« 2011年11月 | メイン | 2012年01月 »

2011年12月27日

『大学キャリアセンターのぶっちゃけ話-知的現場主義の就職活動』沢田健太(ソフトバンク新書)

大学キャリアセンターのぶっちゃけ話-知的現場主義の就職活動 →bookwebで購入

 正直言って、なんで就職活動に、これだけの時間とエネルギーを費やさなければならないのかわからない。しかし、そうせざるをえない現実は、すこしわかる。家庭教育と学校教育が、社会に出て行くために充分でないからだ。ある外食産業の社長が言っていたのは、「挨拶と手が洗えればいいのだが、それができないので、社員教育に金と時間をかける」ということだった。その外食産業は、有名な「ブラック企業」のひとつだった。

 家庭はともかく、大学では本書でいっている基本的なことはできる。講義科目では、授業の最後で「今日学んだことと感想」を書かせればいい。講読科目では、前もって訳文の添付ファイルをメールで送らせばいいし、授業では音読させて日本語になっていないことを確認させればいい。演習科目では、配付資料のつくり方、コピーのとり方、プレゼンテーションの仕方を教えればいい。学生のメールアドレスを見ると、笑っちゃうものがある。友達同士のやり取りだけで、「大人」とのやり取りを想定していないからだ。大学の先生とのメールのやり取りは、最初の「大人」とのやり取りになる。著者のいう「就活不要論に私は反対する」で書かれていることは、要するに家庭や学校でできていないことを就活でするということのようだ。そして、それを「支援」するのがキャリアセンターということだが、そこに問題があるので本書のようなものが書かれることになる。

 著者の「正体をすっかり明かすと各方面に迷惑がかかる」ために、「ぎりぎりまで迷ってペンネームとした」「内部批判と改革の視点」は、最終章でつぎのように整理されている。

・キャリアセンターのキャリア(経歴)は、それこそ少子化なのに大学生数増というむりやりな大学の生き残り策のために、突貫工事で作られてきた。だから企業社会の要請に対する「行き過ぎた適応主義」をためらいなく受け入れてしまったところがあるし、専門人材の養成システムもないままだ。
・しかも、就職課時代に唯一と言っていい武器だった企業からの求人票を、安易にウェブ化して使いづらくしてしまった。学生の個別相談でも、真に身のあるアドバイスはできなくて、無難に事が済むほうばかりを見ている嫌いがある。データ量ばかりを増やし、サービスの質を落としてしまった。
・就職率、就職実績の操作はもっての外(ほか)だ。リアルな厳しさを公開し始めた早稲田大学に続く他大学が待たれる。
・一方で、就職ナビサイトがもたらした採用試験応募者の爆発的増加に、企業の人事部も振りまわされている。とはいえ、当分、不況続きの買い手市場と見こんでか、採用活動の効率化優先で、ポテンシャルのある学生をじっくりみるという態度が消えてきている。
・ショーイベント化する企業説明会に、人事マンが口にするその場しのぎのスマートなきれい事。騙される大学生も堕ちたものだが、正面からツッコミを入れられないキャリアセンター職員も情けない。「学歴」や「個性」といったマジックワードをあらためて捉え直し、現実を踏まえた上で教育関係者としての言葉を取り戻さねばならない。
・大学生の学力低下と幼稚化に目を背けてはいけない。学部教育の改革に期待したいが、キャリア教育においても働く上で基礎となるスキルと知力の育成プログラムを開発すべきである。同時に、現在行われている就職活動も、考え方と工夫次第で、学生を大人に成長させる格好の機会になり得ると心得たい。
・一方で、学生の中にわずかながらアンチ大企業や中小企業志向といった、新しい仕事観の芽も出てきている。それらの落とし穴を教えつつ、学生が望む方向性には伴走していくべきだろう。
・保護者とどう向き合い、なにを提供すべきかは、キャリアセンターの目の前にある喫緊の課題だ。親御さんたちの不安を解消し、就職活動生にとっての戦力となってもらうべく、大胆かつ誠実な言葉を紡いでいく時期にある。

 そして、最後に著者はつぎのように述べている。「就職問題にスパッとした解決策はない。が、まだまだやり方はある」。「焦らず手を抜かず、やれることをやっていけ」。「自分にも学生にも言い聞かせている処世術だ」。

 日々学生と接している者として、すこしは就職活動の現実を知って、学生の卒業後の姿を想像しながら授業に臨みたいと思う。それにしても、就職活動のため授業に出ることができない、という学生にどう対処していいかわからない!

→bookwebで購入

2011年12月20日

『新しい世界史へ-地球市民のための構想』羽田正(岩波書店)

新しい世界史へ-地球市民のための構想 →bookwebで購入

 帯に「いま、歴史の力を取りもどすために」とある。著者、羽田正は、「歴史の力」が衰えていると感じ、危機感をもって本書を執筆した。著者が伝えたいメーセージは、「はじめに」でつぎのように書かれている。「現在私たちが学び、知っている世界史は、時代に合わなくなっている。現代にふさわしい新しい世界史を構想しなければならない」。「いま私たちが身につけている世界史認識はどんなもので、その何がどのように問題なのか、新しい世界史とはどんなもので、どうすればそれが作り出せるのか、これらの問題を考え、論じてみたい。世界史を語るのではなく、世界史の語り方をあらためて考えるのである」。

 本書は著者が、「ここ数年試行錯誤してきた」「思索の中間報告」である。「まだ完全なものではない」ことを自覚しながら、書かなければならないと思ったのは、「現代世界の各地で生じる様々な出来事に関して、従来の世界史理解を無批判に援用し、それを当然の前提として発せられる分析や解説、提案などを読み聞くにつけ、この現状を変えるべく一刻も早く声をあげねばならないと考えるようになった」からである。そして、「この本がきっかけになって、世界史の研究方法や教育研究体制についての議論が活発になり、やがて新しい世界史がくっきりとその姿を現し、人々の世界を見る目が変わってゆくことを期待している」。

 著者は、最初の3章(「第一章 世界史の歴史をたどる」「第二章 いまの世界史のどこが問題か?」「第三章 新しい世界史への道」)で、まず史学史をおさえ、つぎに現行の世界史は「日本人の世界史である」「自と他の区別や違いを強調する」「ヨーロッパ中心史観から自由ではない」の3つの弱点があるとして、その克服を模索し、第四章で自身の「新しい世界史の構想」を披瀝している。そして、「終章 近代知の刷新」で、「本書の主張」をつぎのようにまとめている。「私たちが地球というコミュニティの一員であることを強く意識し、地球への帰属意識を高めるためには、どうしてもその歴史、すなわち地球社会の歴史が必要となる。それは、日本やアメリカ、中国といった別々の国の歴史を集めて一つにした世界史ではない。むろん、ヨーロッパや東アジアなどの地域世界の歴史を集めて一つにしたものでもない。これらの世界史は、国や地域への帰属意識を高めるものではあっても、地球市民意識の涵養には無力だからである。地球社会の歴史は、「世界をひとつ」と捉えるとともに、世界中の様々な人々への目配りを怠らず、彼らの過去を描くものでなければならない。新たにそのような世界史を構想するべきだ」。

 著者の熱い想いは、充分に伝わってきた。だが、著者自身がわかっているように、そう簡単ではない。ヨーロッパ中心史観や自国中心史観など、中心史観は世界史の妨げになることはわかっていても、自国中心史観の歴史さえを満足に語られていない国はいくらでもある。さまざまな中心史観で語ることが、重要な国や地域などもある。従来の歴史は、まずわかることから語ってきて、それをまとめたものが「世界史」だった。いま重要なことは、わからなかったために、あるいはわかろうとしなかったために、これまで語られることのなかった歴史を意識することである。これまでに書かれてきた歴史を、わからないことまで含めて相対化しないと、「知の帝国主義」になって、中心史観から脱するどころか、逆に中心史観を助長することになる。

 たとえば、東南アジア史の概説書を書こうとして、カンボジアの植民地化について『世界各国史 東南アジアⅠ大陸部』(山川出版社)や『岩波講座 東南アジア史』を見ると、1863年のフランスによる保護国化以降の記述がないことに気づく。あたかもカンボジアという国が消えてしまったかのように。しかし、通史や概説書に記述があるからといって、安心できるわけではない。複数のものを見比べると、矛盾があることは珍しいことではない。研究書のように出典が書かれていないので、どれが正しいのかを判断することはむつかしい。さらに、どの本にも同じことが書かれているからといって、安心できるわけでもない。だれも原史料に基づいて本格的に研究していないので、間違ったものを検証することなく書き継がれていることがある。本書にある「オランダは1623年のアンボイナ事件を機にイギリスへの優越を決定的にし、領土獲得にとりかかった」という記述は、17世紀のイギリス東インド会社の文書を読めば間違いであることがわかる。わかっても、日本古代史のように「教科書が変わる大発見」とふうに新聞に載ることもないので、なかなか訂正されない。このように、世界史はおろか、東南アジアだけでも全体を見渡して正確に歴史を書くことは不可能である。

 では、東南アジア史のように研究の進んでいない分野の研究者を増やすことができるのか。それも、ひじょうに困難である。研究の進んでいる中心史観で語ってきた研究者は、自分が語る歴史がそれにあたると気づいていない。したがって、研究の進んでいない分野の研究を世界史全体のなかで評価する力がなく、「劣った」研究であるとみなしがちである。研究蓄積の乏しい分野の研究をし、発表をすると、「本格的な研究ではない」「考察が充分でない」「初歩的な間違いがある」などと言われることがままある。手っ取り早く研究業績を出したい若手研究者は、研究のしやすい蓄積のある分野のテーマを選んで、時間のかかるわりに評価されない分野を避ける。ましてや、成果が出るかどうかがわからないようなテーマに、危険を冒してまで挑戦する者はいない。これでは、若手研究者は出てこない。近代の中心史観の歴史はわかりやすく、教えやすいので、やっかいだ。まずは、研究の進んでいない分野の研究が、いかに世界史認識や歴史学にとって大切かに気づいてもらうための具体的な歴史叙述が必要であろう。本書でも、いくつか紹介されている。つぎに、中心史観で研究業績のある者に、別の視点からの研究に挑戦してもらうことだろう。岩波歴史選書などに、好例がある。

 著者の焦りはわかるし、このような本が必要なこともわかる。だが、いま個々の歴史研究者がしなければならないことは、原史料に基づいて中心史観から脱した具体的な歴史叙述を、ひとつひとつ積みあげていくしかないのではないだろうか。それをしていない者が何人集まって議論をしても、空論に終わって、具体的な成果は期待できないだろう。ともあれ、本書が、「新しい世界史」を考え、議論するための指針となることは、だれもが認めるだろう。

→bookwebで購入

2011年12月13日

『創造する東アジア-文明・文化・ニヒリズム』小倉紀蔵(春秋社)

創造する東アジア-文明・文化・ニヒリズム →bookwebで購入

 まず主題を見てちょっと気になったが、副題を見てわたしにはわからない本だと思った。つぎに帯の背の「自己の中の他者との邂逅」を見て、別世界の話だと思った。帯の表、裏には、それぞれつぎのように書かれていた。「絶対的な他者など存在しない。「一つの<個>」という概念も、フィクションである-。日中韓の関係の背後にあるものをとらえなおし、多重主体的な自己と世界を構築する未来への思想。〝わかりあえない〟は、悲劇か?」。「一枚岩の世界が2つになる=文明 分節したのち、1つの世界として定着してゆく=文化 いずれの価値観からも離脱する、0的立場=ニヒリズム <2・1・0>をキーワードに、社会とは何か、人間とは何か、を解き明かす野心的な真理の探究」。ここまでくると、わからないことを確認したくなった。

 わたし個人にとって、本書を読んだ最大の収穫は、韓国歴史ドラマの「イサン」や「トンイ」がよりよく理解でき、楽しめるようになったことだ。「イサン」で諸悪の根源のように語られていた「ノロン派」が朱子学の党派のひとつ「老論」で、近世朝鮮を理解するもっとも重要なキーワードであることが、つぎのように書かれていた。「朝鮮朱子学はその厳密な学説解釈の相違と権力掌握の闘争によって、まず東人と西人というふたつの党派に分かれる。そして東人が北人と南人に、西人が老論と少論とに分裂して、その後、主にこの四つの党派が争うようになるのである。その中でも十七世紀に生まれた老論は、特に重要である」。「老論派が最も強い影響力を誇っているのは、その執権期間が長かっただけではない。朝鮮後期の<文明>的アイデンティティ(これはすなわち<文化>的アイデンティティでもある)を規定した最も強力な枠組み、ひとつの巨大なパラダイムそのものであったからである」。「老論思想の枠組みをひとことでいうならば、「小中華パラダイム」といえる。中国で明(一三六八~一六四四)が滅んだ後に中華の伝統を継承したのは夷狄(いてき)=野蛮人たる女真族の清(一六一六~一九一二)ではなく、朝鮮なのだ、という思想である。ここに「文化自尊」というキイワードが誕生する」。

 老論が発明した「小中華パラダイム」は、もうすこし具体的につぎのように説明されている。「朝鮮が「中国から離れること」ではなく、「中国の真髄になりきること」によって中国を相対化しようという考えである」。「ここで「真髄」というのは、朱子学である」。「すなわち老論は朱子学を絶対化することによって、中国を相対化したのだ」。そうすることによって、「部分」にすぎない夷狄=野蛮人の清よりも、「数百年の間、全社会を朱子学化しようという変革に次ぐ変革の歴史を経験してきた文明国」で、「「全体」に限りなく近似している」朝鮮のほうが、「観念的に上位であることは明らかだ」。

 このことを理解していれば、「「文明=文化自尊」の思想を強く持っていた朝鮮が、こともあろうに二十世紀になって日本の植民地に転落してしまった。この衝撃は、想像を絶するものがある」ことがよく理解できる。「日本(倭)こそ野蛮(非文明)の典型的な存在だったからである」。

 ドラマだけではない。上記のように、具体的事例をあげて説明されている部分では、それぞれ学ぶことが多かった。とくに東アジアの中国・朝鮮・日本を「文明論的な自己意識を<2・1・0>として把える傾向が強いこと」がわかった。「つまり、中国は自らを<2>と規定し「世界の文明的中心=中華」という自尊心の理念的支柱とした。これに対して朝鮮は自らを<1>と規定することによって安全保障上の戦略とし、また文明=文化的自尊心の中核とした。また日本は自らを<0>と規定し、中華=<2>からも小中華=<1>からも自由であるという点をもって「日本特殊論」の自尊的土台としたのである」。しかし、著者は「むしろ実態は逆であり、「中国=<2>」、「朝鮮=<1>」、「日本=<0>」という等式は恣意的で誤謬(ごびゆう)であった」と指摘している。

 全体として、本題とどのように結びつくのか、よくわからない部分が多く、抽象的な議論にはついていけなかった。そのような読者を対象としてか、「あとがき」は、「結局、この本で語りたかったことは、何だったのであろう」ではじまり、つぎのようにまとめてくれている。「ひとつの大きな断層がある」。「断層のこちら側は、東アジアの文明・文化の関係性に関して、それを<2・1・0>という運動として解釈するという地平である。「中国=<2>」、「朝鮮=<1>」、「日本=<0>」という固定的で図式的な関係が語られる」。「しかし断層の向こう側では、その<2・1・0>という運動は、文明や文化という概念を間違って認識したことによる誤謬(ごびゆう)である、と語っている。これはこの地域の為政者やイデオローグたちが自己のアイデンティティを強権的に塗り固めたものでもある。これに対抗して、<2・1・0>の運動を新しく解釈しなおすことにより、東アジアの隠された関係性があらわになって来、未来に向けて「新しい東アジア」を創造することができるのではないか」。「本書では、右のふたつの地平が語られているのだ」。

 そして、最後に「これからわれわれはどうすべきか」と問いかけ、つぎのように結んでいる。「東アジアの関係性が激変している今、文明・文化に対する旧来の定義によってこの地域を構築してゆくことはもはや不可能ではないか、と私は考えている」。「これまでとは全く異なる人間観、文化観、文明観が必要ではあるまいか」。「そのことを、本書では説いた。そしてその先に来るものを「多重主体主義」や<たましひ>などという言葉で提起したのが、この本なのである」。

 といわれても、やはりわからなかった。ごめんなさい。でも、わかることもあった。ありがとう。

→bookwebで購入