« 2006年08月 | メイン | 2006年10月 »

2006年09月26日

『新しい世界への旅立ち-シリーズ◎世界周航記 別巻』石原保徳・原田範行(岩波書店)

新しい世界への旅立ち-シリーズ◎世界周航記 別巻 →bookwebで購入



   本書評は、早瀬晋三著『歴史空間としての海域を歩く』または『未来と対話する歴史』(ともに法政大学出版局、2008年)に所収されています。


 新しい「航海・旅行記」シリーズがはじまるという。聞いただけでワクワクするいっぽう、なぜいま新しいシリーズがはじまるのか、という疑問が浮かんだ。その疑問にたいして、帯でつぎのような回答をしている。「未知の世界に挑んだヨーロッパはそこで何を発見したのか。前篇は、この問いに、旅人たちとの対話をとおして迫る。後篇は、航海の記述が拓いた新しい表現世界に注目し、その独特な魅力をさまざまな角度から解き明かす」。

 聞いただけでワクワクした理由は、簡単だ。そこにわたしにとっての「未知の世界」があるからだ。歴史学を研究している者にとって、原史料というものは、自分自身の知らない、想像もできない世界に誘ってくれる、しかも居ながらにして、もはや実際に観察することができない過去に臨場感をもって導いてくれる、重宝極まりないものなのだ。ただし、その過去は、現実であるのか、部分的にもフィクションであるのか、わからないという危険性がある。また、どういう意図で、どういう視点で記述されたのか、よくわからないことがある。本書では、そのあたりのことも、解説してくれるという。

 前篇と後篇の執筆者は、それぞれ特徴がある。前篇の石原保徳は1935年生まれ、近代精神史が専門である。ラス・カサスのインディアスにかんする研究などで知られている。後篇の原田範行は1963年生まれ、18世紀英文学・比較文化論が専門だ。読者にも視点をおいている。それぞれその専門性をいかし、それぞれの世代の研究の関心に照らして解説してくれる。原史料を読むときの楽しみが増え、より深く読むことのできる知恵を与えてくれる。

 前篇「問い直される発見航海者の眼差し」では、今回のシリーズの位置づけが、著者が編集部から、「シリーズの新しさ、それが発する今日的メッセージを読者に伝えてほしい」という無理な注文に応えるかたちで書かれている。それは、1965年からはじまった「大航海時代叢書」「アンソロジー・新世界の挑戦」「一七・一八世紀大旅行記叢書」「ユートピア旅行記叢書」全91冊の刊行の歴史であり、厳しい批判でもある。そして、著者はこれまでのシリーズに根本的な欠陥があることを看破する。それは、読者である日本人歴史研究者の構造的欠陥であり、いまだ克服されていないという。最初の「大航海時代叢書」の「趣旨」で、著者は「新しい世界史像を描いてゆくことの必要性を語る言葉をとおして」、「我が国においてもいまだ生きつづけているヨーロッパ中心の世界史像に挑んでゆこうとする」「気迫」を感じとった。さらに、「まずは、現代をどうとらえるか、今日的課題をなんとみるのかのちがいがはっきりしており、第二に、他ならぬその時代が生み出した記録を全体として読み解き、その中から地域や書き手を選び分け、それらが発する問題を受けとめながらコレクションをつくるという作業が求められているからである。それをふまえてはじめて、ヨーロッパ的世界史像からは見えてこない、それらが隠蔽していた転換期の内実を浮かび上がらせようとする「趣旨」の意図は実現されるはずである」と編集者の目論見を述べている。しかし、その目論見は実現されなかった。その理由は、「現代の諸問題について省察を深めてゆくことを重要な課題とはせず、転換期とはなにかを問おうとする姿勢とはあまり縁のない我が国の学問の伝統の力であった」としている。このことは、日本では学問としての歴史学が未成熟で、社会性のないことを示している。

 我が国の歴史研究の欠陥は、イギリスで発行されているハクルート叢書と比較すれば、より明らかになる。ハクルート協会が1847年以来、353冊の記録を刊行できた背景には、「協会の内部革新と、それを支持する会員や非会員読者あってのこと」であり、「研究の深化・発展に目くばりを忘れず、全地球上どこであれ、旅人の国籍や書かれた言葉にかかわりなく、しかも彼らが旅する時期も限定せず、入手しにくい貴重な記録を貪欲に蒐集し、抄訳を避け、それに詳細な訳注を加え、かつ改訂版にも積極的に取り組んでゆく」姿勢がある。つまり、歴史研究にとっての「基礎資料」を、時代や国・地域に限定されることなく、議論できる場として提供しているのである。時代や国・地域で分断し、歴史学や世界史の文脈で語ることができず、現代の問題に無関心な日本人歴史研究者には、「ヨーロッパ中心の世界史像に挑む」どころか、学問的にも、社会的にも歴史学の必要性を語ることすらできない現状が続いている。そして、その偏狭な歴史研究の成果に満足している「歴史好きの読者」によって、過去40年間、日本の歴史研究は「深化・発展」できなかったのである。それを克服できる「読者」の出現のためにも、この新しいシリーズは必要なのである。そして、このシリーズの現代的な読み方のヒントを与えてくれているのが、後篇である。

 後篇「かなたに何かある」は、前篇でも随所にとりあげられた航海記の読み方を、よりまとめて、具体的に、そして今日的方法で、教えてくれる。そこには、記録した航海家の目線で見ること、当時の社会的・時代的背景を充分に理解することといった基本の重要性を、航海技術・専門用語、表現、多重性・重層性、出版と読者など、さまざまな角度から気づかせてくれる。文章で書き表されていない事柄も、スケッチや同行した画家の作品からわかることがあることも示している。今日、臨地研究(フィールドワーク)が重視されているが、そのフィールド・ノートの作成方法のためにも、ひじょうに役に立つことが書かれている。事実はひとつではないし、虚構のなかにも事実が隠されている。近代という時代やヨーロッパという地域の常識がなにかも教えてくれる。それらは、前篇で議論された「近代ヨーロッパ中心史観」からの脱却のためのヒントを与えている。そして、「航海・旅行記」を読むことは、文献を重視しない臨地研究者の初歩的な訓練にもなる。原史料を読むことは、臨地研究の一手段であることもわかってくる。

→bookwebで購入

2006年09月12日

『越境と抵抗-海のフィールドワーク再考』小川徹太郎(新評論)

越境と抵抗-海のフィールドワーク再考 →bookwebで購入



   本書評は、早瀬晋三著『歴史空間としての海域を歩く』または『未来と対話する歴史』(ともに法政大学出版局、2008年)に所収されています。


 国民国家の枠組やそれを支えた近代の制度・イデオロギーに縛られない人びとや社会に目を向けたのが、44歳で急逝した著者、小川徹太郎であった。その反骨心は、つぎの1節にもっともよく表れている。「過去のイメージや諸々の価値観や観念は、常に権力構造を通じて産出されるため、支配者や勝利者の安定状態に都合のよいイメージや観念が支配的になる傾向があるが、そこには必然的に弱い立場に立たされるものの声や記憶の抑圧や無視が伴う。このような支配と不均衡の構造のなかで、歴史記述者や知識人は相対的に弱い立場に立たされるものの側に立とうとするべきであり、そこから支配的なイメージや観念をこばみ、それを産出する構造を問題視し、無視され黙殺されがちなことを表象し、記憶に蘇らせる作業につくべきである」。

 著者がこのように考えるようになった背景には、「現場の知」がある。その現場で、著者は「漁をする老漁師たち」との会話から、「帳面・図面・暦・字画・字等々といった「書かれたもの」を中軸として形成される、工場、学校、「経済連」といった組織、あるいはその具体的な動きとしての「免許」制度に主として社会的な圧迫のゆえんを見出す」。そして、かれらの日常生活を、「文字の権力に対する身体の抵抗」として捉えた。

 著者の特色は、「現場の知」を時間や場所を越えて理解しようとしていることだ。「文字の権力」といいながらも、文字から得られる知識もどん欲に吸収している。著者にとって、「文献もまた民間伝承の一形態であって、しかもけっして固定的なものではない」からである。そこには、偉い学者の書いた研究書や役人の書いた公的な文書の優位性はない。それらも、「路上のたまり場」で語られる雑談と同等の「資料」である。著者にそれを気づかせたのは、「漁師や魚商のおじさん、おばさんたちとの付き合いを続ける中で」の「日々の生活を繰り返すことそのものから生ずると思われる迫力とか底力のようなもの」だった。

 このような権力に立ち向かう生活者の観点から、社会構造全体との連関を理解しようとしていた著者に、フィリピンでの漁村調査は、その観点が間違っていなかったことを確信させた。フィリピンは日本よりはるかに国家権力が弱く、自律した生活と社会がある。著者を驚かせた極小コンビニ「サリサリストア」の存在は、けっして近代経済学や社会学では理解できないものであり、人びとの日常生活から理解する民俗学が扱うテーマだった。

 著者が「民俗学」という学問に危機を感じ、「現代民俗学」運動の核として「歴史表象研究会」を立ち上げたのは、「この先、民俗学者はこのまま文部省、文化庁、電通の庇護のもとに、「大衆」と共にどこにもない「日本」を捏造しつつ、求め、さまよい続けるのであろうか。その行為そのものが「喪失感」の表出であることに気付くこともなく」と感じただけではないだろう。著者のように1980年代に日本で調査をはじめた者は、民俗学の将来を考えると、絶望的な現実を知った。当時はまだ明治生まれの古老から、いろいろな話を聞くことができた。古老たちは祖父母の世代から聞いた話も、話してくれた。明治維新以前の話だ。ところが、学校教育を受け、新聞や雑誌を読んでいる村のインテリである大正生まれは、「文字に書かれたものを多く記憶し、口伝えの話を忘れてい」た。否、知らなかった。日本の国のことや世界のことは知っていても、身近な自分たちのムラのことがわからなくなっていた。宮本常一が明言したように、「古老たちの聞き書きを中心にして資料採集する時代は過ぎ去った」のである。著者は、口から聞くことができなくなった「民俗」を、身体から理解しようとした。漁師が身体で覚えた漁の活動は、著者の期待に反し、あっけなく終わってしまった。それは、漁師にとってごく普通の日常だったからである。

 本書のタイトル「越境と抵抗」は、著者自らがつけたものではない。著者が「生み出した歴史表象研究会の五人の共同編集」のなかで、著者が「夢見ていた「現代民俗学」運動の核に据えうるシンボル」としてつけられたものである。著者自身の運動は、未完に終わった。しかし、本書の構成と「解説」から、著者の志は、同年代の仲間によって引き継がれていったことは確かである。そして、本書の章タイトルまわりに配された、リュックを背負った著者のフィールドでの姿を見るたびに、心新たに「運動」の行く末を考えることだろう。

→bookwebで購入