« 『ゾミア-脱国家の世界史』ジェームズ・C・スコット著、佐藤仁監訳(みすず書房) | メイン | 『「戦跡」の戦後史-せめぎあう遺構とモニュメント』福間良明(岩波現代全書) »

2015年11月24日

『ソマリア沖海賊問題』下山田聰明(成山堂書店)

ソマリア沖海賊問題 →紀伊國屋ウェブストアで購入

 「2011年12月1日付、国際海事局発表による情報によれば、同日現在で海賊行為と判断される事件は、以下の件数である」。「世界中で発生した事件 海賊による攻撃409件 乗っ取り事件41件」「ソマリア海域での事件 事件230件 乗っ取り事件26件 人質(人数)450人 船員殺害(人数)15人 現在の船舶拘束10隻(ケミカルタンカー3隻) 現在の人質人数172人」。

 ソマリア海賊被害の件数は、2005年の45件、2006年の20件、2007年の44件から、2008年に111件、2009年に217件、2010年に356件と増加の一途を辿った。そのなかには、日本船・日本人も含まれたことから、本書が発行された意味がわかる。さらに、日本の護衛艦が付近にいても、問題が解決されないことが、つぎの例からわかる。「2008年4月21日午前4時40分頃、日本人7名、フィリピン人16名の乗組員を乗せ、ヤンブー湾に向け回航中の日本郵船所属の大型タンカー「高山」(150,053GRT)が、アデン沖約440kmの地点で、小型不審船から発砲を受け、被弾した。これによる死傷者はなかったが、船は左後方部が損傷するなどの被害を受けた」。「この事件が発生したとき、インド洋にはテロ対策のため給油任務に当たっていた2隻の護衛艦がいた。どちらも「高山」からの救難信号を受信していたにもかかわらず、救助行動はとらなかった。理由は、「法律上、自衛艦には先制攻撃は許されない」というものだったとのことであった。結局、ドイツの軍艦から飛び立ったヘリの姿を見た海賊が襲撃を止め、逃走したことで、最悪の事態は免れた」。

 本書は、海賊事件に関し、「基本的な観点から、その検証を行い、今後の対策等を提案している」。「特にソマリア沖における海賊事件を中心に海賊の問題点を検証し」、「海賊に対する法的規制の箇所では、海賊とテロリストとの区別、P&I保険の問題、傭船契約及び国際海上物品運送法上の問題点、共同海損の問題点、誘拐及び身代金保険の問題を詳細に解説している」実務書である。

 実際に被害に遭っている、あるいは遭う危険性のある人びとにとって、「大いに参考となるものだろう」。だが、「Ⅲ ソマリア沖海賊問題の背景」を読むと、あきらかに先進国がつくった「海賊」であることがわかる。その背景となる5つの理由とは、「第1の理由は、ソマリアは無政府状態にあること、第2の理由はソマリアは世界で最も貧困な国であること、第3の理由はソマリア領海での漁業資源が壊滅的な状況にあること、第4の理由は、ソマリア領海での産業廃棄物の不法投棄、第5の理由は、ソマリアには海賊行為を行うことの要件がすべて満たされていることである」。

 犯罪が成立する5つの要素を要約すると、つぎのようになる。「加害者……元漁師、元軍人、民兵、大量の失業者etc.」「被害者……目の前を航行する無防備な船舶の群れ」「動機……飢餓、貧困、失業、金銭欲、怒り」「手段……容易に入手可能な武器、操業技術、漁船」「環境……無政府状態、法の抜け穴、国際的無関心」。

 第3の理由の「漁業資源の乱獲」について、つぎのような説明がある。「1991年のバレ政権崩壊後、内戦の混乱に乗じて、欧州やアジアの大型漁船団がソマリアの近海に殺到、マグロや伊勢エビなどを根こそぎ獲っていった」。「乱獲によって失われた漁業資源の額を年間3億ドルと推定している」。「2009年中にソマリアの海賊に支払われた身代金総額は推定1億5千万ドルだが、海賊達は身代金を「不当に奪われた水産資源の代金の一部」だと主張している」。第4の理由の「産業廃棄物の不法投棄」によって、「廃棄物が打ち上げられた海岸の周辺住民の間に、平均値をはるかに上回る数の呼吸器障害、口腔潰瘍、異常出血、皮膚炎等が見られたと報告」されている。「海賊達は身代金は「環境汚染に対する賠償金」であると主張している」。

 だからといって、海賊行為が許されるわけではない。だが、「ソマリアの海賊が自分たちの為の証券取引所(Stock Exchange)を開設し、取引を行っているという」事態を考えると、IS同様、もはや主権をもった国家と同等の対話の相手と考えざるを得ない。「海賊退治」ではなく、その原因を追求、確認し、対話による解決の道を探るためにはどうしたらいいのかを考える必要がある。とくに、漁業資源の乱獲や産業廃棄物を投棄した責任を問わなければ、対話に第一歩ははじまらない。

→紀伊國屋ウェブストアで購入

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/5823