」した本書は、読者にとって、読む前にも後にも、どう頭のなかを整理していいかわからない本である。本書の全体像は、帯にある「戦後七〇年、戦争を描き続ける営みの変容」ということになるのだろう。

 「プロローグ」や「エピローグ」に、本書全体の目的や「総括」がないなら、通常最初の一般読者になる出版社の編集者による本書の「まとめ」である帯をみることにしよう。帯の表には大きな文字と小さな文字がある。大きな文字には、「感涙の彼方にかすむ、戦争のリアル」「戦時と戦後は“あの戦争”に何を読み込んだのか」とある。小さな文字には、つぎのように書かれている。「『はだしのゲン』はいかにして戦争マンガの正典となったのか。『男たちの大/YAMATO』になぜ、感動が見出されるのか。広島や沖縄の「戦後」とは何だったのか。戦争表象から戦時・戦後の博覧会、民族学や日本主義の変容まで、近代日本における戦争・知・メディアの編成と力学を多様なテーマで描き出す、歴史社会学の濃密なエッセンス。著者一〇年間の主要論考一〇〇〇枚をここに集成」。

 帯の裏には、つぎのように書かれている。「マス・メディアでの言説であれ、体験者の思想や情念であれ、その戦後史を時系列的に精緻に整理し、複数の地域(戦争体験)の状況を比較対照する作業は、ある意味でようやく始まったばかりである。それらをふまえつつ、自らが指弾されない後世の価値規範に依拠せずに、いかにその時代の限界や可能性に内在的に向き合うことができるのか。「戦争の語り」の歴史社会学は、これらの検証を通して、「戦争」を語る現代のわれわれの足場の問い直しを促すものである」。

 個々の章では、優れた論考があり、たとえば、「第6章 日流同祖論の変容と沖縄アイデンティティ-「同祖」のなかの「抵抗」」や「第10章 英語学の日本主義-松田福松の戦前と戦後」などでは、本書の主題である「「聖戦」の残像」を忘れさせるような深い考察がおこなわれている。だからこそ、本書全体が見えなくなってしまう。1冊の本としてまとめるとき、ある部分は泣く泣く削除するか、削除しないならば「序論」でその位置づけを明確にする必要がある。読者の読みに任せることによって、著者の意図を超えた本になることもある。だが、多くの読者にそれを期待することには無理がある。著者なりの「総括」を示したほうが、理解しやすいだろう。

→紀伊國屋ウェブストアで購入

2015年12月08日

『「戦跡」の戦後史-せめぎあう遺構とモニュメント』福間良明(岩波現代全書)

「戦跡」の戦後史-せめぎあう遺構とモニュメント →紀伊國屋ウェブストアで購入

 本書は、広島平和記念公園・原爆ドーム、沖縄・摩文仁戦跡、知覧・特攻戦跡の3つをとりあげた3章からなる。それぞれの章は、「「遺構への嫌悪」の忘却」、「モニュメントの抱擁と憎悪」、「逆輸入される「記憶」」のタイトルがつけられている。そして、「序章 戦跡の歴史社会学」と「終章 戦争の痕跡と戦後」で、問題提起と考察がおこなわれている。

 本書では、「それぞれの戦跡において、遺構とモニュメントはどのように創られ、いかにして真正さが見出されたのか。遺構とモニュメントのあいだには、どのような齟齬が見られたのか」、「これらの問いを念頭に置きながら、戦後日本の主要戦跡を見渡し、それが戦跡としていかに発見(もしくは忘却)されたのか、その社会背景はいかなるものであったのかについて、考えて」いる。

 また、著者、福間良明は、つぎのように「昨今の「英霊顕彰」の議論を批判的に問う」ている。「加害責任論への反発も相まって、戦争責任の問題を軽視し、「英霊」の「殉国の至情」に浸ろうとする言説は、しばしば見られる。だが、それも言うなれば、現在の観点から歴史や死者を眺めるものである。そもそも、死者の遺念に寄り添うことと、戦争批判や責任追及は、かつて、はたして異質なものであったのか。戦跡をめぐって、それらはどう議論されてきたのか。本書での検証作業は、おそらく、そうした問いを考えることにもつながるものであろう」。

 さらに、つぎのように問うている。「立場や背景が異なれば、また異なる「正しさ」が紡がれるものである。そして、「正しさ」をぶつけ合ったところで、往々にして議論はかみ合わず、批判が相手に届くことは少ない。相手に届く批判を構想するのであれば、相手がなぜ、そのような「正しさ」に依拠しようとするのか、その磁場を問うてこそ、はじめて、議論や批判のあり方を考えることが可能になる」。

 第1章では、「被爆体験をめぐる広島の遺構・モニュメントを取り上げ、それらが「歴史の証人」として発見され、構築されていくプロセスを跡付け」、つぎのような結論を得た。「広島戦跡の戦後史を眺めて見ると、そこに浮かびあがるのは、幾多の風化や忘却ではないだろうか。戦後初期の原爆ドームに対する拒否感は、目を背けたくなるほどの体験の重さに裏打ちされていた。保存工事や周辺整備によって美しい装いを施されたドームは、市民や観光客の「憩いの場」とはなり得ても、かつてのような鬼気迫るおぞましさを感知されるものかどうか、その点は疑わしい」。「保存の美名や安心感のうちに、目に見えない形で記憶の風化や忘却が進んでいることを指摘するものにほかならない。さらに言えば、公園を整備し美観を維持することは、貧困に喘ぐ最末端の被爆者たちを、そのバラックとともに排除し、一掃することでしかなかった。平和記念公園や原爆ドームが広島の聖域になっていくプロセスは、同時に忘却と排除の過程でもあったのである」。

 第2章では「戦後沖縄において戦跡が創られていくプロセスを跡付け」、つぎのように結んでいる。「戦後の沖縄では、さまざまなモニュメントが建てられてきた。そのなかで、摩文仁がシンボリックな場となり、「六・二三」が記念日として発見されるに至った」。「だが、これらのモニュメントが何を覆い隠し、何を後景化してきたのか。さらには、遺構をもモニュメントと化したことがなかったのかどうか。ひめゆり火炎瓶事件は、遺骨が散乱する壕の奥から、これらの問題を問いただすものであったのかもしれない」。

 第3章では、「「特攻」はいつから「地域の記憶」として発見されたのか。そして、地域の戦争体験でもないものが、なぜ戦跡観光の核として見出されたのか」、「これらの問題意識のもと、知覧戦後史を見渡し、「特攻」の戦跡が創られるプロセスについて考察し」、つぎのようにまとめている。「知覧の公的言説においては、地域に固有の戦争体験は後景化し、それを上書きするかのように、元飛行兵たち(戦友会)の記憶、ひいてはナショナルな知覧イメージが、再生産されることになった」。「「継承」されているものは、多くの場合、幾多の忘却を経たあとの残滓(ざんし)でしかない。顧みるべきは、その残滓なのか、それとも忘却されてきたものなのか。特攻観音をはじめとした知覧のモニュメントの戦後史は、こうした問いを現代に投げかけている」。

 終章では、「これまでの議論を見渡したうえで、戦跡が紡がれる力学や社会背景を捉え返し」、「昨今の「英霊顕彰」の議論を批判的に問う」ことにたいして、つぎのようにまとめている。「戦跡は「顕彰」や「反戦」への思いを漠然と、あるいは断片的に生起させるものである」。「戦後七〇年が経過し、戦争をめぐる議論もそれなりに多く重ねられてきた。だが、「英霊顕彰」と「責任追及」が相容れない言説構造は揺るぎそうもない。国家による死者の顕彰に重きを置く者は、戦時の社会病理や国内外の人々への責任の問題を掘り下げようとはせず、逆に加害責任を考察する議論は、それがいかに正しくとも、それを否認しようとする者の心性には迫り得ていないように思える。だが、かつての戦跡をめぐる思考においては、たとえそれが断片的で思考の抑制を生みがちなものであったにせよ、今日の二項対立の言説構造を解きほぐし、死者に寄り添う先に責任を問い直す論理の萌芽を見ることもできる」。

 本書から、「戦跡」の位置づけが、時代により社会により変化することが理解できる。それぞれの時代や社会に、それぞれの生活があり価値観があるのだから、当然といえば当然である。だが、その場しのぎの対応は、後世に負の遺産を残すことになる。その意味で、本書のような問いかけ、検証が必要である。とくに、戦争責任を求められている日本においては、国際協調のなかで「戦跡」を考えることによって、「英霊顕彰」に重きを置く人びととの対話をすすめなければならないだろう。ならば、第一次世界大戦後、ヨーロッパで発展したこの分野の研究を参照しながら、日本の「戦跡」を位置づけることも必要だろう。

→紀伊國屋ウェブストアで購入