« 2010年03月 | メイン | 2010年08月 »

2010年06月26日

『知能の原理:身体性に基づく構成論的アプローチ』R・ファイファー&J・ボンガード(共立出版)

知能の原理:身体性に基づく構成論的アプローチ →bookwebで購入

「身体性と結びついた知能」

本書は、知能を「身体性」との関わりから問おうとする研究書である。著者たちは、思考が行われる場を脳の外に、具体的には、身体と環境の接面において見ようとする。彼らによれば、空間的認知や社会的認知はもちろん、(これはジョージ・レイコフの仮説だが)数学の実数や集合の概念さえも、身体性と無縁ではいられない。身体と環境の相互作用抜きでは、実は、認知的なカテゴリも成立し得ないというわけだ。そのような観点から、著者たちは、特に近年のロボティクス(ロボット工学)の知見に目配りしながら、知能の新しいありかを探ろうとしている。

わかりやすいところで言えば、たとえば、昆虫の歩行においては、脚の動きを全面的にコントロールする中枢が存在しない。にもかかわらず、昆虫がスムースに歩くことができるのは、昆虫は、周囲の環境と生体の構造から来る物理的拘束をうまく利用して、脚と胴体の運びを自然と制御しているからだ。身体と環境の自動的な相互作用・調整作用をあてにする、この種の「チープデザイン」が、情報処理のコストを大幅に押し下げている。著者たちが「知能」を見出すのは、まさにこの地点においてである。すなわち、生態学的ニッチの「拘束」を前提にしつつ、それをうまく再利用して多様な形態を創発することが、「知能」の証とされるのだ。石やガスバーナーの炎に知能はなくても、アリや蝶には知能がある。なぜなら、そこには身体と環境の相互作用のなかで、当初の制約をポジティヴに活用する運動が認められるからだ……。このとき「知能」の有無は、たんに計算力の高低によって見定められるものではなくなっている。

現実的に人工知能をつくる際にも、サイモン=ニューウェル流の古典的な人工知能理論に倣って、トップダウン式にあらゆるパターンを想定していては、計算量も膨大になるし、不測の出来事が起こればたやすく停止してしまう(ここからいわゆる「フレーム問題」が導かれる)。それに対して、知能の定義自体を拡張することを通じて、現実的に実現可能性を備えたエージェントを「設計」することが、著者たちの関心事なのだ(そこでは、フレーム問題におけるメタレベルの無限背進という課題が、身体という物理的存在によって制約されることになる)。さらに、この身体性の重視は必然的に、人間、動物、昆虫、ロボット……のあいだの境界を壊すことにもなるので、我々の世界観にとっても重要な意味合いを持っていると言えるだろう。

では、この新たなパラダイムにおいて、優れた「知能」とはどういうものなのだろうか?たとえば、著者たちが考える「知能」には安定性や冗長性の問題、すなわち多少のエラーがあったとしてもうまく修正し対処するという能力が含まれる。その観点から、たとえば身体を「サブシステムの並列状態」として捉えることが可能となるだろう。身体は、視覚や触覚が相互に機能的にオーヴァーラップしているので――よってたんなる分散状態ではない――、その異なる感覚どうしの組み合わせによって新しい未知のシチュエーションにも十分に対処することができる(120頁)。早い話が、新しい状況において、ある部分がダメになっても、別の部分で替えがきくことが、知能にとって重要なのである。

僕はこのくだりを読んで、二人の思想家を思い出した。一人は、かつて「ツリー」に対して「セミ・ラティス」を称揚した建築家クリストファー・アレグザンダーである。アレグザンダーもまた、「オーヴァーラップ」がそこかしこで生じている構造を評価した。ツリー構造は、超越的な一点に他のすべての点が繋留されるので、中枢にダメージが生じればすべてがダメになるし、柔軟性にも乏しい。しかし、セミ・ラティス構造においては、ある要素はつねに複数の集合に所属しているので、どこかにエラーが生じても全体は何とか維持されるだろう。こうしたオーヴァーラップを重視する点で、アレグザンダーの言うセミ・ラティスは、たんなるカオスや自然生成を意味しない。それはむしろ、ツリーとは異なる構成的デザインを推奨する原理である。自然と人工の「あいだ」を志向する態度と言ってもよい。

もう一人は、GUIの父アラン・ケイの教育論である。従来のピアジェ流の心理学で言えば、幼児における「見る」段階から「シンボル」段階への移行は直線的で、一度成長が完了すれば、古い段階は用済みということになる。それに対して、アラン・ケイの議論では、ある段階から次の段階への移行と見えるものは、たんに力点が変わった結果にすぎない。この議論では、いくつかの段階が直線的に並ぶのではなく、むしろ諸段階が並列化され、局面に応じてそのつど支配的な感覚が変わるようなものとして捉えられている。アラン・ケイはこうした認識を、コンピュータと教育の問題に結びつけた。

むろん、以上のアレグザンダーやアラン・ケイの議論は、ロボティクスと直接の関わりはない。しかし、いずれも確実性よりは信頼性を――言い換えれば、理性的には計算不可能な状況を、進化のプロセスのなかで適当に再配置=再結合してやり過ごすことを――志向するところに、ある共通項を有している。ここには、一つの認識(エピステーメー)の雛形があると言ってもいいだろう。本書が興味深いのは、人工知能の問題を手がかりにして、まさにその認識の型が示されていることである。

→bookwebで購入

『上原正三シナリオ選集』上原正三(現代書館)

上原正三シナリオ選集 →bookwebで購入

「特撮のパトリオティズム」

脚本家・上原正三は、日本の特撮の歴史を語る上で不可欠の存在である。上原は、円谷プロダクション制作の『帰ってきたウルトラマン』でメインライターを務めた後、いわゆる「戦隊モノ」の草分け的存在にあたる『ゴレンジャー』や『サンバルカン』に参加し、『ゲッターロボ』をはじめロボットアニメでも活躍を見せ、さらに1980年代には『宇宙刑事』シリーズ(ギャバン、シャリバン、シャイダー)の脚本を手がけるなど、きわめて多彩な活動を続けてきた。本書は、その上原の膨大なシナリオのなかから、特撮以外のドラマの脚本も含めた50本を精選したものである。そのなかには、たとえば『ウルトラマン』の前身に当たる『レッドマン』の準備稿や、『ウルトラセブン』の有名な未制作エピソード(トーク星人の回)なども含まれ、資料的な価値も高い。

本書の編集において特徴的なのは、沖縄出身という上原の出自が非常に強調されていることである。上原は那覇から上京して(当時まだパスポートが必要だった)、中央大学に入り、卒業後に同じく沖縄人である金城哲夫の誘いを受けて、円谷プロダクションの作品の脚本を手がけるようになる。そして、1970年代以降の幅広い活躍を通じて、日本の特撮の世界では有数の脚本家として知られるようになるのだ。そして、こうした人生経路においても、上原は沖縄人・琉球人としての立場を決して忘れることがなかった。付属のDVDに収録されたインタビューでも自身の沖縄アイデンティティへのこだわりが語られているが、それは凄味すら感じさせるものであり、70歳を越える年齢を感じさせない。

とはいえ、僕にとって興味深いのは、そのような強烈なパトリオティズム(愛郷心)が、実作においてたえず「横ずれ」を含んでいたことである。特に『帰ってきたウルトラマン』は、先行する『ウルトラマン』や『ウルトラセブン』が近未来を舞台にしていたのと異なり、1970年初頭の東京というリアルな地平に舞台を定めていたこともあって、公害や差別などの社会問題がかなり明示的にとりあげられている。そこでは、パトリオットとしての上原の情念は、ときに東京に暮らす市井の人間である坂田健(岸田森)と坂田アキ(榊原るみ)の兄妹に(グドンとツインテールの回)、またときに、凄惨な差別を受ける在日朝鮮人を思わせる宇宙人に(メイツ星人とムルチの回)、それぞれ託されていた(いずれの回も、本書に収録されている)。ただ、その一方で、ウルトラマンシリーズで、沖縄が明示的に主題にされることはたえてなかったのである。

すなわち、上原や金城が持っていた沖縄人としてのパトリオティズムは、宇宙人と怪獣が暴れまわる奇怪な世界に移されたことによって、一度土着性を喪失している。「いったい何が守るべき対象なのか」「何が正義なのか」という根本的な問いは、当の守るべき対象が抽象化されることによって、しばしば行き場をなくしてしまう。そもそも、初代ウルトラマンからして、ほとんど何の明示的理由もないまま、なぜか怪獣と闘ってくれる謎の宇宙人に他ならなかった(なお、この浮遊感は、明示的な「悪の結社」を用意していた『レッドマン』準備稿との対比でよりはっきりするだろう)。ウルトラマンの「正義」は何に向けられているのか、それは実は誰にもわからない。だが、この浮遊感や抽象性がかえって、作品と視聴者のあいだに奇妙な一体感を成立させていたのだ。

そして、この「パトリオティズムの横ずれ」は、後の文化にも影響を及ぼしている。たとえば、若い頃の庵野秀明たちが『サンバルカン』や『帰ってきたウルトラマン』などをパロディ化したフィルム――それは同時に、おそろしく真剣なパロディでもあったわけだが――を制作したのは有名な話だが、なかでも『愛國戰隊大日本』は「ネタとしてのパトリオティズム」の極致のような作品であった。本土に翻弄された沖縄の人間である上原正三が、東京を怪獣から防衛する特撮作品の脚本を手がけ、さらにその洗礼を受けた若い世代が1980年代には「大日本」や「愛国」というシミュラークルに到る……。ここには、何とも倒錯的なねじれ現象があると言えるだろう。

かく言う僕自身、まさにその1980年代、上原が参加した特撮作品に骨の髄まで侵食されながら、幼少期を過ごしていた。当時の僕にとって、新ウルトラマンやシャイダーは熱狂的な崇拝の対象であり、また同時に、超人であるのにどこか不安定さやヴァルネラビリティ(脆弱性)を感じさせる姿には、奇妙に欲望をかきたてられたことを覚えている。今、それらの作品のシナリオを読むにつけ、いったい自分はなぜこのような謎の「ヒーロー」たちにかつて惹かれ、今なお惹かれ続けているのかを、そしてこの種の特撮に今も相変わらず多くの子どもが(いや大人も!)ハマってしまうのかを、改めて考えざるを得なかった。無論、そこに確定的な答えは出ないだろう。だが、少なくとも本書からは、それらの作品の背景にいかなる政治的現実があり、そこに作り手のいかなる思いが託されていたのか、そしてそれがどのように土着性を欠いたヒーローものに変換されていったのかという過程を窺い知ることができるはずである。

何にせよ、日本のサブカルチャーの持ついわば「浮遊したパトリオティズム」を考える上で、上原正三の存在は避けて通れない。上原正三や金城哲夫という沖縄人を介して、日本の特撮とサブカルチャーの歴史は大きく変動した。本書のアーカイヴは、そのような歴史をたどる上で必須の資料だと言えるだろう。




→bookwebで購入