« 2007年10月 | メイン | 2007年12月 »

2007年11月20日

『思考のフロンティア 公共性』齋藤純一(岩波書店)

思考のフロンティア 公共性 →bookwebで購入



   本書評は、早瀬晋三著『歴史空間としての海域を歩く』または『未来と対話する歴史』(ともに法政大学出版局、2008年)に所収されています。


 著者、齋藤純一は、「公共性」という言葉の意味合いをつぎの3つに大別している:1)「国家に関係する公的な(official)ものという意味」、2)「特定の誰かにではなく、すべての人びとに関係する共通のもの(common)という意味」、3)「誰に対しても開かれている(open)という意味」。そして、この3つは、「互いに抗争する関係にもある」という。

 わたしが、本書から学ぼうとしたのは、この「抗争」にある。近代では、1)の国民国家という閉鎖的な「公共性」が幅をきかせ、しばしば権力をともなって人びとを苦しめたことがあった。それが、グローバル化とともにNGOやNPOの活動が国境を越えて活発になり、3)の「公共性」を優先して、1)と対立するようになった。著者のいう1)2)3)の「公共性」の意味を充分に理解しなければ、この「抗争」「対立」がわれわれの生活に深刻な影響をもたらしかねない状況になっている。

 著者は、「公共性とは、閉鎖性と同質性を求めない共同性、排除と同化に抗する連帯である」とし、「現在、提起されている「公共性」の理念は、異質な声に鎖され、他者を排除してはいないだろうか」と問いかけている。そして、「互いの生を保障しあい、行為や発話を触発しあう民主的な公共性の理念を探る」ために、「第Ⅰ部「公共性-その理念/現実」では、公共性をめぐる近年の言説を概観しながら、公共性の条件とは何かを明らかに」し、「第Ⅱ部「公共性の再定義」では、カント、ハーバーマス、アーレントの公共性論の核心と思われるものを浮かび上がらせ、さらに、社会国家や親密圏が公共性とどのような関係があるのかを生/生命の保障という視点も組み入れながら検討して」いる。

 本書では、タイトルの「公共性」とともに「公共的空間」(public space)という言葉が頻繁に使われている。いま「公共性」が問題となっているのは、その「空間」が見えないからだろう。国民国家のように鎖された空間は容易に「想像」できるが、開かれた空間は「想像」を超えたところにまで広がっている。あるいは、「想像」したほど広がっていないこともあれば、ある特定の場所や時間に突如出現することもある。NGOやNPOの活動の影響は、活動している当人でさえわからなくなっている場合さえある。著者もそのことを充分に認識しているからこそ、「あとがき」の謝辞の前で、「公共性という問いに相応しく、理論と現実が接合する場面にもっとしっかりと足をつけて考えていきたいと思う。理論の空間と行為の空間との間を往復するようなスタイルを身につけることはかなわないとしても……」と述べている。

 「政治理論・思想史」を専門とする著者は、現代の「公共性」をめぐる問題を考える基本的知識を与えてくれた。さらに「踏み込んで論じる」ためには、「孤独という問題、社会的連帯という(眼に見えない)資源の問題、感情の政治という問題など」、「行為の空間」からの具体的な事例が必要となる。著者のいう「公共性-複数性というパースペクティヴ」の理解が、「抗争」「対立」を回避する大きな要素となるだろう。

→bookwebで購入

2007年11月06日

『歴史経験としてのアメリカ帝国-米比関係史の群像』中野聡(岩波書店)

歴史経験としてのアメリカ帝国-米比関係史の群像 →bookwebで購入



   本書評は、早瀬晋三著『歴史空間としての海域を歩く』または『未来と対話する歴史』(ともに法政大学出版局、2008年)に所収されています。


 第4章「選挙のアナーキー」は、つぎの引用文ではじまる。
「マヌエル坊やが墓石に座って泣いていた……「どうしたんだい、マヌエル?」「この前の土曜日、父さんがここに来た。でも、ぼくには会いにこなかった」「でも、君の父さんは、もう一〇年も前に亡くなったじゃないか、マヌエル?」声をふるわせて泣きながら、マヌエルは言った。「そうさ。でも、父さんはこの前の土曜日、ここに来て、そして-に投票したくせに、ぼくには会おうともしなかったのさ!」

「これは、一九四〇年代末のある選挙風景を諷した小咄である」と、著者、中野聡は書いて、1949年のフィリピン大統領選挙の不正投票について説明をはじめる。読者は、当然、先の引用文は、フィリピンのことだと思っている。しかし、この小咄は、48年のアメリカ合衆国テキサス州の民主党上院議員候補者の予備選挙でのことで、そのとき当選したのが、後に大統領となるジョンソンだと知って、驚くことになる。

 2004年のアメリカ大統領選挙で当選がなかなか決まらなかった原因が、投票者登録制度にあり、「フィリピンと同じ」制度だと気づいた人はいたかもしれないが、「フィリピンの不正選挙の原因が宗主国であったアメリカにある」と思った人は、それほどいなかっただろう。本書では、このようにアメリカとフィリピンが響きあい、フィリピンの不正選挙に本国アメリカで経験を積んだ選挙参謀が活躍するなど、1946年の独立以降も、アメリカがフィリピンに内政干渉した事実を明らかにしている。

 著者は、アメリカ史を専門にしながら、フィリピン史やフィリピン事情に明るく、フィリピンを通してアメリカを、アメリカを通してフィリピンを見る眼をもっている。だから、従来とは違う眼で、アメリカとフィリピンを叙述することに成功している。もうひとつの新しさは、著者が、「後記」で断わっている「主観的な表現は学術書には馴染まないと考える読者も多いと思うが、書き手の位置を明らかにするという意味もあり、本書の性格上やむを得ないこととご寛恕いただきたい」という点にある。著者は、「個別の学術論文ではできないこと、とりわけ、さまざまな人々との出会いと会話から研究と叙述が生まれる経緯をできるだけ表に出したいという思いがあった」という。本書が優れた単行本になっているのは、たんに学術的にだけではない。著者の文章のうまさには、以前から感心していたが、本書ではさらに読者を引きつけるものが加わり、個別の学術論文より、ひとまわりもふたまわりも大きな視点で議論を展開している。専門外の人が読んでも学ぶことが多いだろう。

 本書を時事問題に関心がある人が読んでも役に立つのは、時事問題と歴史のかかわりがわかる事例がいくつもとりあげられているからだ。たとえば在日アメリカ軍基地問題、在イラク外国籍アメリカ兵、アメリカの人種差別問題が、米比関係を通して、よりわかりやすくなっている。

 日本では、在沖縄アメリカ軍基地の撤廃を、1992年に全面返還を実現したフィリピンを例に期待する者がいるが、そう簡単ではないことが本書からわかる。ベトナム戦争終結後、アメリカ側では、「事実上の保護国となっているフィリピンにはそれに足るだけのアメリカの国益上の意義が無いのであり、「アメリカは一刻も早くフィリピンから独立する(自由になる)べきだ」として基地の撤去と米軍の全面撤退、特殊関係を維持するための援助の停止」を訴える意見があった。冷戦終結後、戦略的価値の低下した在フィリピン軍基地は、マルコス独裁体制(1972~86年)の終焉と91年のピナツボ火山の大噴火で、あっけなくなくなった。基地交渉が政治的なものであったことは、「フェイズアウトに一〇年必要だと言っていた」「クラーク空軍基地からわずか四八時間でほぼ完璧に撤収した」ことからも明らかになった。

 超軍事大国となったアメリカが、その兵力を維持する不可欠の存在として、「アメリカのために戦った者」への報酬の保証VB(Veterans Benefits)がある。原則として国籍を問わない福利厚生・優遇措置の対象者は、世界66ヶ国におよんでいる。このVBとアメリカ市民権の取得に期待する外国籍のアメリカ兵は、現ブッシュ政権下でピーク時の3万7000名から減ったとはいえ2万5000名がおり、毎年約8000名が入隊しているという。しかし、フィリピン人はVBから除外されてきた。20世紀初めの米比戦争のフィリピン人補助兵や日本占領下の抗日ゲリラなど、フィリピン人の該当者は多いにもかかわらずである。そこには、アメリカの人種差別がひそんでいる。その差別是正運動を通して、フィリピン人はアメリカという国の本質を見抜いている。著者もその点に注目して、「アメリカ人になること!」の意味を追求し、「アメリカという問題」を考えようとしている。

 本書では、「敗者のアメリカニゼーション」を生きたフィリピン人を通して、「帝国としてのアメリカ」の歴史像の一端が明らかにされた。では、超大国アメリカと小国フィリピンを分かつものは何だったのだろうか。それは、国家試験でトップだったフィリピン人医師が、看護師としてアメリカに職を求めることからも明らかだろう。優秀な人材が集まるアメリカと、流出するフィリピン、その差が現在の国情となっている。しかし、アメリカ国籍を取ったフィリピン人は、けっして祖国を見捨てたわけではない。アメリカニゼーションに希望を求めたフィリピン人は、失望することなく「フィリピン人」であることに自信をもって、「敗者のアメリカニゼーション」を超えようとしている。

→bookwebで購入