« 2011年04月 | メイン | 2011年06月 »

2011年05月24日

『日本の迷走はいつから始まったのか-近代史からみた日本の弱点』小林英夫(小学館新書)

日本の迷走はいつから始まったのか-近代史からみた日本の弱点 →bookwebで購入

 歴史叙述は、なんのために語るかによって、その時間と空間の設定が変わってくる。当然、歴史学の研究者は、あるゆる時間と空間の組み合わせを考えたうえで、もっとも効果的に語ることのできるものを選ばなければならない。しかし、現実には、そのようなことができる研究者はいないので、専門とする分野の時間と空間を拡げたり狭めたりして語ることになる。ところが、狭めるのはさほど問題がないのだが、すこし拡げただけで狭い範囲でしか歴史を語ることのできない研究者から、総攻撃を受けることになる。

 専門外に視野を拡げれば、原史料を読むこともなく他人の研究成果に頼ることになり、その参考文献もすべてを読むことはできず、信頼できると思った代表的なものにも正しくない記述があったりする。その結果、わずかな事実の間違いや誤解を招く表現からすべてが信用できないと評価され、こんなことも知らないのかと勉強不足を指摘されて「書く資格がない」と非難される。また、幅広く考えるためにいろいろな見解を紹介すると、主義主張がなく、危険な歴史修正主義者だとまでいわれる。指摘はごもっともなことが多く反論しにくいが、ちょっと考えれば短所より長所のほうが大きいことに、良識ある研究者なら気づくだろう。ましてや、研究者がすくなく、あまり書かれることのない時間と空間の設定で書かれたものは、書くこと自体冒険で、たとえ捨て石になっても、その意義は大きい。

 著者の小林英夫は、そのあたりのことを充分に認識しているので、「おわりに」でつぎのように述べている。「先の見えない現在の状況に対して、文学者や哲学者、文化人類学者などからの発言はあっても、歴史家の発言が見られないのはいかがなものかと思う。昔は「歴史家」がいたが、今は「歴史研究者」しかいないのだろうか。「ほかにできる人はいないでしょう」と言われ、おだてと知りつつも重い腰をあげて執筆に取り掛かったという次第である」。歴史家の「冒険」を妨げている一因は、視野の狭い「歴史研究者」にある。

 本書は、「迷走」する日本の姿を憂い、日本再浮上のカギを日本近現代史のなかに見いだそうと、つぎのように述べている。「現在の未曾有(みぞう)の危機を切り拓く知恵は、日本がこれまで歩んできた近現代の歴史そのもののなかにある。過去の教訓から学んで未来を見つめる、というこの普遍的とも言える解決策以外に、この迷走を離脱する解は見当たらない。本書は、そのために日本近代の歴史を見直そうというものである。しかし、ただ見直すのではなく、現状の国難を克服する方策を求めるには、それなりの方法が必要である」。

 そして、4つの方法を具体的にあげている。「まず第一にそれは、通史であるべきだ。たしかにある特定の問題に関して詳細な研究史はしばしばお目にかかる。しかしここ一〇〇年、二〇〇年を通した歴史書にお目にかかることはまれである。...数人の共著者で描く通史や数冊の連続書で通史というのは、本当の意味で通史ではない。一人の著者がある特定の歴史観に基づいて描いてこそ、初めて通史の名に値するのである」。「第二には世界ルールの推移に焦点を当てる必要があると考える。個別の事象にとらわれてそれに埋没するのではなく、歴史を動かしてきた力を考えるべきだと言い換えてもよい」。「第三は、日本の国家戦略を描き、その強さと弱さを浮き彫りにすることである。明治以来の日本の戦略の基本的特徴は、前述した世界ルールをすばやくキャッチし、時の最強国と結んでその同盟国として東アジアの覇権を確立・拡大していくことだった」。「第四に、二一世紀をいかに生き抜くかを提示することである。国家としては、ハードパワーよりはソフトパワーを重視して複眼的な外交を駆使して世界に貢献していく道を考えていく。人類的課題としては、戦争ではなく共生を基調とした平和を実現するための考え方と筋道を示したい」。

 さらに、本書をわかりやすくするために、つぎのような工夫をしている。「各章の構成は、最初に「この章のねらい」として、その章で何を論じるかを提示した上で、以下の二つに分けて論述した」。「まず、その時代に何があったかを記述するとともに、日本と日本人がどういう選択をしてきたかを述べてその時期の歴史を通覧する。次にそれを前提に、Q&A方式で先に示した本書の課題に即して、現代と未来につながる論点について考察する。これによって、論点を明確にすることができ、未来を切り拓く指針を示すことができたと思う」。

 著者が、「日本再浮上のカギ」としたもののキーワードは、「終章 地球規模の問題に、日本はどう取り組むのか?」の4つの節のタイトルとそれぞれの見出しにあらわれている。「一、世界ルールの動揺と日本の迷走」「世界ルールの現状」「グローバル経済とネットワーク型社会」「取り残される日本」「政治改革の必要性」;「二、地球環境と経済成長」「持続可能な経済成長策を求めて」「環境問題と先進的な日本の施策」「環境対策を通じたアジアへの寄与」;「三、貧困解決の道」「労働の規制緩和が後押ししたワーキング・プアの急増」「子どもの貧困と教育問題」「物づくりの国復活が貧困解決のカギ」「世代力で少子高齢化を乗り切る」;「四、望ましい未来のために」「紛争の危険はどこにあるのか」「攻めないため、攻められないために何が必要か」「二一世紀を生き抜くためのソフトパワー」。

 本書を通読して、近現代日本は、けっこううまくやってきたようにも思ったが、うまくやったと思った後がまずかったとも思った。何度かの危機を乗り越え、繁栄と平和を手に入れたが、それを維持するためには、余裕のあるときにつぎに備えなければならなかった。だが、「過去の成功体験にとらわれ」妙な自信をもって、新たな「世界ルール」にたいして後手後手になっていった。かつての危機は国家として乗り切ることができたが、今日は地球規模で、とくに近隣諸国との共生のなかで問題を克服していかなければならない。そのためには、ソフトパワーを維持・発展させていける人材を、いかに日本が多く育てるかだろう。それは、もう日本人とは限らなくなっている。

→bookwebで購入

2011年05月17日

『東南アジア現代政治入門』清水一史・田村慶子・横山豪志編著(ミネルヴァ書房)

東南アジア現代政治入門 →bookwebで購入

 「日本とも関係が深く、多様性にみちた東南アジアには、いかなる特色があるのだろうか。本書は、各国の独立から国民国家建設、民主化、経済発展へといたる道筋をたどり、アジア経済危機のインパクトとその後の体制変動を明快に概観する。発展から取り残された、子どもや女性などの弱者にも目配りし、さまざまな角度から東南アジア地域を学ぶ面白さ、奥深さを味わえるテキスト」と、表紙の見返しに本書の内容が要領よくまとめられている。

 本書は、「序章 東南アジアを学ぶあなたへ」の後、ブルネイを除く10ヶ国が1章ごとに概説され、最後に「第11章 ASEAN-世界政治経済の構造変化と地域協力の深化」が収められている。各章のタイトルには、その国を象徴することばを含む副題が付され、最初の頁で「この章で学ぶこと」が簡潔に示されている。そして、本文の後に読書案内があって、さらに「Column」がある。このコラムがいい。「あとがき」によると、「コラムには、本文では書けないエピソードや虐げられた人々の物語を入れることで、本文をより理解できるようにした」という。そして、「コラムから伝わる執筆者の人となりを想像するのも、読者の楽しみとなるに違いない」と続けている。本文でわかりにくかったことが、このコラムでわかったという読者もいるだろう。

 各編著者・執筆者のさまざまな工夫にもかかわらず、本書がわかりにくかったとすれば、つぎの要因が思い浮かぶ。まず、おもな読者対象の学生が、あまりに東南アジアのことを知らなさすぎることである。目次の後にある東南アジア全域の地図と「東南アジア各国の基本情報」に加えて、各章ごとに各国の地図と基本情報をまとめたものがあると、イメージしやすかっただろう。なぜなら、多くの学生にとって東南アジアはあまりに多様で、それぞれの国の区別がついていないからである。つぎに、本書が「東南アジア現代政治入門」ではなく、「東南アジア各国現代政治入門」になっている意味を、本書のはじめのほうで理解してもらったほうがよかっただろう。その意味で、「第11章 ASEAN 」の終わりのほうの記述は、本書冒頭にもっていったほうがよかったように思う。

 その「第11章 ASEAN」では、なぜ「各国」で記述されたか、EUとはどう違うのかが、つぎのように説明されている。「現在のASEANにおいては、依然国民国家の枠は固く、国家間協力というこれまでの路線を維持している。ASEAN憲章には、EUにみられるような国民国家を超える機関(超国家機関)や主権の委譲という要素は、今の時点ではみうけられない。EUのような議会や裁判所も規定されていない。すなわちASEANはEUなどと比較して、各国民国家の意思を反映する形の独自の協力を進めているといえる」。

 また、「日本とも関係が深く、...」というのも、関係する記述が各国のなかに散りばめられていて、まとまって理解しにくいだろう。「政治」中心であるから「経済」に多くの頁を割くことができなかったのだろうが、日本との密接な経済関係がもうすこし詳しくはじめにまとめて説明されていれば、つぎの「第11章」の記述もより具体的に理解できただろう。「ASEANは、日本にとっても最重要なパートナーの1つである。政治的にも経済的にもASEANとの関係は不可欠である。また日系企業にとっても最重要な生産拠点である。日本と日本企業にとっても、域内経済協力の深化とASEAN経済共同体へ向けての展開はきわめて重要である。ASEAN日本包括的経済連携協定や経済協力を含めて、日本・ASEAN関係の一層の深化が求められるであろう。もちろん経済援助や技術移転も欠かせない」。

 さらに、第11章の最後の「東南アジアを見ていく際には、ASEANの分析は欠かせない。そして、ASEANを見ていくことは、世界とアジア全体の政治経済の構造変化を見ていくことにも繋がるのである」ということがわかれば、「東南アジア地域を学ぶ面白さ」がわかってくるだろう。だが、書店に東南アジアにかんする本が少ないことからわかるように、なぜ東南アジアを知ることが日本にとって、アジアにとって、世界にとって重要なのかを理解している日本人、とくに若者が少ないという基本的な問題がある。なげかわしいことに、自習用テキストとしては、東南アジアのことをなにも知らないことを前提に書かざるをえないのが現状だ。講義で基本的な説明を聞いて、本書が理解できるようになることを期待したい。

→bookwebで購入

2011年05月10日

『国旗・国歌・国慶-ナショナリズムとシンボルの中国近代史』小野寺史郎(東京大学出版会)

国旗・国歌・国慶-ナショナリズムとシンボルの中国近代史 →bookwebで購入

 ナショナリズムとシンボルとの関係を理解することは、各国の近代国民国家の形成を考察するための基本のひとつであり、どの国でも研究され、その成果は歴史教科書にも載っている。著者、小野寺史郎は、終章をつぎのように書き出している。「近代中国においては、政権の交代ごとにナショナル・シンボルが何度も変更された。したがってナショナル・シンボルの歴史を追うことは、そのまま近代中国の歴史を追うことになる」。しかし、それがこと中国となると、そう容易くないだろう。巨大な土地にさまざまな民族が暮らし、歴史的に中央政権との支配・被支配の関係もさまざまで、建前の支配と実効支配が一致しないこともめずらしいことではなかった。そういうなかで、漢・満・蒙・回・蔵の「五族共和」といっても、同列に統合できるわけがなかった。

 著者は、その困難さを充分に理解しているので、「序章 ナショナリズム研究とシンボルの歴史学」で、用意周到にこれまでの研究状況を説明したうえで、本書の課題についてつぎのように述べている。「近代中国の各時期の政府・政党・知識人などが、ナショナリズムの喚起に儀式やシンボルをどのように利用しようとしたのか。それは具体的にはどのような政策や運動として実行されたのか。人々はそれをどのように認識し、行動したのか」。そして、この10年で個別研究が飛躍的に進歩したにもかかわらず、近代中国のシンボルや儀式をめぐって、包括的な見取り図や枠組みの提示は充分でないとし、「社会文化史に加え、政治史や思想史からの把握を試みる。また、シンボル操作のプロセスに具体的に関与した主体の問題についても重点的に分析を加える」としている。

 本書で扱われたのは、国旗、国歌、国慶日を中心とする記念日体系という限られた対象であったが、考察・分析の結果、近代中国のナショナリズムのいくつかの特徴が浮かび上がり、「終章 ナショナル・シンボルの中国近代史」「第三節 結論」で、つぎのようにまとめられた。まず、「清末の立憲派・革命派を問わず、ことナショナル・シンボルの問題に関してはモデルとされたのは一貫して共和国であるアメリカとフランスであった。民国初年において国旗や革命記念日が非常に重視され、また「共和」や「文明」といった価値が強調されたのはそのためである」。

 つぎに、「政権の交代に際しては、前政権に強固に結びつけられたナショナル・シンボルは廃さざるを得なく」、しかし、かといって「新政権が作り出した新しいナショナル・シンボルも、やはり「伝統」の力を借りて正統化することは」できなかった。「したがってそのナショナル・シンボルを正統化するためには、それを新しい政権の歴史と結びつける言説が再び大量に生産されることとなる。これが近代中国のナショナル・シンボルの政治の特徴と言える」。その言説を展開した知識人たちに共通する特徴として、「彼らが総じて極めて論理的だったという」ことがあげられ、著者はつぎのような見解を述べている。「シンボリズムの政治は本来、論理的な合理性よりもむしろそれが人々の情緒に訴えかけるものであるところにその特徴と影響力の大きさの所以がある」。「しかし、近代中国の知識人たちには、一貫して、個々人の情念に訴えかけるような物語を作り上げるよりも、論理的な説得によって国民に国家を愛させようとする傾向があったように思われる」。

 さらに、近代中国にとって、国家は党と切り離して考えることができないという問題があった。その関係を著者はつぎのように述べている。「北京政府期は言うに及ばず、南京国民政府期においてさえ、党や国家がナショナル・シンボルの解釈を完全に独占することはできなかったということである。党と国家の一体化がその特徴とされる国民政府の下においても、党と国家のシンボルは分離すべきだという議論は一貫して伏在した」。

 そして、つぎのように問いかけて、「終章」を閉じている。「国歌を斉唱することで国家との一体感を得、「国恥」を自らの恥と感じ、国家の象徴する国旗のために死に、それを追悼し記念することでまた別の国民の国家のために死ぬという感情を掻き立てる。近代中国の知識人たちはある意味でこのような国民国家の理念をあまりに生真面目に追求しすぎたとも言える。彼らの「民族教育的FIRST STEP」の行きついた先は、どこだったのだろうか」。

 中国人は、国恥記念日を、たとえば満洲事変は九一八、廬溝橋事件は七七というように、月日で記憶し、その日が近づくと微妙に反応する。その国恥記念日に、日本と関係するものが多い。国旗、国歌についても、日本と無縁ではない。そう考えると、近代中国のナショナル・シンボルの歴史を知ることは、日本人にとって重要なことになる。「反日」の原点を知ることによって、今後の友好関係にいかせるからである。また、現在まで続く中国・台湾のナショナル・シンボルの問題は、「ひとつの中国」を考える基本でもある。

 本書を読んで、いかに「包括的な見取り図や枠組を提示」することが難しいテーマであるかがわかったが、もうすこしわかりやすく整理してくれると理解しやすくなっただろう。

→bookwebで購入

2011年05月03日

『「昭和」を生きた台湾青年-日本に亡命した台湾独立運動者の回想1924▶1949』王育徳(草思社)

「昭和」を生きた台湾青年-日本に亡命した台湾独立運動者の回想1924▶1949 →bookwebで購入

 「日本は台湾住民の生活水準を本国と同程度に引き上げ、いずれは同化することを目的として、世界のどこよりも良い植民地経営を目指したのである。このため、台湾は行政体制から経済、治安、衛生、教育のあらゆる面で近代化の恩恵を受けることとなった」。著者の次女で編集協力者である近藤明理は、自伝に先立つ「「昭和」以前の台湾」の説明の最後で、このように書いている。この「親日」一家の想いを、わたしたち日本人は大切にしなければならない。だが、現実は違っていただろう。もし、仮に「世界のどこよりも良い植民地経営」を日本が目指したのであれば、それは日本人に帰するものではなく、台湾の人びとの犠牲と努力に帰するものだろう。

 日清戦争後の1895年の下関条約で台湾は日本に割譲されたが、それを阻止する運動が台湾民主国樹立など各地で展開され、多くの犠牲者を出した。台湾民主国は数ヶ月で消滅したが、その後も抗日運動は続き、日本軍側にも多くの犠牲者が出たことから、日本は旧慣尊重政策をとらざるをえなかった。中国大陸進出への足がかりとしての朝鮮半島とは違い、その先のフィリピンなど南方への進出が具体的にならなかっただけに、台湾では「寛大な」植民地経営がおこなわれた。そして、戦後の1945年10月に進駐してきた中国兵は、大陸での混乱が続くなかで、まともに台湾を統治するだけの体制がとれなかった。中国国民党への期待が大きかっただけに、台湾の人びとの失望も大きかった。また、フィリピンと沖縄が戦場となって多くの犠牲者を出したのにたいして、そのあいだにあった台湾は直接戦場にはならず、日本が負けたという印象もそれほど強くなかった。植民地支配50年を経た台湾では、初期の抗日を知る者も少なくなり、「親日」になる条件が揃っていた。

 本書は、日本の植民地統治がはじまって30年近くになって、「台南市に生まれ、日本教育を受けて育った台湾人である」王育徳(1924-85)の回想記である。当時「台南では日本の社会制度のなかに、清(しん)朝風の文化、風俗がまだ色濃く残っていた。その様子を、自分の体験をとおして書き残しておこうと、著者が四十一歳の頃に書いたのが、この回想記である。著者の幼少期から台湾を脱出する二十五歳までの回想であるが、当時の台湾独特の文化が詳しく描かれ、一つの貴重な記録ともなっている」。

 この回想記は、「著者が他界した数年後、東京外国語大学アジアアフリカ言語文化研究所に「王育徳文庫」が設置されることになり、そのために蔵書と遺稿を整理していた際に発見された」。日本語の原著より先に、中文に翻訳され、2002年に台湾で出版された王育徳全集第15巻に『王育徳自伝』としておさめられた。

 台湾独立派の著者は、進駐してきた中国兵のことを、つぎのように書いているが、それを読んで、わたしは1942年初にアメリカ合州国の植民地であったフィリピンのマニラに進駐してきた日本兵のことを思い出していた。「いずれも、よれよれの軍服を着て、その軍服も色や型がまちまちであった。老兵もいれば少年兵もいた。日本軍も戦争末期になると、兵隊の体格は貧弱になったが、中国軍はそれ以上に貧弱であった」。「大正公園の天主教会堂の白壁は、奈良の古寺を思わせる情緒のある壁だと感心して見ていたのだが、そこに一文字が一メートル四方もある大きな字で、スローガンが書かれたのには驚いた。この人たちは、文化ということが何もわからないのだなと思った」。「そのうち、中国兵があちこちで物を強奪する、台北では中国兵による強姦が頻発しているらしいという噂がささやかれるようになった」。フィリピン人は、スペイン人やアメリカ人より日本兵を「貧弱」と見、文化的教養がないと思った。そのことが日本占領期のフィリピンでの抵抗運動に結びつき、そのように見られた日本兵による虐殺事件へとつながっていった。

 国民党政府の軍隊によって3万人が虐殺されたといわれる1947年の二二八事件あるいは「三月大虐殺」で、最愛の兄を失った著者は、49年に日本に亡命し、翌年東京大学に再入学(最初の入学は1943年)して研究者の道を進むとともに、台湾独立運動に尽力し、また台湾人元日本兵士の戦後補償問題の解決に奔走した。後者は2万8000人の台湾人が200万円の弔慰金を受け取ることで実現したが、前者の台湾独立はいまだに達成されていない。編集協力者は、「なぜ植民地統治されたのに、台湾には親日的な人が多いの?」、「台湾は中国の一部じゃないって本当?」と、「よく聞かれるそういう疑問に対する答えも、読後に感じとっていただけること」を願っている。

 学問的には、本書を東アジア世界や帝国日本のなかで、どのように読むかが課題だろう。台湾の近現代史は、日本や中国本土だけでなく、朝鮮半島や南洋とよばれた東南アジアなどともかかわっている。台湾で視野を広げた研究が進むと、日本や中国との関係史もまた新たな視点が生まれてくるだろう。

→bookwebで購入