« 2010年04月 | メイン | 2010年06月 »

2010年05月25日

『春の祭典-第一次世界大戦とモダン・エイジの誕生[新版]』モードリス・エクスタインズ著、金利光訳(みすず書房)

春の祭典-第一次世界大戦とモダン・エイジの誕生[新版] →bookwebで購入

 「イギリスの参戦により、一九一四年の戦争はヨーロッパ大陸における列強の覇権争いから、まぎれもない文化の戦争に変容した」。「はじめに」にあるこの一文が、本書のすべてを語っているように思えた。

 本書の概要は、「訳者あとがき」で適確に述べられている。全文を引用するわけにはいかないので、一部を抜き出してみよう。「十九世紀後半に統一を成し遂げたドイツは、一貫してヨーロッパの古い秩序に挑戦する。その流れは第一次世界大戦を経てヒトラーやナチズムの台頭を生み、やがてドイツを次の大戦での破滅へと導いていく。著者はこの一連の流れを文化の側面から解き明かそうと試みる」。

 もっと具体的なことは、裏表紙でまとめられている。「<幕が上がり、踊り手が登場し、高く飛び跳ねてトウダンスのステップを踏むが、彼らは伝統を無視し、外足で踏むべきステップを内足で踏む。たちまち客席に怒声が飛びかい、非難の声が上がる、…… 観客の高尚な趣味と自尊心は手酷く傷つけられた。客席の抗議はそこに発していたのだ。侮辱されたと感じた者は踊り手をなじったが、逆に『祭典』の支持者からは喝采がわき起こり、こうして戦いがはじまった。>」

 「1913年5月29日、パリのシャンゼリゼ劇場を大混乱に陥れたバレエ『春の祭典』の初演から、第一次世界大戦の西部戦線での塹壕線と新しい兵器、1914年のクリスマスイヴに行われた<敵兵との交歓>、リンドバーグの大西洋単独横断飛行への興奮、空前のベストセラーとなったレマルクの『西部戦線異状なし』、そしてヒトラーへの賞賛とナチス崩壊まで、兵士の実像とトラウマ問題に着目し、大戦後のヨーロッパの絶望と熱狂を追った、壮大かつ読みごたえのある文化史」。

 世界大戦といえば、1941~45年の第二次世界大戦のアジア太平洋戦線を思い浮かべる日本人にたいして、ヨーロッパ人は1914~18年の第一次世界大戦のヨーロッパ戦線を思い浮かべる。その根本的な違いが、「文化」と「時代」にあったことを、本書は気づかせてくれる。また、なぜ第二次世界大戦のヨーロッパ戦線が起こったのかも文化史の文脈で理解させてくれる。同時に総力戦という意味で、アジアもヨーロッパもない20世紀の戦争の意味も気づかせてくれる。日本人が本書を読むことによって、世界史のなかでの世界大戦の一端が理解できるようになる。ということは、ヨーロッパ人にもそのことに気づかせるものを、アジア人は書く必要がある。そうすることによって、両世界大戦を通した共通の歴史認識をヨーロッパでもアジアでももつことができる。

 「ドイツ人にとっては世界を変えるための戦争であり」、「未来への展望に駆られ」た戦争が勃発したとき、「一九一四年八月の歓呼のなかでドイツ国民はこの願いがまちがいなく実現したと確信した。戦争は逆に彼らの内部に安らぎと<克服>をもたらした。対立と意見の相違は捨てられ、ドイツはついに精神的にも物理的にも統一をなし遂げた」。そして、「ドイツは、まずベルギーで、続いてフランスとロシアの占領地で<恐怖政策>の実施を宣言」し、「ドイツ人は<ゲルマンの恐怖>という言葉を誇らしげに口にした」。その統一に恐怖を感じた連合国は、反ドイツ意識を高めるためにドイツの残虐性を強調し、ドイツ兵は「赤ん坊をかたっぱしからレンガ塀に投げつける、修道女を選び乱暴したあと殺害する、老人を四つん這いにさせて射殺する」などと宣伝した。

 レマルクの『西部戦線異状なし』は、戦後10年を過ぎた1929年に「戦争に破壊されたある世代について語ろうとするにすぎない」という意図で書かれた。「四年間に及ぶ死と苦闘と恐怖のあとで、ふたたび仕事と進歩が支配する平和な世界に戻ることがどれほど困難かを知った世代のことを」。と同時に、連合国側の人びとにドイツ人も同様の戦争体験をしていたことを気づかせた。賞賛と非難、さらには「反戦主義者の巧妙なプロパガンダ」と評された話題作は、戦間期を代表する作品となった。

 それは、歴史研究者にとっても重い課題を突きつけるものになった。「無名の一兵士の運命をあらゆる者の運命に普遍化した」ことによって、「戦争は集団的解釈の問題ではなく個人的体験の問題」となり、「それは芸術になり、歴史にはならなかった」。著者のエクスタインズは「芸術が歴史より重い意味をもつようになった」といい、つぎのように歴史家に警告した。「歴史は十八世紀からとりわけ十九世紀という合理主義の時代のものであった。十九世紀、人々は歴史家に限りない尊敬を払った。ギゾー、ミシュレ、ランケ、マコーレー、アクトンという歴史家の著作が大いにもてはやされ、とりわけ発展と統合を心から望んだブルジョワたちがそれらを熱心に読んだ。だが二十世紀は一貫して反歴史の時代であった。ひとつには歴史家自身がこの世紀の気運に適応できなかったためもあるが、より大きな原因は二十世紀が統合より分裂の時代であったことだ。その結果、歴史家より心理学者がもてはやされた。さらにこの両者より尊敬されたのが芸術家であった」。

 「大戦争(グレート・ウオー)をあつかった厖大な著作のなかで意味ある仕事の多くは詩人、小説家、あるいは評論家の手になるものであったことは注目に値する。反面、歴史家の書いたものは概して狭い専門分野に限定され、それとて文学のもつ喚起力や説得力に較べて大いに見劣りがした。歴史家は実際に戦争を体験した者の悲惨な現実を語れなかった。大衆は二〇年代に出たおびただしい数の歴史的文献にほとんど関心を払わなかった」。

 「戦争のほとんどを前線と後方の参謀部を往来する伝令兵として過ごした」ヒトラーは、「戦場での経験に情熱と勇気と無条件の忠誠を注ぎ込み、かわりにそこから目標と所属意識、受容されているという感覚、そしてドイツ軍兵士であればだれもが熱望する不屈の精神を称賛され、優秀な兵士であるとの評価を手に入れた」。「ヒトラーにとって戦争は一九一八年に終わりはしなかった」。「戦後の十数年間、ドイツ国民は敗戦を現実として受け入れる以外になんら手立てはなかったが、それでも心のなかでは、あの戦争にかけた努力は決して無駄ではなかったと声高に叫ぶ過激グループに共感を抱いていた」。「ドイツ国民は、一九三九年の戦争が民族の生存をかけた戦いであり、一九一四年から四年余にわたって戦われたあの戦争の免れ得ない継続であると固く信じていた」。

 ヒトラーが指導する「ナチスが早くから着目していたのは儀式とプロパガンダの重要性」であった。「書き言葉より話し言葉が優先され、文学よりも演劇、音楽、舞踊、(そしてのちには)ラジオと映画が重んじられた」。だから、「一九三九年から四五年の戦争のさなか、激しさを増す連合国の爆撃でドイツの諸都市が次々に破壊されたとき、ヒトラーがただちに再建を指示したのは劇場やオペラハウスであった」。

 本書を読むと、ふたつの世界大戦を結ぶ、ドイツがイギリス、フランス、ロシアにたいしてもつ民族性の問題、言い換えるとヨーロッパの「文化」の問題が浮き上がってくる。これを東アジア世界のなかの日本に置きかえると、どうか。さらに、「大東亜共栄圏」に組み込まれた東南アジアとの関係はどうか。戦争と文化の問題を考えることを教えられた。すると、戦争は歴史学ではなく、表現文化学などの学問分野で考えるのがふさわしいのか。歴史学が、戦争とどう向き合うのかが問われているように感じた。
            *      *      *
 本書を読んで、第一次世界大戦西部戦線の戦跡巡りをした。ベルギーのイープルからフランスのソンム、ペロンヌなどの激戦地跡を駆け足で巡った。はじめは、博物館や記念館の展示、戦死者ひとりひとりの名前を刻んだおびただしい数の墓碑・慰霊碑に圧倒され、総力戦のむごたらしさに押しつぶされそうになった。しかし、時間がたつにつれ、戦争は戦後も引き続いていることに気づいた。イギリスを中心とした連合軍側は、勝利したことで正義の戦争であったことを前提として戦争の悲惨さを訴えているように思えた。イープルは、早くからイギリス人相手の戦跡ツアーの中心となり、現在もイープルを基点とした多くの戦跡ツアーがある。とくにオーストラリア人、カナダ人などを相手としたものもある。イープルでは、1928年以来毎日午後8時、遺骨が発見されていない戦死者の名を刻んだメニン門行方不明者記念碑で、埋葬時の黙祷のためのラッパとともに追悼式がおこなわれ、遺族のほか慰霊のために訪れた高校生などが献花をしている。戦争博物館、墓地などを維持・管理しているのがイギリス連邦戦没者墓地委員会などで、同委員会は現在も年間100億円近い予算で活動しており、その8割近くをイギリスが出している。

 ヨーロッパをドイツの「脅威」から救ったイギリスが旧秩序を守り、帝国の威信を保つために、戦後の活動をしていると感じられたのにたいして、敗戦国ドイツの戦後の「戦い」は数少ない墓地のひとつであるベルギーのランゲマルクで見ることができた。エミール・クリーガー制作の4人の兵士が黙祷する立像は、数と規模で圧倒される連合軍側の慰霊施設に負けないメッセージを投げかけていた。戦争をたんなる過去のものにするのではなく、現在を生きる者に生とはなにかを問いかけていた。

 本書から、ヨーロッパにおいて第二次世界大戦が引き続くヨーロッパ大戦であったことがわかる。それにしても、同じく激戦地であったはずの「西部戦線」での第二次世界大戦の記憶は掻き消されている。第二次世界大戦がヨーロッパの「敗北」、アメリカ合衆国による新たな世界観の登場という結果に終わったためだろうか。第一次世界大戦においても、歴史的研究成果に基づいたペロンヌの大戦歴史博物館(アンリ・シリアーニ設計、1992年竣工)の展示は、ヤンキー娘が男たちに勝利を告げ、アメリカ兵の誇らしげな行進を子どもたちが見つめているところで終わっている。

 イギリス連邦戦没者墓地委員会の活動は、全世界150ヶ国におよび、東南アジアでは少なくともシンガポールに1ヵ所、タイに2ヵ所、ミャンマーに3ヶ所、連合軍墓地公園がある。タイの2ヶ所とミャンマーの1ヶ所は、泰緬鉄道関連のもので、タイのカンチャナブリーには2003年開館のイギリス系の博物館と1998年開館のオーストラリア系の博物館がある。映画「戦争にかける橋」(1957年)で有名になったこともあり、今日でも多くの白人観光客で賑わっている。第一次世界大戦西部戦線観光は、第二次世界大戦のアジアの戦跡観光にも影響を与えたようだ。両世界大戦は、ヨーロッパとアジアという地域を越えて考えることによって、世界史のなかで連続性をもって語ることができる。

 本書が、戦争そのものだけでなく、戦前、戦後を語ることによって戦争の文化・思想などの連続を明らかにしたように、戦後の慰霊活動は、戦勝国であれ敗戦国であれ、その国の連続する「総力」を物語っている。さて、日本の戦後の慰霊活動は、どうであろうか?

→bookwebで購入

2010年05月18日

『原理主義の潮流-ムスリム同胞団』横田貴之(山川出版社)

原理主義の潮流-ムスリム同胞団 →bookwebで購入

 著者、横田貴之は、まず「イスラーム原理主義とイスラーム復興」と題したまえがきで、つぎのように述べている。「初めにいっておきたいのは、イスラーム世界において同胞団は決して地味な運動ではなく、今日最大のイスラーム復興運動の一つだということである。一九二八年にエジプトにおいて誕生したこの同胞団という組織は、創設後約二〇年のうちに同国最大の社会・政治結社に成長し、現在も同国において大きな勢力を有している。地理的広がりという点からは、同胞団に比肩しうるイスラーム復興運動はない。同胞団や同胞団に関係する組織はアラブ諸国に広く存在し、各国で大きな勢力を誇る運動となっている。その思想的影響は、さらに遠く中央アジアや東南アジアにまでおよんでいる」。

 ついで、エジプトを中心に、5章にわたってムスリム同胞団の歴史を概説し(「第1章 ムスリム同胞団誕生前夜のエジプト」「第2章 ムスリム同胞団の誕生」「第3章 バンナー暗殺と「冬に時代」」「第4章 ムスリム同胞団の復活」「第5章 新時代のムスリム同胞団」)、最後の「第6章 アラブ世界のムスリム同胞団」でパレスチナ最大のイスラーム復興運動、ハマースを扱っている。

 エジプトについては、つぎのように第5章を結んでいることから、非合法組織である同胞団が問題の解決どころか、問題をより複雑で解決を困難にしているように思える。「非合法組織が広範な社会活動を許されていることや、人民議会の二割が非合法組織メンバーという事態は、日本に暮らすわれわれにはなかなか理解しがたいことで、大きな違和感を覚えさせる。現在のところ、ムバーラク政権も同胞団にたいしては抑圧政策を基調とし、非合法状態を解く気配はない。むしろ、それ以外の政策を見出せないようにもみえる。政権側も、同胞団をいかにあつかうかについて手詰まりの感がある。この同胞団問題の解決は、エジプトの社会・政治が統合された機能的・多元主義的な民主主義を獲得するために、避けては通れない道のようにも思われる」。

 「第6章 アラブ世界のムスリム同胞団」では、「ムスリム同胞団は、アラブ諸国を中心に地理的広がりをみせており、その思想的影響は中央アジアや東南アジアにまでおよんでいる」ではじまる。しかし、「中央アジアや東南アジア」まで議論が広がるどころか、アラブ世界のなかで同胞団がどのような影響を与えているのか、よくわからなかった。本書冒頭で、本書は「アル・カーイダやターリバーン」などの「イスラーム原理主義組織」についての解説本ではないと断っている。しかし、書名が『原理主義の潮流』で、副題が「ムスリム同胞団」であるならば、ムスリム同胞団から広がるイスラーム原理主義について、語らなければならないだろう。その困難さは充分に理解できるが、「中央アジアや東南アジアにまでおよんでいる」と2度強調するなら、中央アジアや東南アジアの原理主義組織の名前くらい出してもいいのではないだろうか。さらに、それらの組織が、どのように同胞団と結びついているのか、具体例を示せば、もっとよかっただろう。エジプトのムスリム同胞団とパレスチナのハマースだけでは、「イスラーム世界における存在感、ムスリム(イスラーム教徒)たちに与える影響、活動の実績をみれば、同胞団の重要性が浮かび上がってくる」といわれても、説得力はあまりない。

→bookwebで購入

2010年05月11日

『もっと知ろう‼ わたしたちの隣人-ニューカマー外国人と日本社会』加藤剛(世界思想社)

もっと知ろう‼ わたしたちの隣人-ニューカマー外国人と日本社会 →bookwebで購入

 「外国人問題」ということばは、「不法滞在」「不法就労」とか犯罪と結びついて取り沙汰されることがある。しかし、本書を読むと、「外国人問題」ではなく、日本の問題であるとことがよくわかる。

 編者、加藤剛は、「はじめに」で、つぎのように日本の問題を適確に指摘している。「二一世紀の日本社会が検討すべき課題のいくつかが自ずと浮かび上がってくる。ひとつは、本書のテーマと深く関わる外国人移民受け入れの不可避性、ひいては本書第1章でも触れている「移民政策」策定の不可避性である。もうひとつは、たとえ多くの移民を受け入れたとしても、数千万の移民によって日本の総人口を二〇〇四年のレベルにまで戻すことは不可能だということ、したがって日本は将来的には、一方で国の借金の返済と高齢者人口の社会福祉負担の増大に対応しつつ、他方で「縮小均衡」経済(略)ないし「人口減少経済」(略)を創出するという挑戦に立ち向かわざるをえない、ということである。ここでは「答え」を出すことを目的とはせずに、今後どのような検討が必要となるかを、まずは移民政策について考えることにしたい」。

 日本には、「移民」がいないという。近代日本では、移民とは外国に出て行く出移民のことをいい、日本に入ってくる入移民という発想自体がなかった。入移民は、その国に必要だから入ってくるのであって、勝手に入ってきて居座っているのではない。したがって、なぜ、日本が「移民」を必要とする社会になったのかを考えなければならない。それを考えるために、本書は編まれた。

 本書は、「この三〇年ほどのニューカマー外国人到来の波を簡単ながらも歴史的に跡づけ、国際労働力移動のグローバルな背景と今後の見通しを検討しつつ、二一世紀の日本にとっての「移民受け入れ」の喫緊性に焦点を当てることにした」長い「はじめに」(編者は「あとがき」で「まえがき」と言っている)の後、全8章からなり、「大きく四つの部分に分けることができる」。

 「第1章は全体への導入の章で」、「現在どのような外国人が日本に受け入れられているか、あるいは受け入れられていないかについて、国の出入国管理政策の変遷を中心に概観している」。

 「第2章から第4章までは、異なる在留資格の下、異なる業種で働く異なる出身国の外国人「単純労働者」-茨城県の水産加工業で働く様々な国からの外国人労働者、北海道の農業で働く中国人研修生・実習生、滋賀県の製造業で働く日系南米人-についての事例報告である」。

 「第5章から第7章までは、いわば多文化共生に関わる実践報告・現場報告であると位置づけられる。具体的には、第5章は名古屋市中区栄東地区におけるフィリピン・コミュニテイと地元住民との「一緒に汗をかく活動」を描き、第6章は、流入する多様な外国人によって東京の新宿区大久保がどのように変容してきたかを地元社会の反応を含めて跡づけ、第7章は、著者自身が信仰する宗教、「日本的ではない」イスラームの信徒の間に見られる宗教的な多文化共生の模索の様子を、モスク(礼拝所)の設立を手がかりに特定地域社会に限定せずに、半分「あちら側」から綴ったものである」。

 「最後の第8章のテーマは、日本における外国人受け入れをめぐる議論ではおそらくこれまであまり語られることのなかったテーマ、外国人受け入れの持つ政治的な含意についてである」。「第8章の論点は、外国人労働者、とくに「不法滞在者」を支援するNGOの活動が、結果的に日本における下からの民主主義の活性化、それも外国人住民や国内マイノリティなどの社会的弱者の包摂を志向する、多文化民主主義の発展に貢献しているとの結論である」。

 編者は、「あとがき」で、「「多文化共生」への道はまだまだ遠い。その道程が遠ければ遠いほど、わたしたちには、自分たちの隣人のこと、ひいてはわたしたち自身のことをもっともっとよく知る努力が必要とされる」と結論している。帯にある「ゆたかな多文化共生社会を目指して」、まずはなぜ目指す必要があるのかを、日本人ひとりひとりが自覚することによって、「外国人問題」は「日本の問題」になる。日本に暮らすのは、もはや日本人だけではない。

→bookwebで購入

2010年05月04日

『イスラーム 知の営み』佐藤次高(山川出版社)

イスラーム 知の営み →bookwebで購入

 本書は、全国的な共同研究「NIHU(人間文化研究機構)プログラム イスラーム地域研究」の成果を、できるだけわかりやすくした「イスラームを知る」シリーズの最初の1冊である。それだけに、イスラームの基本中の基本が要領よくまとめられている。

 このシリーズが出版された背景については、表紙見返しでつぎのように説明されている。「イスラーム教徒の考え方や行動の様式は、日本人の場合とはかなり異なっている。そこにイスラーム理解の難しさもあるし、同時にイスラームを知る意義もあるといえよう。現代の私たちは、グローバル化したイスラームの宗教や文明に向き合い、これをさらに深く理解する必要に迫られている」。

 著者、佐藤次高は、「イスラームの誕生から現代にいたるまでの「ムスリムによる知の営み」の諸相をたどってみることにしたい。歴史的な考察の仕方を活用することによって、「イスラームとは何か」をわかりやすく解き明かすことが本書のねらいである」としている。その前提として、グローバル化が進んだ現在において、「イスラームを統一性の面だけから考えるとすれば、その理解は著しくバランスを欠くことにもなりかねない。イスラームは、地域の枠をこえて拡大していったが、その過程で各地域の伝統や文化と融合し、さまざまに変容をかさねていったからである。したがってイスラームを正しく理解するためには、地域の個性を考慮に入れながら、統一性と多様性の両面からアプローチすることがぜひ必要である」と考えている。

 たしかに、「第1章 イスラームの誕生」から、時代順に「第2章 イスラームとは何か」「第3章 歴史のなかのイスラーム」「第4章 イスラームの知と文明」「第5章 イスラーム変革の努力」と、わかりやすい説明がつづく。クルアーン(コーラン)は、「元来は「声を出して読むもの」を意味していた」、「イスラームへの改宗の手続きは簡単である。二人以上のムスリムの証人を前にして、「アッラーフ以外に神はなく、ムハンマドは神の使徒であることをわたしは証言します」といえば、それでムスリムになることができる」、アラビア語は金貨・銀貨に刻まれた文字であり、帝国の行政語、商取引の共通語、そして学問の言語でもあった、というふうにイスラームを理解する基本が語られている。また、「イスラームは異教徒であれば、だれでも殺してよいと主張している」とか、「コーランか、剣か」とかいう俗説を改める必要を説いている。さらに、これほど栄えたイスラーム文明が、ヨーロッパ文明に追い抜かれた理由を、「ヨーロッパがイスラーム文明の成果を積極的に吸収しようとしているあいだに、西アジアのムスリムたちはヨーロッパ文明にはほとんど興味を示さなかった」からだとしている。

 最後に、著者はイスラーム世界の現状を、つぎのように説明して、結んでいる。「急進派から穏健派まで、その組織と活動は複雑多様であるが、まずは穏健なムスリムが圧倒的多数を占める現実を踏まえたうえで、これらの多様なムスリムが発するメッセージと彼らの行動の原理を偏見なく解き明かすことが必要であろう」。

 読み終えて、なにか物足りないと感じた。歴史的な流れはわかったのだが、それぞれの時代、それぞれの社会が、今日とどう結びついているのかがよくわからなかったためだ。「その組織と活動は複雑多様である」のは、それぞれがどこかの時代、どこかの社会と深く結びついているからで、それがわかれば、より「多様なムスリムが発するメッセージと彼らの行動の原理を偏見なく解き明かすことが」できるのではないだろうか。

 それにしても、100頁にも満たない本が、本体1200円もする。歴史を学ぶのに、これほど金がかかるのか。自分で購入した本は書き込みができ、頭に入りやすくなる。本は消耗品である。できるだけわかりやすくした本シリーズも、書き込みもできない、折り曲げてもいけない図書館の備品として読むと、わかりやすいものもわからないものになってしまう。本の値段を安く買えるようにすることは、人材育成にとって大切なことだと思う。高いから買わない、買わないから高くなる、買わないから読まない、読まないから本の価値がわからないから買わない、の悪循環に陥っている。とくに人文・社会科学系の学生・大学院生が、本をただで買えるための制度を設けることはできないのだろうか。

→bookwebで購入