« 2007年06月 | メイン | 2007年08月 »

2007年07月31日

『残留日本兵の真実-インドネシア独立戦争を戦った男たちの記録』林英一(作品社)

残留日本兵の真実-インドネシア独立戦争を戦った男たちの記録 →bookwebで購入



   本書評は、早瀬晋三著『歴史空間としての海域を歩く』または『未来と対話する歴史』(ともに法政大学出版局、2008年)に所収されています。


 著者、林英一は、今春大学を卒業したばかりの1984年生まれである。卒業論文や学部学生時代の体験が単行本として出版されることは多くはないが、まったくないわけではない。戦争にかんして無知であったことにショックを受け、フィリピン人から証言を集めた上田敏明『聞き書き フィリピン占領』(勁草書房、1990年)や、昨年注目を集めた中島岳志『中村屋のボース-インド独立運動と近代日本のアジア主義』(白水社、2005年)などがある。これらの本でもっとも重要なことは、著者の年齢が主人公の体験した年齢に近いことだろう。かれらの体験は、大人の分別では理解できないところにあるからである。そして、著者と同じ世代の読者に語りかけることができる点も、重要なことだろう。

 「一九四五年八月の日本敗戦をインドネシアで迎え、その後一九四五年八月一七日から一九四九年十二月までの約四年半のインドネシア独立戦争に身を投じた」元日本兵は、「最新のものによると、九百三名の日本兵が何らかの形で「残留日本兵」となり、インドネシア独立戦争に参加した。そのうち、約五百名が戦没・行方不明、約百~二百名がインドネシア独立戦争後日本に帰国、約三百名が戦後も「日系インドネシア人」として生きる道を選択したとされる。」

 著者は、残留日本兵をこれまで語られたような「「南進」の「犠牲者」、あるいは独立戦争の「英雄」と、単純化して捉えていたのでは、若い日系人、ひいてはアジアの若者たちとの対話はますます難しくなる」との思いから、「残留日本兵を、その子孫である日系人および戦後のアジアの人々と日本の関係の原点として捉える必要がある」と主張する。また、「普通の民衆がますます個々人として国際関係の場に参加し登場する現代という時代の中で、「南進」、「脱走」、「残留」、「帰国」、「棄民」、「英雄」といった従来の言葉では必ずしも充分に説明のつかない彼らの数奇な境遇を、グローバリゼーションという視点によって空間軸に立体的に位置づけることで、「日本人」は一人の個人として、どこまでアジアという地域及びそこに暮らす人々と向き合っていくことができるのかを問う」ている。

 わたしのいう「ポスト戦後」世代の歴史認識がここにあり、アジアの人びととの対話と交流を考える若者がいる。だからこそ、「戦後」を終わらせるために、著者に声援を送り、協力した「大人たち」がいたのだろう。それにしても、よく勉強をしている。大学院に進学した著者が、この経験をどう学問的に結びつけていくのか、あるいは学問では充分に語ることができないことに気づき別の道を歩むのか、今後が楽しみだ。

 しかし、不安も感じた。「あとがき」の最後で、「私はこれからも、自らにあてがわれた使命を忘れることなく、そうした先人たちの遺した「熱い思い」を、世代を超えて引き継ぎ、それを少しなりとも時代に橋渡しできるような人間になれるように努力することを誓います」と結んでいる。著者は、とんでもない重い「使命」を背負い込んでしまったようだ。本書のタイトルにある「真実」がほんとうにあると著者が思っているなら、やがて大きな壁にぶつかるだろう。「残留日本兵」の気持ちなど、わかる者はだれもいないし、本人さえわからないかもしれない。わかろうとすることは大切だが、わからないことがあることを認識することも大切だ。肩の力を抜いて、「アジアという地域及びそこに暮らす人々と向き合って」ほしい。そうでないと、同じ世代の読者が「引いて」しまう。

→bookwebで購入

2007年07月17日

『憲法9条の思想水脈』山室信一(朝日新聞社)

憲法9条の思想水脈 →bookwebで購入



   本書評は、早瀬晋三著『歴史空間としての海域を歩く』または『未来と対話する歴史』(ともに法政大学出版局、2008年)に所収されています。


 「本書を読み終えられて、「やっと人類はここまで来たのか」という感想をもたれた方と、「やはり軍備は必要なのだ」という確信を新たにされた方とに分かれることかと思います。」「その結論は、読者にお任せするとして、私個人は三十数年にわたって思想史を学んできていながら、初めて知ることのできた思想や運動の事実に、自分がいかに人類の一員として先人たちの恩恵を受けて今という時代に「生かされて在るのか」と気づかされることの多い執筆の日々でした。」

 著者、山室信一は、「おわりに-脆さへの慈しみを込めつつ」の冒頭で、このように述べている。「おわりに」に副題が付くことは、それほど多くないだけに、著書の思いが込められているように感じた。著者は、基礎研究を専らにしながら、事ここにいたらば、これまで蓄積したものを総動員し、新たに勉強して、世の人びとに判断となる知識と知恵を提供しなければならない、と日々の研究のなかで心がけていることが、本書からうかがえる。いま書かなければ、知識人としての存在意義が問われる、これまで先人が培ってきたものが無為になる、そんな著者の思いが伝わってくる。そのいま書かなければならないことが、「憲法9条」なのだ。

 そして、判断するためには、その場の雰囲気に惑わされることなく、今日まで続く「水脈」をしっかり理解することが必要だ。その「水脈」は、19世紀までさかのぼる必要があり、世界と日本の両方から考えていかなければならない。このことは、「はじめに」の副題「国境と世紀を越えるつながりを求めて」に表されている。日本思想史を専門とする著者による本書は、歴史学を専門とすることとは、普通の人より長い時間のなかで考え、とくに近現代史は世界史のなかで考えなければならないことを教えてくれる。

 本書の内容は、裏表紙の「紹介」で、要領よくまとめられている。「戦後日本を60年支えてきた日本国憲法、その改正手続きを定めた国民投票法案が2007年5月、国会で成立した。争点は9条である。」「人類の歴史のなかで、絶え間なく繰り返されてきた戦争。じつは、それゆえに平和を求める切実な声が途絶えることはなかった。日本でも幕末以降、軍備撤廃を論じ、戦争廃止を訴える思想が現れ、それらが第一次世界大戦後の「すべての戦争の違法化へ」という世界の動きと合流していった。」「憲法9条は、戦後、突然生まれたものではない。世紀を越え、国境を越え、脈々と流れてきた平和運動や非戦思想の到達点にあり、平和を個人の生存権として主張する画期的な条文なのだ。」「日本はいま「国益」「同盟強化」の名のもと、戦争を前提とした軍事力均衡政策が国民を守らなかった19世紀に戻ろうとしているのか?」

 著者は、声高に自分の主義主張を唱えているのではない。多くの異なった思想を紹介し、平和構築のために、人びとが判断とする材料を提供しているにすぎない。その背景には、充分な知識さえあれば、日本国民は判断するだけの良識がある、という希望的確信がある。著者は、これまでも大部で難解な専門書だけでなく、新書などで一般、とくに若者に向けて、研究成果をわかりやすく理解してもらおうと努めてきた。本書も、次世代を担う人びとを読者として想定しているのだろう。その努力がありありと見える。ひとりでも多くの人が、本書を読み、著者の「希望的確信」を裏切らないで欲しい。

 先日(2007年6月28日)、宮澤喜一元首相が亡くなった。日本国憲法の成立過程を肌で感じた人が、またひとりいなくなった。60年間も、この憲法9条が変わらなかったのは、成立当時の人びとの思いが凝縮されたものであり、それを守り続けてきた人びとがいたからであろう。肌で感じる人が少なくなった現在、われわれはその「水脈」をしっかり理解することによって、「護憲」「改憲」の二者択一の論理、あるいは「憲法による明文化」を越えて、「平和希求」のための確固とした考えをもたなければならない。

 個人的には、「近くて遠い存在」の著者が、またいっそう「近くて遠い存在」になった。見習わければならない存在としてより身近になったが、その背中はより遠くなってしまった。

→bookwebで購入

2007年07月03日

『中国の歴史8 疾駆する草原の征服者-遼 西夏 金 元』杉山正明(講談社)

中国の歴史8 疾駆する草原の征服者-遼 西夏 金 元 →bookwebで購入



   本書評は、早瀬晋三著『歴史空間としての海域を歩く』または『未来と対話する歴史』(ともに法政大学出版局、2008年)に所収されています。


 「唐王朝を揺るがした「安史の乱」は、六〇〇年におよぶ大変動の序奏だった。耶律阿保機のキタイ、李存勗ひきいる沙陀、李元昊の西夏、完顔阿骨打の金。多極化と流動化のはてに、歴史の統合者たる大モンゴル国が浮上する。現代もなお生きる「巨大帝国」誕生のドラマ。」

 この裏表紙の要旨に、「通説をくつがえす新「中国史」」を期待して読みはじめた。しかし、受験勉強の成果として頭に入っている中国王朝変遷とは違い、「草原の征服」王朝名は時代と場所を確認しないと、わからなくなってしまう。てっとり早い一覧表はないかと、裏表紙をめくってみて唖然とした。そこにあったのは、「『中国の歴史』関係略年表」だった。幅6センチのうち「中国」が3.5センチを占め、「北アジア」は1センチにも満たない。ほかに「朝鮮」「日本」がある。この略年表は、全巻共通で、各巻の著者の念いとはまったく関係なく載せてある。だが、この略年表は、本巻の記述内容を台無しにしている。著者は、こういう漢民族中心の王朝変遷の年表的理解をぶちこわしたいと思っているからだ。

 それにしても、そういう著者の試みが、本書で充分に語られたかというと、どうもそうではないようだ。本書は、結局はもうひとつの王朝変遷であり、現在遊牧民世界の各地に建てられている馬に乗った英雄像を語っているにすぎない。著者もそのことに気づいているから、「第四章 失われたキタイ帝国を訪ねて-歴史と現在を眺める」の1章を設け、「キタイ本地」の旅から過去に思いを馳せ、「遊牧民」の歴史研究の「つらさとおもしろさ」を語り、過去の幻想から読者を現実の世界に連れ戻している。そして、著者は、本書を自信たっぷりに書いているように見えながら、おそらく「それでいいのか」と自問しながら、愚痴とも嘆きともとれる文章をところどころに挿入している。長くなるが、抜き出してみよう。

 「おおむねは、やはり中華王朝史観のためである。より正確にいえば、中華本土中心史観というべきかもしれない。」

 「およそ文献史料というもの、とりわけ「中華」なる文明がつくりつづけた漢文記録というものは、おそるべき表現力にみちている。誤解をおそれずにいえば、ギリシア・ローマの文字世界がつくりだす虚構は、それにくらべるとまだしも柔らかく、その度合いも随分と少ないように見える。また、その子孫だと自称するヨーロッパとその亜流たる「新大陸」における文字表現も、創作力と想像力、そして論理という名の構築力は大したものだが、限りなく醜悪なことでも、いとも簡単に美しく仕立てあげてしまえる漢文文献の豪腕ぶりと細緻さにくらべれば、「一籌を輸する」程度の差ではないだろう。屈指に古い伝統をもつペルシア語の文献もまた、虚構は凄まじいし、装飾・粉飾は見事なもので、誇張や捏造にあふれているが、やはり「中華」のそれには及ばない。まして、日本語の記録など、あまりに正直すぎて、この列島には「文明」なぞなかったのではないかとおもえるほどである。」

 「漢文文献のおそろしさは、他に類例がない。美化・聖化しようとすれば限りなくうるわしく、貶めとさげすみ、さらには卑猥に徹しようとすれば、これほど醜悪に表現できるものもない。大きくは、漢字という具体性・伝達性にとみすぎた文字のなせるわざでもあるのだろう。しかし、史料としてみると、これほど「性悪」の記録も、ちょっとない。歴史文献を扱うものにとって、まことに厄介きわまりない記録なのである。」  「キタイ国家についての文献史料が、ほとんど漢文でしるされていることに十分に注意したい。漢文文献が導く「無意識の中華主義」、それは本当にこわい。漢字表現を採ることによって、本来そうではないものも、“漢化”(シニフィケイト)して見える効果は無視できない。この点は、文献史料の質量ともの絶対的な欠乏とならんで、実は重大な留意点である。」

 「もし、中国正史のひとつとして、西夏についての正史がつくられていれば、状況はまるでちがっていただろう。これを逆にいえば、いかに既存の中国史なるものは、中華王朝史観にもとづいているかということである。そして結局、それは正史がつくられたかどうかによる。ようは、「正史」史観といいかえてもいい。ありていにいえば、正史がつくられた王朝ごとの断代史、-それが中国史なるものの骨格をなしている。正史がつくられなかった国家・政権は、過小評価される。さらにひどい場合は、基本的な事実さえわからない。西夏は、まさにその代表格である。」


 東西の文献を渉猟し、駆使してきた著者ならではの「愚痴」である。文献史料の欠陥をわきまえているからこそ、その使い方を知っていると言える。そして、文献史料以外の「史料」の利用と、歴史研究の存在意義について、著者はつぎのように述べている。

 「過去にあったことがらを、ただ「死んでしまった過去」として眺めやるのではなく、人類が歩んできた経験と叡知の宝庫として今に蘇らせ、これからに生かしてゆくことは、とても大切なことだろう。歴史研究というものの存在意義のひとつは、あきらかにその辺りにある。ちなみに、ここでいう歴史研究とは、いわゆる文理の枠などをこえ、利用可能なデータや方法・手段をすべて駆使しておこなう総合学としてのそれである。」

 著者は、「仮想の中華ではなく、現実にあった歴史をこそ、見つめたい」という。近代文献史学がつくりあげた「仮想の歴史」から「現実にあった歴史」を語るには、まだまだ多くの問題があることを、本書は教えてくれる。

→bookwebで購入