« 2006年04月 | メイン | 2006年06月 »

2006年05月30日

『フランス東インド会社とポンディシェリ』フィリップ・オドレール著、羽田正編(山川出版社)

フランス東インド会社とポンディシェリ →bookwebで購入



   本書評は、早瀬晋三著『歴史空間としての海域を歩く』または『未来と対話する歴史』(ともに法政大学出版局、2008年)に所収されています。


 イギリスやオランダの東インド会社のことは知っていても、フランスの東インド会社のことは知らない人が多いのではないだろうか。ましてや、デンマーク・アジア会社やスウェーデン東インド会社のことは、その存在さえ初耳という人がほとんどだろう。英国博物館のイギリス東インド会社文書などを見ていると、いろいろなヨーロッパ人やアジア人が、アジア貿易に参加していたことがわかる。それなのに、従来はイギリスとオランダの、それぞれの会社としての海外活動しかよくわからなかった。

 編者の羽田正は、「解説」でまず「東インド会社とは何か」と問いかけ、その共通の特徴を3つあげている。1)「「インド」ないしは「東インド」との交易のための組織として設立された」、2)「東インド会社が設立された各国の王権や政府が、「インド」各地との貿易独占権を東インド会社に与えた」、3)「東インド会社が株式を発行し、それによって巨額の安定した資本金を獲得した」の3つである。

 つぎに、「東インド会社史研究の意義と研究史」を考察し、イギリスやオランダの東インド会社の研究に比べて、フランスなどの東インド会社の研究はひじょうに遅れており、その最大の理由は「史料の残存状況の違いによる」としている。そのようななかで、一時的であるにせよ、イギリスやオランダに匹敵する船舶数や総貿易量を誇ったフランスの東インド会社の歴史を考察することは、「ヨーロッパ史や世界史の認識を深めるため」、また「イギリスやオランダの会社の特徴をよりよく理解するために」必要である、と説いている。そこには、各国史やヨーロッパ中心史観を越えた世界史や初期近代(近世)という時代を理解しようとする編者の広い視野がある。そして、著者オドレールの研究に、その具体的事例をみようとし、編者は、著者の功績を3つあげている。1)「徹底的な史料・参考文献の渉猟とその目録化」、2)「フランス東インド会社史研究の遅れを一掃」、3)「東インド史研究への新たな視点の導入」である。

 本書は、編者による「解説」の後、著者の2度の訪日時の講演と報告に基づく4本の講演記録と論文からなっている。原史料に基づく分析によって、「フランスの東インド会社」「ポンディシェリの貿易商人とその活動」「フランス人とアジア域内貿易」「ポンディシェリにおける宗教問題」が、生き生きとした臨場感をもって明らかにされている。そこには、初期近代の国籍を超えたヨーロッパ人の活動があり、インド人を対等あるいはそれ以上に見る公平な目がある。ここでいう「インド」や「東インド」は、「現代歴史学の用語を用いれば、「インド洋海域世界」と「東・南シナ海海域世界」をあわせた地域がほぼそれに相当する」。このことは、インド人、アラブ人、ペルシャ人、中国人などアジア人の海域交易世界にヨーロッパ人が新たに参入したことをあらわしている。本書から、ヨーロッパ勢力がアジアで優位に立つ前の、「インド」域内の貿易や社会、ヨーロッパとアジアの関係の一端が見えてくる。

 わたしたちは歴史を見るとき、どうしても近代という偏見(一国史や西洋中心史観)で見てしまうことが多い。最初に世界一周をしたスペインの遠征隊の隊長は、ポルトガル人のマゼランであり、その周航記録を残したのはイタリア人のピガフェタであったことを考えれば、「国籍を超えた活動」の意味がわかる。また、ヨーロッパ人が扱った商品が、さまざまなアジア人の手を経て集荷されたことは、原史料を読むとすぐにわかることである。当時のアジアの自律社会もわかってくる。本書から、文献史学の基本である原史料の重要性がなんであるかを再確認させられる。また、イギリスとオランダだけでなく、フランスの東インド会社を考察に加えることによって、たんなる2者の比較・検討だけでなく、それぞれの特徴と共通点がより明らかになってくる。本書は、「18世紀、アジアの海域を舞台に大いに発展したフランス東インド会社。その急成長の秘密、貿易商人や宣教師の活動など、多方面にわたる活動の全容を明らかに」した以上に、ヨーロッパ史、アジア史、そして世界史をより深く理解するための材料と新たな視座を提供している。

 それにしても、本書は高い! 400字詰めにしてわずか100枚余のものが、1500円もする。高いから売れない、売れないから高くなるという悪循環を絶たないと、日本の出版文化が危ない。日本人の読解力の低下は、こんなところにも一因がある。原史料を読むどころの話ではない。


[古傷]
 以下は、今回とりあげた本とはまったく関係がないが、この場をお借りして書かしていただくことにした。

 印刷・出版するということは、ひじょうに大きな責任をともなう。それを、思いがけないときに思い知らされることがある。5月23日(火)の「朝日新聞」朝刊に、「フィリピン 抵抗の歌「バヤンコ」」が大きく掲載された。歌詞の一部が載り、「寺見元恵訳」とあった。出典はないが、わたしが編者のひとりである『フィリピンの事典』(同朋舎、1992年)からの引用であった。その385頁の「国歌」と「わが祖国(Bayan Ko!)」の日本語訳は、編集ミスで、上段の「国歌」は誰かが英語から訳したもので、下段の「バヤンコ」の訳とされているものは、寺見元恵さんが訳した「国歌」の大意になってしまった。寺見さんが、苦労して「日本語で歌えることを考慮に入れて訳した」「バヤンコ」の歌詞は、掲載漏れになってしまった。

 「朝日新聞」の記事を見る限り、間違った歌詞は寺見さんの責任になってしまう。しかし、寺見さんにその責任はまったくない。まず、事典の編集時点で執筆者に確認をとらず、間違いに気づかなかった出版社の編集者や編者の責任である。そして、今回その出典を明記せず、寺見さんに連絡をとることもなく、「寺見元恵訳」として掲載した新聞社の責任である。にもかかわらず、新聞社に間違いを連絡しても、インターネットの速報ニュースサイトのasahi.comには、なんの断り書きもなく新聞紙上と同じものが掲載され続けている。誤訳をしていると思われる寺見さんの立場は、どうなるのだろうか?

 「事典の初版を買うのは、バカだ」といわれることがある。長い年月をかけて苦労して出版されたにもかかわらず、事典の初版には少なからぬ誤り・不適当な表現があるからだ。この事典も10年近い年月をかけ、多くの執筆者の協力を得て完成したが、このようにとんでもないミスが起こってしまった。寺見さんには、ただただ謝るしかない。ミスは改訂版や増刷りのときに訂正するのが通常だが、不幸なことにこの事典はそのまま絶版になり、出版社自体がつぶれてなくなった。訂正の機会を失したまま、新聞やインターネットにそのまま引用されることになってしまった。

 このように研究者がすくなく、研究もあまり進んでいない分野の事典を出版することは、それだけ内容的にも問題が生じる恐れがあった。案の定、出版後、批判された。しかし、出版したことで、大いに役立ってきたはずで、そのマイナス面よりプラス面の方がはるかに大きいと確信している。だが、このような事典は大学院に進学したフィリピンを専門とする学生さえ買わないという。「初版を買うな」といわれても、初版が売り切れなければ、初版の訂正もできない。間違ったものを掲載されてしまった執筆者を保護するには、どうしたらいいのだろうか。責任者のひとりとして、途方に暮れている。

→bookwebで購入

2006年05月23日

『他人を見下す若者たち』速水敏彦(講談社現代新書)

他人を見下す若者たち →bookwebで購入



   本書評は、早瀬晋三著『歴史空間としての海域を歩く』または『未来と対話する歴史』(ともに法政大学出版局、2008年)に所収されています。


 「他人を見下す若者たち」という本書のタイトルより大きな字の「「自分以外はバカ」の時代!」に、目を引きつけられた人も多いだろう。その下には、「●自分に甘く、他人に厳しい ●努力せずに成果が欲しい ●すぐにいらつき、キレる ●無気力、鬱になりやすい ●「悪い」と思っても謝らない」と書いてあって、「いるいる」と納得した者も多いだろう。この表紙の7割は占める帯の下は、漫画で「オレはやるぜ……」「何を?」「何かを」というせりふが入っている。

 この表紙を見て、下手な評論家の際物と勘違いした人がいるかもしれないが、著者の速水敏彦は地道な教育心理学者で、根拠もなくおもしろおかしく世評しているわけではない。著者が本書でもっとも明らかにしたかったことは、「現代の感情ややる気の変化の背後にある心性とでも言うべきものを突き止めることにある。現代の日本人は自由な社会を当たり前のこととして誰も彼もが横行闊歩しているように見える。その自由さは利己主義を強め、「ジコチュウ」という言葉も生まれた。これが高じれば、人は自分の立場ばかりを見て、他人の立場を見なくなる。つまり以前に比べて人々は他人を見下し、他者軽視・軽蔑をいとも簡単にするようになる。この他者との関係の捉え方が自分自身の捉え方にも影響を及ぼし、さまざまな出来事の際に生じる感情ややる気のあり方そのものを規定するのではないか、というのが筆者の仮説である」。この仮説を実証すべく、著者は地道な心理学的研究を続けている。

 「本書では、まず、現代の人間の感情ややる気の持ち方にどのような特徴があるかを探るところから」はじまり、「最後に、最近の人々の感情ややる気の変調が、仮想的有能感から発しているものであることを説明し、これからの感情ややる気のあり方について考える」ことで終わっている。本書を読みすすめていくと、はじめ同調していただけなのが、だんだん読むのが嫌になってきた。教育現場で、教師や学校をバカにし、無視する事例になると居たたまれなくなった。それは、わたしが大学の教室でも、似たような経験をしているからである。なにか書かせると、知らないことを恥とも思わず、教師の批判をし、自分の意見だけを一方的に書く学生が、目につくようになった。学ぶ姿勢ができていないのである。答案に赤を入れて返そうものなら、「できなかったことを、指摘されたくない」と言って怒り出し、卒論試問では「せっかく書いたのに、ケチをつけられた」と言って騒ぎ出す。ほんとうに教育がしづらくなっている。

 そういったわたしの個人の問題を解決する術が書いてあると思い、期待しながら読んでいき、「仮想的有能感からの脱出」という見出しのところにきた。「絶望することはない。人間は賢い動物である。これからの時代、人間そのものをどう育てていくのかという知恵を出し合って、危機を乗り越えていくだろう」。わたしは、まだ期待していた。が、つぎの2行で、絶望的になった。「私自身には妙案はないが、子どもの教育という視点から、仮想的有能感から脱出するための三つの提案をして、本書を締め括ることにする」と書いてある後、「しつけの回復」「自尊感情を強化する」「感情を交流できる場を!」という見出しが続いていた。引き続き、わたしは「教育とは、忍耐なり!」ということばを胸に、教育現場に立たなければならない。

→bookwebで購入

2006年05月16日

『思考のフロンティア 自由』齋藤純一(岩波書店)

思考のフロンティア 自由 →bookwebで購入



   本書評は、早瀬晋三著『歴史空間としての海域を歩く』または『未来と対話する歴史』(ともに法政大学出版局、2008年)に所収されています。


 「自由」ということばは、心地よい。それだから「自由」に反対することは、悪いことをしているような錯覚を覚える。しかし、ちょっと考えてみれば、自分の自由のために他人の自由を奪うこともあれば、他人の自由のために自分の自由が脅かされることもある。「自由」とは、やっかいなものだ。だからこそ、本書のように、まともに考えなければならない。

 著者齋藤純一は、「「自由である」とはどういうことかを、それを個人的な問題として位置づけようとする思想や行動に抗して、私たちの<間>にある公共の問題としてとらえ直」そうとしている。そして、多義的な概念である自由を、著者はつぎのように定義する。「自由とは、人びとが、自己/他者/社会の資源を用いて、達成・享受するに値すると自ら判断する事柄を達成・享受することができる、ということを意味する(ただし、他者の同様の自由と両立するかぎりでその自由は擁護される)」と。

 本書は2部と「基本文献案内」からなり、「第Ⅰ部「自由概念の再検討」では、まず、近代の思想家が、「自由への脅威」をどのようにとらえてきたかを概観したうえで、現代において何を自由にとっての脅威と見なすべきかについて検討する」。「「自由の擁護」を主題とする第Ⅱ部では、自由を二つの次元-共約的次元および非共約的次元-に分節化し、それぞれの次元において自由はどのように擁護されるべきかを考察する。さらに、自己統治、安全といったトピックと関係づけながら、現代社会において自由を擁護することの意味を検討する。最後に、自由と公共性の関係を取り上げ、他者の自由を擁護する理由とは何なのか、そして、それを擁護する私たちの責任が何かをあらためて考えることにしたい」と、著者はまとめている。同シリーズの『公共性』の著者だけに、「自由」を「公共性」との関係で考えることによって、擁護しようとしている。

 「他者がその言葉や行為において現われる自由が奪われてはならない理由は、そうした政治的自由が剥奪されるならば、一つの「世界」が私たちの<間>から失われることになるからである。……他者の自由を擁護すべき最も重要な理由は、誰もがそれぞれ「他にない」自由を生き、生きようとするからであり……他者の自由は、私自身の利害関心を超えて、人びとが共有し、関心を寄せる「世界の自由」という観点から擁護される」と、著者が述べるのも、つぎのような背景が今日あるからだろう。「テロリズムへの恐怖が日々の生活に貼りつくようになったアメリカ合衆国では、治安権力に情報の収集、家宅捜査、外国人の処遇などに関して通常の法の支配を大きく逸脱するような権限を与えているし(2002年に制定されたいわゆる「米国愛国者法U. S. Patriot Act」……)、日本においても2004年に施行された「国民保護法」には、「武力攻撃事態」と定義される事態においては「国民の自由と権利に制限が加えられる」ことがありうる旨が記されている」。また、2006年4月には、組織的な犯罪にたいする「共謀罪」を新設する法案が審議入りした。

 アメリカ合衆国との関係でいえば、「自由貿易協定」に反対する中南米諸国の動きが活発になっている。かつて従属理論や世界システム論で語られた、近代の南北アメリカ関係ではなくなってきている。中央集権的な近代システムの考え方が、通用しなくなってきているからだろう。基軸通貨であるアメリカ・ドルを発行することによって、巨額の財政赤字を補うことのできるアメリカの経済力は確かに低下してきている。日本では、「ドル安円高」という表現がよく使われるが、このところドルはフィリピンのような経済力の弱い通貨にたいしてもドル安であり、円もドルにつられて安くなっている。円はフィリピン・ペソにたいして、この1年間で1割ほど安くなった。ほかのアジア通貨もユーロも、ドル・円にたいして高くなっている。アメリカと一緒に「自由」を唱えていると、知らないあいだに孤立しているかもしれない。ドルが基軸通貨でなくなったとき、「自由貿易協定」はアメリカにとっての「自由」ではなくなる。

→bookwebで購入

2006年05月09日

『歴史学入門』福井憲彦(岩波書店)

歴史学入門 →bookwebで購入



   本書評は、早瀬晋三著『歴史空間としての海域を歩く』または『未来と対話する歴史』(ともに法政大学出版局、2008年)に所収されています。


 本書は、著者福井憲彦が1997年から担当した放送大学「歴史学の現在」のために作成した教科書が基になっている。4年後に改訂新版を出し、本務校の学生を相手に講義して、学生の反応や感想文を参考にしているだけに、かなりこなれた教科書になっている。12回の講義を想定したつぎの題目を見ただけで、歴史学の基本と近年の歴史学の傾向がよくわかる。

  1 歴史への問い/歴史からの問い   2 証拠としての史料・資料   3 歴史の舞台としての環境   4 時間の認識と時代区分   5 歴史の重層性と地域からの視線   6 グローバルな歴史の捉え方   7 身体と病と「生死観」   8 歴史人口学が拓いた地平   9 人と人とを結ぶもの   10 比較というまなざし   11 政治と文化の再考   12 歴史と記憶または歴史と現在

 歴史学に自然科学のような共通する絶対的な基礎知識はないが、同時代資料である原史料を基本とすること、時代区分をつねに考えること、このふたつをはずすことはできないだろう。そのほかは、近年の優れた西洋史研究の成果を念頭におけば、以上のようなテーマをとりあげることができるということだろう。本書巻末の「参考文献」では、「西洋史関係を中心に」日本人によるものと翻訳物が仲良く並んでいる。

 日本の大学で「史学概論」といえば、西洋史の教員が担当するものと相場が決まっている。それが、日本における歴史学の大きな問題点だろう。日本史や東洋史の研究成果とをあわせて、歴史学という学問が構築されていないために、安直に西洋史研究の成果を基に「史学概論」を語ることになるのである。著者はそのことを充分に理解しているからこそ、いろいろと工夫をしている。しかし、著者の工夫にも限界がある。それは、参考にすべき研究成果が充分でない国や地域、テーマがあまりにも多いからである。

 たとえば、本書ではバリの写真を多用し、西洋と比較し、バランスをとろうとしているが、そのバリの歴史について知っている日本人はまずいない。本書でとりあげた文化の独自性は、1908年にオランダ植民地行政に組み込まれるまで、バリが外界から政治的に孤立していたことによる。もちろん、それまでオランダの植民地になどなっていない。いまのジャカルタにオランダ東インド会社が貿易根拠地をおいた1619年以来、バリを含む現在のインドネシアがオランダの植民地になった、と多くの日本人が勘違いしている歴史とは違うのである。ジャワ島でさえ、全島がオランダの影響下におかれたのは18世紀半ばのことである。

 本書にある「史資料の性格分類」は、実におもしろい。建築史とモンゴル史を専門にしている人に手を加えてもらったために、文献史料はわずか2行、準文献史料は3行しかない。それにたいして、非文献史料は30行近くになっている。文献史料を中心とした近代歴史学が語った歴史が、いかにほんの一部の史料を使っただけの成果であるかを如実に物語っている。そして、これまでの歴史が、いかに偏った見方しかできなかったかが、この分類を見るとよくわかる。ランケをはじめとする西洋史研究者が中心となって発展した近代文献史学からの訣別が、これからの歴史学の発展のための大きな鍵概念になることを示している。

 その意味で、本書の「1 歴史への問い/歴史からの問い」の「三 歴史と現在」は、E. H. カーの有名なことば「歴史とは現在と過去の対話である」を念頭においたものであろうが、これは近代に通用した進歩主義史観の概念で、先の見えない「未来への展望」も忘れてはならないだろう。本書評ブログでもとりあげ、本書の「参考文献」にも載っている入江昭『歴史を学ぶということ』(講談社現代新書、2005年)の結論、「歴史家としても、過去を共有するのみならず、将来をも共有する努力をすべきだ」というのが、日本の歴史研究者に欠けているように思える。

 もうひとつ気になったのは、「高等学校学習指導要領」の影響が感じられないことだ。そこには、世界史は「我が国の歴史と関連付けながら理解させ」、日本史は「世界史的視野に立って総合的に考察させ」と書かれてある。ともに、東アジア世界のなかでの日本を理解するよう指導している。この「学習指導要領」や高等学校世界史教科書では、「内陸アジア」という地域名称はあっても「中央アジア」という表現はない。にもかかわらず、大学入試センター試験や各大学の入試問題などでは、研究者が一般に使う「中央アジア」という地域名称が使われている。大学の歴史教育は、まず「高等学校学習指導要領」を踏まえてなされるべきだろう。高校の歴史教育との違いを明確に理解してもらってからでないと、そのギャップはあまりにも大きい。それにしても、なぜ違いが存在するのだろうか。その違いは必要なのだろうか。日本の歴史教育はなにか変だと感じているのは、わたしだけなのだろうか。

→bookwebで購入

2006年05月02日

『世界森林報告』山田勇(岩波新書)

世界森林報告 →bookwebで購入



   本書評は、早瀬晋三著『歴史空間としての海域を歩く』または『未来と対話する歴史』(ともに法政大学出版局、2008年)に所収されています。


 フィールドワークをしていると、世界各地で観光開発を目の当たりにし、現代においていかに観光産業が大きな存在であるかを、否応なしに思い知らされる。なかでも、最近の流行が「エコツアー」だ。かつては冒険・探検家やその道の研究者しか入らなかったような場所にも、普通の観光客がいることがある。しかし、観光客の存在そのものが、「環境破壊」に繋がることだってある。生半可な「研究者」の調査も、同じく悪影響を与えることがある。いっぽう、本書のようなテーマでは、地球規模でできるだけ多くの土地を見てまわることがいかに重要であるかが、本書を読むとよくわかってくる。

 著者の山田勇は、40年間にわたって「地球を縦横に歩いてきた生態学者」である。著者は、本書で、「ごく最近、ごく身近に起こった森の変化を中心に、世界の森の現状がわかるように書いてみたい」という。その背景には、「今、世界中の生態系が劣化しているが、その中でも森の状況は際だって悪い。そして森が攪乱を受けると、その姿はもろに人目にさらされる。重金属汚染のように深く静かに潜行するのではなく、誰の目にも明らかな惨状が世界のあちこちで見られる」という状況がある。森の役割も変わってきている。「かつて森は木材という生産物を得る場であった。しかし最近は、森の価値が大きく変わり、人々にとって生産よりも憩いの場としての意味合いが強くなった。そしてエコツーリズムという新しい観光の形態が、世界中の森で見られるようになった」。著者は、読者が「世界の森が今どういう状況にあるかを知り、今後どのような方向を目指すべきかを考えるきっかけとなる」ことを期待している。

 森の現状を理解する旅は、著者の専門である東南アジアに始まり、北アフリカ、ラテンアメリカ、中国、さらにヨーロッパとアフリカを駆け足でめぐって終わる。本書の帯にあるとおり、「地球一周 エコツアー」ができる。それぞれの国や地域の実情、人びとの考え方によって、守られている森もあれば、無惨な姿を晒している森もある。破壊の激しい東南アジアでは、「熱帯林が伐採の対象となったのは、第二次世界大戦後、熱帯圏の多くの国々が旧宗主国から独立し、自前で国家を運営していく必要が出てきて」、「もっともてっとり早く稼ぐ方法は、自分たちの国に普通に生えている木を伐って売ること」だったという。そして、「莫大な量の木材が主に日本へ送られた」。著者は、「いま、東南アジアの大都市にある多くのこうしたビル群は、熱帯雨林の伐採と引き替えによって築かれたものだと言っても過言ではない」と言い切る。そのことに、日本や東南アジアの都市に住む人のうち、どれだけの人が気づいているだろうか。

 「この半世紀の間にズタズタになってしまった」東南アジアの熱帯雨林にたいして、石油を産する豊かな国であるベネズエラでは、「アマゾン地域に何重にも法のアミをかけてここを閉鎖した。国立公園や自然保護区、先住民地区など、さまざまな保護地域をつくって厳重に保護することにしたのである」というホッとすることも紹介されている。しかし、局地的な保護では、どうしようもない状況になってきていることが、本書からわかった。「二〇世紀の後半ほど森に住む人々の人権問題が世界の話題になった時代はな」く、著者が調査に行った先々で、「自分たちの生活を守ってくれと訴える人々がいた」。「そして今、二一世紀に入って問題は解決したかのように見えるが、どうしてどうして、何ひとつ解決はせず、ますます混迷を深めている」というのが著者の現状認識だ。

 ボルネオ島のクチンから同島のインドネシア領のポンティアナクに向かう途中、豊かな熱帯雨林の向こうに雲の合間から山々が見えた。森の神様が住んでいるとしか思えない風景だった。タイ北部チエンマイからミャンマーとの国境に近いメーホーンソーンに飛んだとき、途中まったく森しか見えず、人が住んでいる形跡がまるでない景色がしばらく続いた。森と共生できる人以外は、立ち入ってはいけない世界があると感じた。著者のようにだれでもが、世界各地の森を見ることができるわけではない。また、森の存在意味がわかるわけでもない。本書によって、地球規模での問題が見えてくると、安易な「エコツアー」に参加できなくなる。「エコツアー」や生半可な「調査」を、どう自分自身の生活や調査に役立てるか、森の存在を日常的に感じることからはじまるだろう。

→bookwebで購入