« 2011年06月 | メイン | 2011年08月 »

2011年07月26日

『病気の日本近代史-幕末から平成まで』秦郁彦(文藝春秋)

病気の日本近代史-幕末から平成まで →bookwebで購入

 軍事史を専門とする著者、秦郁彦の研究には、専門書はもちろんのこと、工具類にもたいへんお世話になった。軍事史を研究していて気になるのは戦場での病気であるが、多くの人文・社会科学系の研究者は、専門知識がないのでまともに扱ってこなかった。著者は、虫垂炎で入院したのをきっかけに、病気と医療の歴史に挑戦した。その結果は、「やや不慣れなジャンルの仕事だけに、多少の緊張と重圧はあったが、最終校正を終えて快い解放感を味わっている」というものだった。

 本書を読み終えて、著者の「快い解放感」の意味がわかった。これまで断片的でしかなかった知識が、まとまりをもって理解できたからである。それも、軍事史研究で確固たる基本ができているからだろう。軍事史からはみ出した部分も、著名人の病歴を語ることによって、より身近に読むことができた。

 本書に登場した主要人物は、医者ではシーボルト、ベルツ、スクリバ、華岡青洲、近藤次繁、森鷗外、高木兼寛、野口英世、青山胤通、北里柴三郎、斎藤茂吉、平山雄、森岡恭彦、大鐘稔彦・・・、患者では明治天皇、和宮、秋山真之、夏目漱石、樋口一葉、島村抱月、松井須磨子、竹久夢二、堀辰雄、大岡昇平、太宰治、城山三郎、吉村昭、芦原将軍、大川周明・・・である。

 第六章までは、近代日本が制圧に挑んだ脚気、伝染病、結核、ガンなどの難病克服の総力戦の軌跡が述べられ、「病魔に立ち向った医師たち、空しく倒れていった病者たちのヒューマン・ドラマに溢れて」いた。医学の偉大さもわかった。だが、最後の「第七章 肺ガンとタバコ」は趣が違った。著者は、喫煙率と肺ガン死亡率の関係をチャート化してみて、「この半世紀ばかり一貫して前者がゆるいカーブで下降しているのに、後者は六〇倍もの急角度で激増している」ことに気づいた。「喫煙率が減れば、肺ガンは減るはずなのになぜ、という疑問に誰も答えてくれない。しかたなく自力で究明して」みた結果が、これまでの理論の虚構性を立証することになった。

 歴史研究者は、結果を知って研究するずるさがある。結果がわかっている第六章までと違って、第七章は著者にとって未知な体験だったのだろう。立証したことで、「アマチュアでも着眼しだいで医学上の争点に寄与しえるとわかった時は、小躍りする思い」をした。「健康過敏症と呼べそうな気分」が広がっている現在、不確かな情報に躍らされる現代人の悲哀も感じる章だった。

 著者が取り組み、7つに絞り込んだ「日本近代史の一角をいろどる大型で手ごわい病気」は、以下の通り各章で議論されている。
 第一章 黎明期の外科手術  本邦初の乳ガン摘出・虫垂切除は?
 第二章 脚気論争と森鷗外  脚気菌から栄養障害説まで
 第三章 伝染病との戦い   黄熱病と野口英世など
 第四章 結核との長期戦   死因第一位から二十七位へ
 第五章 戦病の大量死とマラリア  新顔の栄養失調症
 第六章 狂聖たちの列伝   芦原将軍から大川周明まで
 第七章 肺ガンとタバコ   非喫煙者のガンが増えている

→bookwebで購入

2011年07月19日

『最後の戦犯死刑囚-西村琢磨中将とある教誨師の記録』中田整一(平凡社新書)

最後の戦犯死刑囚-西村琢磨中将とある教誨師の記録 →bookwebで購入

 1951年6月、赤道直下の現パプアニューギニアのマヌス島で、元近衛師団長の西村琢磨中将は、最後の戦犯死刑囚として絞首刑にされた。身に覚えのない罪状にもかかわらず、「一人でも多くの部下を救うべく」オーストラリアによるBC級戦犯裁判の判決を指揮官として受け入れた。

 本書は、作家角田房子から託された教誨師の手記を軸に、「オーストラリアによる国内世論に配慮した政治的な報復裁判」の不当性を訴えた「鎮魂の書」だ。戦争中に起こった「違法行為」を裁く裁判は、合法的に敗軍の将を処刑する。その異常さを真に知るのは、死刑宣告を受けた戦犯と、その最期を見届けた教誨師だけかもしれない。

 戦争については、時代や社会の要請に従って、さまざまな立場から「正しい歴史」が語られる。敗戦国日本が復興に向けて自信をもつためには、戦争裁判の不当性を訴え、無実の罪で処刑された軍人の潔さを語ることが必要であったように。

 NHKで制作に携わった番組や退局後に執筆した著作で数々の賞を受けた著者は、戦後の世論を率いたひとりといってもいい。本書では、講和を目前にして処刑が行われた背景に、戦後の関係国・人びとの思惑があったことを探り出している。しかし、それを踏まえてなお、戦犯容疑となった事件が東南アジアで起き、大きな傷を残したことは忘れてはならない。

 当時日本が捕虜待遇に関する国際条約を批准していなかったとはいえ、日本軍が無抵抗の捕虜を組織的に殺害したことにたいするオーストラリア人の怒りを受けとめることや、日本軍が東南アジアの華僑を敵性外国人とみなして大量虐殺したことを現地の人びとがどう見ていたのかを理解することも、戦争を知らない世代が諸外国との友好関係を考えるうえで必要である。未来に向けて、日本人にしか通用しない戦争認識から脱却する時期にきている。


 共同通信社の依頼を受けて、以上のような書評を書いた。本書を読みはじめてすぐに、とくに戦争を知らない世代に推薦できるような本ではないと思った。本書は、だれを読者対象として書かれたのだろうか。著者は、NHKに1966年に入局して以来、一貫して同じ視聴者、読者を想定しているのだろうか。「著者紹介」をみると、多数の受賞作が並んでいる。審査員も、著者が想定した視聴者、読者目線で評価したのだろうか。

 東南アジア史を専門に研究している者にとって、戦犯容疑となった事件が東南アジアで起こっているにもかかわらず、戦場とした人びとのことがまったく書かれていないことが不思議でならない。オーストラリアの報復裁判であることが強調され、不当性が訴えられているが、被告となった者が見当外れであったとしても、日本人のだれかを裁かなければ納得がいかないオーストラリア人や東南アジアの人びとがいたことに、思い至らなかったのだろうか。

 いまの学生の戦争認識は、原爆、空襲、沖縄戦といった被害者としてのイメージが強い。戦った相手はアメリカ、中国で、東南アジアが戦場であったという認識はない。それどころか、東南アジアのそれぞれの国の位置や特徴、日本との関係がわかっていない。高校の修学旅行でシンガポールやマレーシアに行っても、英語の語学研修でフィリピンに行っても、戦争のことはまったく知らない。本書で語られている反日感情もまったく知らず、オーストラリア人は親日的だと思っている。そんな戦争を知らない世代が本書を読めば、不当性を訴えるオーストラリア人に不信感を抱き、日本軍人の潔さに共感するだろう。

 本書は、このような若者たちがもつ戦争認識について、まったく念頭になく書かれている。戦争責任も戦後責任もまともにとれなかった世代の知識人が、いまだにこのような「戦記もの」を書くことの意味がわからないのだろうか。過去を検証する自己満足では、戦争の問題を後世に先送りするだけになる。それが、現代の若者をわけもわからずに苦しめることになる。オーストラリア人や東南アジアの人びとは、本書をけっして受け入れないだろう。加害者としての日本を知っているこれらの国や地域の若者とも、対話できない。いま必要なのは、勝ち負けを乗り越えて共通に語ることができる戦争認識である。そのためには、まず日本軍によって被害を受けた人びとのことを念頭におくべきだ。

→bookwebで購入

2011年07月05日

『アメリカの影のもとで-日本とフィリピン』藤原帰一・永野善子編著(法政大学出版局)

アメリカの影のもとで-日本とフィリピン →bookwebで購入

 本書は、研究プロジェクト「アメリカの影の下で-日比両国における対米認識と社会形成の比較研究」の成果として提出された英文論文から選んで、翻訳したものからなる。このプロジェクトは、2006年に開催された「第一回国際フィリピン研究会議アジア地区日本大会」の全体会といくつかの分科会を組織するために立案された。

 この研究プロジェクトのねらいを、編著者は「あとがき」で、つぎのように述べている。「従来、まったく異なる歴史的過程を歩んできたと考えられてきた日本とフィリピンであるが、アメリカを光源としてこの二つの国を並列すると違いだけではなくむしろ共通点が見いだせるのではないか、そうだとしたら、「日比関係」という枠組みを超えた日本とフィリピンのつながりだけでなく、両国を新しい視座のなかで比較する方法を模索できるのではないか、ということにあった」。

 また、編著者の1人、藤原帰一は、「序章 二つの帝国の物語-後発植民地主義としての日本とアメリカ」を、つぎのように結んでいる。「アメリカの直接的支配のもとにおかれたフィリピンと日本というこの二つの国に、それは何を遺産として残したのだろうか。ここに私たちの研究課題がある。第二次世界大戦後において、アメリカと日本を帝国として比較することは無意味となった。探求すべき残された課題とは、ともにアメリカが創造し維持してきた進歩的で非公式な帝国の影のもとにおかれた、フィリピンと日本の比較であろう」。

 近現代フィリピン政治史は、アメリカとの関係を基軸に書かれてきた。いっぽう、戦後日本外交史もまた、アメリカとの関係を基軸に書かれてきた。ともに多くの研究があり、それぞれ政治・外交史を超えて、文化などあらゆる分野でアメリカの影がつきまとったことを明らかにしてきた。本書の基となったプロジェクトは、日本とフィリピンとの関係性を「アメリカ」という第三者の存在を視野に入れながら従来の研究を参考に分析し、それぞれ異なったかたちで異種混淆(ハイブリツド)した実態を明らかにすることによって、日比関係だけでなく比米関係、日米関係をも見直そうとしている。それは、大胆な挑戦以外のなにものでもなく、それは以下にあげる3部8章のそれぞれのタイトルからもわかる。そして、その挑戦が成功すれば、その後の朝鮮戦争後の韓国など、アメリカが深く関わることになる国や地域の「超大国アメリカの影」を理解する一助となる。

  第Ⅰ部 帝国と国民国家のせめぎあい
 第1章 フィリピンと合衆国の帝国意識
 第2章 戦後日本とフィリピンのエリートの継続性-アメリカの影響
  第Ⅱ部 錯綜するイメージ-国民国家・ナショナリズム・戦争
 第3章 日本との戦争、アメリカとの戦争-友と敵をめぐるフィリピン史の政争
 第4章 二つの戦後六〇年-比米戦争と第二次世界大戦の記憶と哀悼
 第5章 象徴天皇制とホセ・リサールの神格化との比較考察
  第Ⅲ部 三つの主体の出会い-アメリカ・日本・フィリピン
 第6章 対抗する陰影 <日本>と<アメリカ>-フィリピン系アメリカ人の想像のなかで
 第7章 権力の三重奏-フィリピン人、日本人、植民地権力の場所
 第8章 アメリカの磁場のなかの自己形成-山口百恵と小泉元首相をとおしてみるヨコスカと戦後日本のねじれ

→bookwebで購入