2016年07月26日

『日本の戦争と宗教 1899-1945』小川原正道(講談社選書メチエ)

日本の戦争と宗教 1899-1945 →紀伊國屋ウェブストアで購入

 「「殺生」を禁ずるはずの宗教が、戦争、そして戦争協力を正当化するに至った論理とは」なにか。著者、小川原正道は「あとがき」冒頭で、つぎのように述べている。「ここで扱ったおよそ半世紀の戦争と宗教の関係について、特色として挙げられるのは、宗教勢力と軍との、いわば「相互依存」の関係である。宗教勢力は中国大陸での布教権が中国政府によって認められていない以上、中国側の反対を受けずに布教するには、日本の実効支配地域で活動を展開するしかなく、その場合、「支配」している陸軍の「了解」や「便宜」が必須となる。軍の行動に追尾するようにして宗教勢力がその教線を拡大していった大きな背景が、そこにある」。

 たとえば、浄土真宗本願寺派は、1937年7月7日に盧溝橋事変が勃発すると、「本山末寺総力を挙げて、戦没者の法要を営み、慰問品を集め、時局講演をし、遺族を援護し、軍資を献納し、そこに陸海軍、そして宗教を所管する文部省が権威を与え、さらにこれを報道し批評する新聞社が世論という彩りを添え」て、総動員体制で臨み、戦争を否定できなくしていった。

 本書は、プロローグ、全5章とエピローグからなる。全体の大きな流れを、著者はつぎのようにまとめている。「叙述の対象とするのは、基本的に二十世紀に起こった満州事変以降の日中戦争、太平洋戦争期の戦争と宗教の関係であるが、日露戦争と満州事変とのあいだには、日本が関わった戦闘そのものは小規模であったものの、その後の戦争と宗教の問題を考えるうえで重要な問題をはらんでいる。第一次世界大戦(一九一四~一九一八年)が横たわっており、この戦争と宗教との関係についても論じていく。冒頭では、二十世紀の戦争と宗教の問題を考える基調となる、二十世紀前後の日本政府の宗教政策について概観する。それが日露戦争でどう変容し、さらに第一次大戦で宗教界にとってどの点が問題となり、そこで積み残された課題が、満州事変以降の戦争と宗教の関係を考えるうえで、どのようなしこりとして底流していくのか、というのが、本書の大きな潮流である」。

 本書の特徴について、著者はつぎのように3つ挙げている。「第一に、宗教横断的な研究である、ということである。これまで、主に宗教者自身や、宗教系大学の研究者がこうしたテーマに取り組んできたこともあって、その成果は宗教、宗派ごとに分かれて公にされることが多かった」。「そこで筆者は、宗教横断的な執筆のスタイルを取り、それによって、同時代において各宗教、各宗派に共通して見られるもの、あるいは異質なものなどを抽出してみたいと思う」。

 「第二に、時代連続的な研究である、という点である。戦争と宗教の問題を考えるとき、一般的に念頭に置かれるのは、満州事変以降の、いわゆる「十五年戦争」期であった。これまでの研究成果についても、圧倒的にその時期に集中している。それはその時期に展開された戦争の規模も、犠牲者の数も、戦争協力の規模も以前にくらべて圧倒的に大きく、かつ、戦後という我々の生きている時代に直結しているといった意味で、当然のことであったろう。しかし筆者は、先述したように、この時期の戦争協力の枠組みは、すでに明治期、その一部は戊辰戦争の時点で、形成されていたと考えているし、明治期の戦争と昭和期の戦争のあいだに横たわる大正期の戦争、すなわち第一次世界大戦も大きな意味を持っていると感じている。明治期に奏でられた「前奏曲」が、第一次世界大戦を経て、どう「交響曲」として展開していったのか。その時代連続的な視座をもって、二十世紀の戦争と宗教の関係をとらえていきたい」。

 「第三に、政治学的な研究である、ということが挙げられる。筆者は宗教学者でも宗教社会学者でもなく、政治と宗教との関係を考察する政治学者である。必然的に、宗教の動向はもとより、これと深く関わった日本政府、日本軍、満州国政府などの政策に、大きな関心を払うことになる。戦争協力の問題を考える場合、宗教側が「加害者」なのか、「被害者」なのか、という点が、これまで多く論議されてきた。その是非はともかく、宗教側が加担したのか、あるいは政府や軍が利用したのかといった点を明らかにするためには、政府や軍がどう宗教をとらえ、これを利用する、あるいはしない、といった選択をしていったのかを明らかにしなければならない」。

 ここで問題となるのは、神道であり、靖国神社の存在である。もちろん、神道も靖国神社も認めず「殉教」した信者もいたが、多くの仏教徒やキリスト教信者は、神社参拝をし、靖国神社に祀られることを拒否しなかった。宗教とは別格の存在としたわけで、靖国神社に祀られるということが恩給の受給者になることと同義であったことも無関係ではない。戦後単立宗教法人となったが、たんなる神社ではないことは、国家間の対立の原因になっていることからも明らかである。まさに、本書のタイトルに「戦争と宗教」だけでなく「日本の」が付け加わったのは、その別格ゆえであり、「日本信仰と西洋思想との戦いである」からである。

→紀伊國屋ウェブストアで購入

  《 前へ