« 2014年03月 | メイン

2014年04月17日

『An Appetite for Wonder 』Richard Dawkins(Ecco Pr)

An Appetite for Wonder →紀伊國屋ウェブストアで購入

「リチャード・ドーキンスの「Selfish Gene」までの伝記」

イギリスの進化生物学者リチャード・ドーキンスを知ったのは、僕がボストンにある大学に通っていた時だった。
必修科目のひとつとして取った生物学のクラスで与えられた必読書の1冊が彼の書いた「The Selfish Gene(利己的な遺伝子)」だった。

動物や生物の進化を「種」が進化するというのではなく「遺伝子」レベルの闘いとしたこの本は僕に衝撃を与えた。

「Survival of the fittest(適者生存)」の争いが人間全体というどこかぼんやりしたものではなく、親あるいは気の遠くなるような遥か昔に存在した「先祖(哺乳類動物やそれ以前)」から今の僕に受け継がれた遺伝子レベルの闘いだと語りかけられ、進化という過程が一気に皮膚感覚で感じるものとなったのを憶えている。

長い旅をする遺伝子にとって僕の身体は「乗り物」であり、僕の判断の多くは僕の中の遺伝子をいかに有利な形で次の世代(次の乗り物)に渡すかにかかわっていると読み「なるほどな〜」と納得するものがあった。

行動を起こす時はコストがかかるが、遺伝子がそのコストを支払ってもよいとした時に人は行動を起こす。この考え方は、画期的だったと同時に何故僕がある種の行動を起こし、ある種の行動を起こさなかったかの答えともなった。

少し大げさに言えば、僕の人生の見方を変えたというか、はっきりさせてくれたのがドーキンスの「The Selfish Gene」だった。

そのドーキンスの自伝「An Appetite for Wonder」が出版されたと聞き、バーンズ&ノーブルですぐに購入。サイン入りのエディションがあったので、サイン入りの1冊を買った。ドーキンスのサインが本の最初のページにあり、とても嬉しい思いをしている。

ドーキンスは1941年にケニアのナイロビで生まれた。ドーキンスの家系はアフリカのイギリス領でイギリス政府に属する職業(軍人や研究者)についてきた家系だった。

父親のジョンも軍人で第2次世界大戦ではイタリア軍と戦った。しかし43年に彼は軍を退きマラウイの農政部の職員となった。

ドーキンスはアフリカで幸せな生活を送り、イギリスのプレップ・スクールを手本にした寄宿学校に通った。そして、ドーキンスが8歳の時に家族はイギリスに戻り、ドーキンスは父親も通ったプレップ・スクールであるシャフィン・グローブに入学した。

ドーキンスのシャフィン・グローブの思い出は、イギリスの寄宿舎制プレップ・スクールでの生活の様子が分かって面白い。学生たちは毎朝、起きるとすぐに真っ裸で冷風呂に入らなければならない。また、体罰は日常的なもので、アフリカの学校では物差しで打たれたが、シャフィン・グローブでは校長が2本の杖で学生を叩いた。2本の杖の1本は「Slim Jim」という名前がつけられ、もう1本は「Big Ben」だ。罰はその悪さにより3回から6回、杖で叩かれるというもの。ドーキンスは「Slim Jim」で叩かれたことしかないが、それでも充分痛かったという。

この本を読んでイギリス人は物に名前をつけるのが好きな国民だと思った。人々は家に名前をつけ、杖に名前をつけ、車には「Grey Goose(ツーリングカー)」や「 James(スポーツカー)」などの名前をつけていることが分かる。

シャフィン・グローブではいじめもあったようだ。ドーキンスはいじめを止めようとしなかった。彼は当時の自分を振り返り、今も罪の意識を感じているが、自分に対する疑問も残っている。その疑問とは、いじめを受けていた仲間に対し同情心を持っていなかったことだ。心の中を探っても、外には出さない秘めた同情心もなかったと言う。何故そんなことが可能なのか、彼の疑問は解決されないままだ。

ドーキンスはピアプレッシャーのこともこの本で語っている。

「Peer Pressure among schoolchildren is notoriously strong. I and many of my companions were abject victims of it. Our dominant motivation for doing anything was peer pressure. We wanted to be accepted by our fellows, especially in influential natural leaders among us; and the ethos of my peer was ---unti-intellectual.」

仲間内では持ち前の能力は賛美され、努力は見下されたという。そのためドーキンスはなにをやるにも実際よりも努力をしていないように振る舞った。スポーツの評価は高く、トレーニングをせずにいきなりスポーツで優秀な成績を上げるのが最高とされた。いまドーキンスは問いかける。「持ち前の能力」と「努力」のこの評価は反対であるべきではないのか。人間のこの心理は進化心理学者にとって興味深い質問だろうと言う。

遺伝子レベルでこの現象を見てみると、遺伝子はこれからもっと優れた個体になる可能性よりも、すでに優れたものを持つ個体(それ以上優れた個体にならない可能性もある)を選んでいることになる。何故、優れた個体になろうとする性向は低くみられるのだろうか(何故、努力はダサイのだろうか)。

話をドーキンスの経歴に戻すと、ドーキンスはオルドン校を経て、オックスフォード大学のベリオールカレッジに入学した。

オックスフォード大学では動物学を専攻。オックスフォード大学で一番良かったことは、優れた教授とのチューター・セッションだったと言う。これらのセッションではテスト勉強や講義から離れ、哲学的、理論的な議論をした。

そして、ドーキンスはオックスフォード大学が購入した当時最新のコンピュータを使い、自分の研究をコンピュータ上に移す作業に熱中していく。夜を徹してコンピュータに向き合ういわゆる「Geek」となっていった。

彼が「Selfish Gene」を書くきっかけとなったのが、1973年にイギリスで起きた炭坑労働者のストライキだったという話も面白い。このストライキのため、イギリスでは電力が足りなくなり、電気を使える日が制限され、使える日でも電気が落ちた。

ドーキンスは仕方なく研究を一度休みにし、本の執筆に時間を使うことにした。これが、僕が学生の頃に手にした「Selfish Gene」誕生のきっかけとなった。

この「An Appetite for Wonder」は「Selfish Gene」出版までの自伝で、2年後には続編となる自伝が出る予定だという。

ドーキンスは、もし何も大きなことが起こらずに、人生が無事に送れればこの出版は可能だと言っている。僕の方も、ドーキンスの続編を2年後に読むことができればきちんと人生を送れた証拠となるだろう。


→紀伊國屋ウェブストアで購入

2014年04月06日

『How Children Succeed 』Paul Tough(Mariner Books)

How Children Succeed →紀伊國屋ウェブストアで購入

「成功を導く子供の「性格」」

アメリカで子供はどう育てられているのか。この興味深い質問にひとつの答えを出しているのがこの『How Children Succeed』。書き手はニューヨーク・タイムズ・マガジンのポール・タフ。
ニューヨークで実際に子育てをしている僕の経験に照らし合わせると、アメリカの子育てはいわゆる「Cognitive Hypothesis(認知仮説)」文化が主流で、僕たち家族もこの文化のなかでいま実際に子育てをしている。

Cognitive Hypothesisを一口に言うと、勉強ができる子供を育てたいのなら、勉強を技術として、出来るだけ早くから、出来るだけ多く、子供に教えるというもの。特に3歳までにそれを行うことが重要だとしている。

この考えのもと「0歳から3歳」までの教材であるベイビー・アインシュタイン、あるいはそれ以降の子供向けの、DVD、絵本、そのほかの教材がニューヨークには(多分アメリカ中にも)溢れている。

僕たちもベイビー・アインシュタインのDVDを買い、アルファベットの絵本を買い、文字と絵がついた積み木を買った口だ。

Cognitive Hypothesisはある程度納得できる理論だ。例えば、夏休みに40冊の本を読んだ子供は4冊しか読まなかった子供と比べると、リーディングの力がつくだろう。

貧しい家庭の子供と豊かな家庭の子供を比べると、貧しい家庭の子供はこのトレーニングが少ない。そのため貧しい家庭の子供は学業において不利となる。

これは、ひとつの仮説だ。

Cognitive Hypothesisの中には、違った説もある。

その説によると子供の学力の違いは、ただひとつの要素で決定されるという。その唯一の要素とは親から子供が幼年期に聞く言葉の数。この説を唱える研究者たちによると、経済的に豊かな家庭で育つ子供は親から約3000万の言葉を聞き、貧しい家庭の子供は約1000万の言葉しか聞かない。そのため、貧しい家庭の子供は学業において不利となる。

そして、学業において不利な子供は人生でも成功する確率が低くなる。

Fair enough.

これはとても分かり安い仮説だ。入口での材料を多くすれば、出口での量も多くなるという理論だ。
しかし、この数年注目を集めているもうひとつの仮説がある。それはNoncognitive Hypothesis(非認知仮説)。

これは、学力の向上は、子供の脳にどれだけの情報を送り込むかが問題ではなく、子供にそれとは違った力の発達を促すことで決まるとする説だ。

その違った力とは、忍耐力、自己管理、好奇心、自尊心などというものだ。心理学者はこの力を「個の特性」と呼び、研究者はこれを「非認知的スキル」と呼ぶ。僕たち一般の人間はこれを「性格」と呼ぶ。

『How Children Succeed』は「子供に与える情報の量」というはっきりとしたものでは計れない、この「性格」あるいは「非認知的スキル」がいかに形成されて、それがいかに子供の学業、ひいては人生に影響を及ぼすかについて語った本だ。

例えば、子供時代に受けるストレスの話がある。

子供時代のストレスは後の思春期や大人の時代に悪影響を及ぼすという。人は物事が自分のコントロール外にあり、物事の進む道が自分の力が及ばないところにある時にストレスを感じる。

家庭内の子供のストレスは社会的な問題と考えられがちだが、生物学レベルの話だとこの本は説いている。

ネズミのテストで、子供を親から離しストレスを与えたあと、再び一緒にすると子供を舐めたり毛繕いをしたりする母親と、あまりしない母親がいた。その子ネズミが大人になりその行動を調べると、母親から毛繕いを受けたネズミは知らない環境によく適応し、迷路での成績もよく、自己管理が利き、攻撃性も低く、健康で長生きだった。

ネズミの母親を生まれた時に取り替えて実験し、その結果、この効果は生みの母親ではなく(つまり遺伝的なものではなく)、育ての母親の行為により決定されると分かった。

60年代から70年代の研究でこれは人間でも同じで、自分の感情に応える母親を持った子供は、自立心が高く、「Secure Base(心の安全基地)」を持っているため、違う世界にも出て行くようになるという。

この「性格」の影響は、母親が毛繕いをすると 子ネズミのDNAレベルでケミカルが変わることで証明されている。つまり、「性格」は遺伝ではなく、個が獲得できる特性なのだ。

50年代のアメリカでの親に対するアドバイスは、子供が泣いた時には「あまやかさない」ために、抱き上げたりしないようにというものだった。それが子供の自立心を育てるとしていた。それが60年代から70年代のこの研究で変わったという。 


この本では、学業ひいては人生では、知能の高さより、失敗をしてもまた挑戦をしていく子供、自己管理ができる子供、好奇心がある子供が成功していくという。つまり、「知能」よりも「性格」の方が成功の鍵を握るのだ。

また、著者はIQテストでの「M&M テスト」を紹介している。これは、IQテストを受ける子供に、ひとつの正解に対して一粒のM&Mを上げると、何もあげない時よりもIQが平均して12ポイントも上がったというもの。

つまり、もし子供の勉強にうまく動機づけができれば、その子供はよりよい成績を上げることができるということだ。

この本では紹介されていないが、学生が目標の成績をあげそれを維持すれば、その学生にお金をあげる学校がアメリカにはある。このやり方は、一方からは「賄賂」を受けて育つ学生がどんな人間になるかを危惧する声も上がっている。

また、学生のモチベーションをあげる優れた先生にボーナスを支払う制度を採用している学校もある。

学生のモチベーションをどう上げ、それを維持するかにはまだ明確な答えは出ていないようだ。

このほかにも、この本には様々な研究成果が紹介され、後半の章ではジャーナリストの著者が学生の現状をフィールドスターディ的に紹介していて、アメリカで子育て中の僕にはそこはかとなく興味深い本だった。



→紀伊國屋ウェブストアで購入