2016年05月31日

『シンガポールの基礎知識』田村慶子(めこん)

シンガポールの基礎知識 →紀伊國屋ウェブストアで購入

 こういう概説書は、とてもひとりの研究者の手には負えないので、数人であるいは辞書的に細分化して数十人で分担して執筆することになることがある。それぞれの専門性が高くなり、間違いも少なくなる。ところが、一貫性がなく、重複したり欠けた部分が出たりして、全体像がよくつかめないことになったりすることもある。本書はひとりの研究者によって書かれ、著者のマクロとミクロの両方の理解力が高く、安心して読むことができた。ナショナル・スタディーズも悪くないと感じてしまった。それは、シンガポールという人口数百万、面積710平方キロで、東京23区の619平方キロより少し広いだけの小さな国で、研究も比較的すすんでいるためかもしれない。

 本書は9章とコラム「シンガポールの10人」からなる。まず最初の「1シンガポールはどんな国か」のつぎの7つの見出しで、イメージをつかむことができる:「豊かで安全な都市国家」「交通渋滞の少ない国」「外国人の多い国」「シンガポールの魅力」「英語が通じる国」「成長する経済と国土」「「移民社会」独特のおもしろさ、楽しさ」。

 この発展する近代都市国家の「影」の部分は、「8発展の「影」」「9社会の変動」で語られているが、それまでの発展は「あとがき」で、つぎのようにまとめられている。「世界特にアジア各地からやって来た移民たちの雑多でまとまりのない社会を、国家がその基本計画に基づいて創り変え、この都市国家の風景も雰囲気も大きく変貌させたからである。土地のほとんどは国有地となり、工業団地と公団、高層のオフィスビルがあちこちに建てられた。国民がどの言語を話すのか、どこに住むのか、どんな住宅を選ぶのか、誰が隣人になるのか、子どもは何人が望ましいのかまで、すべて国家が決定した。その過程には国民の意思は入っていないし、異論をとなえることもほとんど認めなかった」。「シンガポールは社会が国家を創ったのではなく、国家が社会を創ったのである」。

 そんな「強い力を持つ国家がすべてを決定するという時代は、もう終わりに近づいている」と著者は言い、つぎのように今後を展望している。「もはや国民は経済発展の恩恵を皆が等しく受けているとは思っていない。所得格差と社会階層の固定化、大量の外国人流入、少子高齢化などシンガポールが抱える数々の深刻な問題に国家は処方箋を示せず、二〇一一年総選挙では与党の得票率は史上最低となった。支持率回復のために国民の意見に耳を傾けざるをえなくなり、二〇一五年総選挙で支持を回復したものの、もし以前のような強引な政権運営を行えば、国民の指示はまたすぐに離れていくだろう」。「国家が国民の支持をつなぎとめるために試行錯誤する一方で、国家のデザインに従うのではなく、自分たちが望む社会を創ろうと活動を始めている若者もいる。社会が国家を創るという新しい動きがこの国でようやく始まっている」。

 シンガポールの新しい時代への動きは、国民国家を中心とした近代から離脱しようとしている現代社会にとって無関心ではいられない。日本も例外ではなく、とくに都市の自立性、自治という問題と大きくかかわる。地方自治の問題では、地方が取りあげられることが多いが、都市と地方のバランスの問題を考えるとき、都市の自立性のうえに地方自治を考えることが必要だろう。地方のないシンガポールは、都市の自立性を考えるひとつのモデルになる。

→紀伊國屋ウェブストアで購入

  《 前へ