« 2007年12月 | メイン | 2008年02月 »

2008年01月29日

『モンスーン文書と日本-十七世紀ポルトガル公文書集』高瀬弘一郎訳註(八木書店)

モンスーン文書と日本 →bookwebで購入



   本書評は、早瀬晋三著『歴史空間としての海域を歩く』または『未来と対話する歴史』(ともに法政大学出版局、2008年)に所収されています。


 原史料を読むことは、フィールドワーク(臨地研究)に似ている。未知の世界に読者を誘い、好奇心をかき立ててくれる。しかも、後戻りがきき、失敗しても、何度も何度もやり直しができる。一度読んだものも、時間をおいて読むと、まったく違った世界に誘ってくれる。原史料を読む楽しさを知った者は、自分しか味わえない世界の虜になる。ところが、フィールドワークは、そうはいかない。フィールドワーカーは、下手をすると、調査しようとする社会の破壊者になり、取り返しのつかないことをする危険性がある。原史料は、フィールドワークに疲れた研究者の逃げ場にもなる。

 本書の内容は、箱の帯につぎのように的確に述べられている。「日本を中心とした東アジアをとりまく国際環境についてポルトガル国王が生の声で語る一級資料!」「ポルトガル国王のキリシタン布教重視と日本国王(=徳川将軍)による禁教、ポルトガル側の重要な財源であった日本航海権の売買や売却益の実態、ポルトガル人による中国人奴隷売買、マカオ・中国・東南アジア各地の動向等について、ポルトガル国王やインド副王らが生々しい現実を語る。」

 訳者、高瀬弘一郎は、「カトリック教会史料を主な研究材料として、キリシタン史の研究」をおこない、「いずれは史料として価値高い文献の邦訳を行うことによって、晩年の研究者としての務めを多少とも果したい」と考え、このモンスーン文書を選んだ。「大航海時代」の海外欧文史料を使った日本史研究者として、「日葡関係やキリシタンを大航海時代の中に据えて鳥瞰する上で、このモンスーン文書は極めて重要な史料群」であったからである。

 しかし、本書はタイトルである「モンスーン文書と日本」をはるかに超えるものになっている。訳者は、「収載文書の選定にあたっては、狭い意味での日本関係にとどまらず、その周辺にも広げた。視圏を広げることにこそ、日本史の立場からモンスーン文書を取り上げる意義があると思うからである」と説明している。そして、「かなり難解な文書を邦訳し、それに註を付す作業は、内外の多数の研究文献を参照せずにはとても望め」ず、「いずれも典拠は克明に掲示するよう心掛けた」という。また、「収載文書に註を付すとなると、キリシタン史研究者にとって専門外の多くの事柄についても、言及することを余儀なくされ」、「誤りのないことを期したつもりではいるが、訳者の気付かぬ誤謬や不備が数多く有りはせぬかと懼れている」というが、このように書けるのも、訳者の自信の表れだろう。

 原史料を充分に読みこなせない者は、自分の研究テーマや関心のある部分だけを拾い読みして満足する傾向がある。かく言うわたしも、かつてはフィリピンで発行されたフィリピンに関係する部分だけからなる史料集を読んで、満足していた。ところが、東南アジア史や世界史を念頭において、視圏を拡げて原史料を読むことによって、フィリピンに関係する部分がよりよく理解できるようになった。本文書は、日本史研究者だけでなく、東アジア史、東南アジア史、ヨーロッパ史などを専門とする研究者にとっても重要な史料で、日本語で読むことのできることは、ほんとうにありがたい。しかも、訳註がひじょうに優れている。索引を活用すれば、事典としても利用できる。このことは、訳者が日本史を専門とする域を超えて、歴史学あるいはそれより大きな枠組みを専門とする研究者になったことを意味している。

 本文書に登場する日本人は、17世紀のポルトガル人にとって、「大航海時代」を彩った1集団にすぎなかった。訳註からも、日本人を特別視しない世界が見えてくる。原史料を読むにあたって大切なことは、読者の偏見や関心で読んではいけないということだ。あくまでも、書いた人の目線で読むことだ。そうすることによって、当時の常識と価値観が見え、読者はフィールドワークと同じ体験をすることができる。

→bookwebで購入

2008年01月15日

『CSR 働く意味を問う』日経CSRプロジェクト編(日本経済新聞出版社)

CSR 働く意味を問う →bookwebで購入



   本書評は、早瀬晋三著『歴史空間としての海域を歩く』または『未来と対話する歴史』(ともに法政大学出版局、2008年)に所収されています。


 CSR(企業の社会的責任)レポートを、数十集めた。ここ数年、企業は積極的に営利とは直接結びつかない活動をし、それを社会にアピールするためにレポートを出版している。その目的は、第1にコンプライアンス、法令遵守である。つぎに環境問題、地域貢献などで、セクハラ防止対策もある。しかし、企業の不祥事が続き、第1の目的さえ充分に認識されていないことがわかる。各企業のレポートをよく読むと、いまや社会から信頼を得るための義務であると理解し、専門知識をもった社員を配している企業もあれば、一流企業といわれるためにマニュアル通りに出しただけで、専任者をおかず下請けに出していると思われるところもある。どの企業がどこまで本気か、CSRレポートを読み解く力が必要になる。

 本書は、日経CSRプロジェクトから出版された3作目である。「はじめに」につぎのように、その目的を記している。「一作目は、『CSR 企業価値をどう高めるか』と題し、企業を取り巻くステークホルダーごとに各分野の専門家が集い、CSRを多面的に論じた。二作目は、『CSR 「働きがい」を束ねる経営』と題し、現場で働く企業人のルポルタージュと識者の寄稿によって、企業経営と社員の働きがいとの関係を提言した。本書はさらに踏み込み、社員それぞれの「働く意味」について考える、という観点から構成している」。

 続いて、つぎの各章の内容が紹介されている。シンポジウムの講演や日経CSRプロジェクト参加企業の社員が大学・高校で行った派遣授業のルポルタージュなどである。
  序章 働く意味とCSR
  第1章 大人のためのモチベーション論
  第2章 なぜ私たちは働くのか
  第3章 CSRを担う人々
  第4章 人と人とのつながりが生む力
  第5章 社会から信頼される社員・企業とは
  第6章 受け継ぐCSR~いまこそ話そう、働くことのリアル~

 本書を読んで感じたことは、いま個人でも企業でも、スペシャリストでありジェネラリストであることが求められているということだ。本書に登場する成功例は、専門的な知識と豊かな人間性に支えられている。しかし、この両者を同時に実行することは難しい。専門性を身につけるためには、ある一定の期間、ひとつのことに没頭することが必要だ。他方、豊かな人間性を身につけるためには、視野を広げるためにいろいろなことに興味をもつ時間的ゆとりが必要だ。そして、ともに社会人として成長する時期に行うことが肝要だ。個人個人で、このことを充分意識して、目先のことだけに踊らされない中長期的な計画が必要となる。

 「おわりに」では、つぎのように記されている。利害関係者である「ステークホルダーとの対話とは、CSRレポートを出すことではない。社員が日々の業務のなかでかかわりのあるすべての人々と向き合うことだ。営業部員が顧客や代理店と、調達部員が納入先と、製品開発部員が大学・研究機関と真摯に語る。経営層が一般社員と、先輩社員が後輩社員と話し合う。企業を離れても、全社員が、一市民として隣近所などの地域社会と交流すべきだろう」。

 問題は、個人・企業が、このように意識しても、それを実行するだけの時間的・心的余裕があるかどうか、ということだ。ましてや、派遣社員やフリーターに、それを求めることができるだろうか。この格差社会のなかでは、本書で語られていることは、「きれい事」に思えてしまう。どういう社会をつくっていくのかというビジョンがなければ、絵空事に終わってしまう。国家だけでなく、地域、地球レベルで考えていかなければならないことである。

 もうひとつの問題は、たしかに学生のCSRへの関心は高まったが、その学生を社会に送り出す大学がどれだけCSRについて知っているかということだ。日々の授業のなかで、学生が卒業後、企業で働くことを意識している教員がどれだけいるだろうか。私立大学などでは、学生の就職支援のために企業まわりをしている教員もいる。教員本来の仕事ではない、と無関心の者もいるが、教育者であるならば、学生の卒業後の環境についても知っておくべきだろう。とくにもはや研究者養成だけではなくなった大学院教育において、社会(企業)とのかかわりが重要になっているはずだが。

→bookwebで購入

2008年01月01日

『東インド会社とアジアの海』羽田正(講談社)

東インド会社とアジアの海 →bookwebで購入



   本書評は、早瀬晋三著『歴史空間としての海域を歩く』または『未来と対話する歴史』(ともに法政大学出版局、2008年)に所収されています。


 長崎の出島にあったオランダの商館、英語で「商館」はfactoryである。工場ではない。商館長はgovernorである。イギリス東インド会社の文書を読んでいると、court、agency、merchantなどが出てくる。イギリス東インド会社にかんする専門書を読むと、コートは「役員会」と訳されているが、エイジェンシーやマーチャントなどはカタカナのままになっている。専門外の者からすると、「ふざけるな!」と言いたくなるが、少し研究するとその理由がわかってくる。16世紀に使われたfactoryが近代に工場の意味になったように、近世(初期近代)と近代とではことばの意味が違い、訳すことが困難だからだ。とくに、この分野の研究は近代に偏っており、近世のことはよくわかっていない。

 東インド会社については、オランダとイギリスが有名であるが、従来の研究は国別、個々のテーマにかんするもので、ヨーロッパ各国の「東インド会社の興亡を通して、一七~一八世紀の世界全体の変化を描いて」いるものはなかった。その理由は、研究の不充分さ、偏狭さだけでなく、「日本で一〇〇年来歴史を考える際の基本的な枠組みである日本史、東洋史、西洋史という三つの学問分野」があったからで、「世界」を相手にしてこなかったためである。著者のいう「きわめて大胆な試み」は、日本の歴史学界にたいしてだけでなく、世界的にもいえる。この点だけでも、日本人歴史研究者が、新たな世界史像の構築に挑戦していることに拍手を送りたい。

 著者、羽田正の挑戦は、従来の西欧中心史観、日本中心史観、中国中心史観からの解放である。たとえば、「勇気ある冒険者」「インド航路の開拓者」としての肯定的なヴァスコ・ダ・ガマ像を、「異文化の共存するインド洋海域の秩序の破壊者」であると、別の見方をしている。東インド会社が活躍したのも、寒冷で物質的に貧しく物価高の北西ヨーロッパが、アメリカ大陸の銀を手に入れて、温暖で物質的に豊かで物価安のアジアの商品を扱うことができたからだとしている。

 そのほか随所に新たな見方を加え、それでいて歴史の流れはしっかりおさえ、さらに地域的、分野的バランスもよく考えていることは、つぎの9つの章のタイトルを概観しただけでもわかる。
  第一章 ポルトガルの「海の帝国」とアジアの海
  第二章 東インド会社の誕生
  第三章 東インド海域の秩序と日本
  第四章 ダイナミックな移動の時代
  第五章 アジアの港町と商館
  第六章 多彩な人々の生き方
  第七章 東インド会社が運んだモノ
  第八章 東インド会社の変質
  第九章 東インド会社の終焉とアジアの海の変容

 それにしても、著者は悪戦苦闘している。著者もそのことは重々承知しているから、「はじめに」でつぎのように吐露している。「率直に言うと、一人の人間がこのような巨大な主題に挑むのは無謀である」。「しかし、誰かがこの壁に挑まねばならない。現代世界の成り立ちを総体として理解するための歴史叙述がいま求められている。歴史研究者の端くれとしてその課題に立ち向かうべきだ」。そう著者に語らせるのも、時代についていけない「歴史学の危機」があるからだ。

 著者の悪戦苦闘の原因のひとつは、著者が結局は多少研究蓄積のある「西欧中心史観」「日本中心史観」「中国中心史観」の文献に頼ったことだ。すでに個別の研究テーマで専門書を書いたことのある者は、納得のいかない記述に何度も出くわすことだろう。しかし、その批判は、著者に向かって、別の「一体化する世界」を描くことによってしかできない。そのとき、本書がいかに「無謀」だが、だれかが「捨て石」にならざるを得なかったかが一層よくわかり、本書を批判するつもりが賞賛に変わることだろう。その前に、著者の志をもって丹念に東インド会社文書を読み、アジアの視点で歴史を書き直すが多く現れなければ、本書は「捨て石」にもならず、著者の「きわめて大胆な試み」も失敗に終わってしまう。これからの時代に必要な世界史像が現れず、「歴史学の危機」が続くことになる。

→bookwebで購入