« 2013年03月 | メイン | 2013年05月 »

2013年04月24日

『The Great Gatsby』Scott Fitzgerald(Scribner)

The Great Gatsby →紀伊國屋ウェブストアで購入

「ディカプリオ主演の映画となるアメリカの傑作」

この5月10日にレオナルド・ディカプリオ主演の映画「The Great Gatsby」がアメリカで封切られる。監督はバズ・ラーマン。ディカプリオとクレア・デーンズが共演した「ロミオ+ジュリエット」と同じ監督だ。
サウンドトラックはJAY-Z、ビヨンセ、will.i.amなどが担当し、見逃せない映画となっている。3D版もあるようで、観るならやはり3Dかな〜と今から楽しみだ。

映画の原作となっているのは、もちろんスコット・フィッツジェラルドの「The Great Gatsby」。

最初に発行されたのは1925年4月10日。当時の発売価格は2ドル。初版部数は約2万1000部だった。

フィッツジェラルドは、1920年にスクリブナーより発行されたデビュー作『This Side of Paradise』で一躍時代の寵児になった作家だ。1922年から24年まで、ニューヨーク州ロングアイランドのグレートネックに住み、中古で買い求めたロールス・ロイスを乗り回し派手なパーティを開いた。すでに出版社からの前借りで借金の生活が始まっていたが、1920年のデビューからヨーロッパに移住を決める1924年まで、ニューヨークは彼にとって輝きを放つ街だったに違いない。
 
『The Great Gatsby』はそんなロングアイランドでの生活のなかで書き進められ、彼が移住を試みたヨーロッパで推敲された作品だ。小説の舞台となっているロングアイランドのイースト・エッグとウェスト・エッグは実在の場所ではなく、それぞれマンハセットと彼が住んでいたグレートネックの町がモデルとなっている。

ロングアイランドには僕自身も4年間住んでいたので、マンハセットやグレートネックなどは馴染みのある町だ。

ところで、僕は現在のスクリブナーの編集者であるチャールズ・スクリブナー三世に会ったことがある。場所はニューヨークの6番街にある彼のオフィスだった。

スクリブナー三世は、『The Great Gatsby』などフィッツジェラルドの作品を発行していた時代に編集者を務めていた、チャールズ・スクリブナー二世の曾孫に当たる。スクリブナー三世に会って、いろいろフィッツジェラルドに関する話を聞 いた。

ビルが見下ろせるオフィスで、スクリブナー三世はフィッツジェラルドについて次のように語ってくれた。

「フィッツジェラルドはアイリシュ系カソリックで、当時のアメリカのメインストリームはイギリス系プロテスタンたちでした。そのため、彼は多少アウトサイダーであっただろうし、傍観者でもあったでしょう。フィッツジェラルドの作家としての精神的『ホーム』はアメリカ東部、特にニューヨークだと思います。彼はミネソタ州の出身ですが、ニュージャージー州にあるプリンストン大学で東部の文化を吸収し、その後、東部の作家といわれるようになりました」

スクリブナー三世に『The Great Gatsby』のことを聞くと、彼はこう答えてくれた。

「例えばヘミングウエイなどは、最も好きな作品は人によって異なりますが、フィッツジェラルドの場合はほとんどの人が一番好きな作品に『The Great Gatsby』を挙げると思います。構成、文章、センチメントなど、どれをとっても傑作だと思います。もしフィッツジェラルドが生きていたら、彼の未完の遺稿となった『The Last Tycoon』が同じ水準に達した作品になったかも知れません。『The Great Gatsby』では、語り手のニックがフィッツジェラルド自身ですが、ギャツビーにもフィツジェラルドのロマンティックな部分が投影されていると思います。デイジーにはフィッツジェラルドの妻となったゼルダの我がままさと人格としての限界が感じられます。多分、フィッツジェラルドはこの時点でゼルダの内にある暗い部分にすでに気付いていたのだと思います」

スクリブナー三世のいうように『The Great Gatsby』の構成や文章と、それ以前の小説『This Side of Paradise』や『The Beautiful and Damned』を比べると、構成は絞まり、みせびらかすような大袈裟な描写は見当たらない。スクリブナー三世にその点を聞くと、面白い答えが返ってきた。

「それについて、私には持論があります。フィッツジェラルドは『The Great Gatsby』の執筆を中断して『The Vegetable: or from President to Postman』という戯曲を書きました。この劇はブロードウエイにはかからず失敗と終わりましたが、フィッツジェラルドは実際に役者が演ずるリハーサルをみて、この戯曲を何度も書き直し、ひとつの場面と物語全体の構成に注意を払うようになったと思います。これは小説を書くいい練習になったはずです。フィッツジェラルドは手紙で、この戯曲が上手くいかなかったことを、彼の編集者だったマックスウエル・パーキンスにこぼしていますが、この失敗が『The Great Gatsby』をよい小説にしたのだと思います」

『The Great Gatsby』を書いた15年後の1940年12月21日、フィツジェラルドはカリフォルニア州ハリウッドの地でこの世を去った。44歳の若さだった。その時点で、『The Great Gatsby』は数万部が売れただけだけで、スクリブナーの倉庫には二刷り目の本が残っていた状態だった。

しかし、現在はたった一年間で、フィッツジェラルドの生涯の内に売れた部数の何倍もの数がアメリカの読者に読まれているという。誰が『The Great Gatsby』を再発見したのだろうか。


「私の意見では、『The Great Gatsby』を再発見したのは1950年代のアメリカの大学や高校の先生たちだと思います。アメリカ人の大半は『The Great Gatsby』のページを学校のクラスルームで開くことになります。学校で使われる本は『The Great Gatsby』だけではありませんが、ほかの本は消え去っても『The Great Gatsby』はアメリカ文学のクラシックとして残っていきました。それは、この物語が時代を超え新鮮な感動を人々の心のなかに呼び起こすからだと思います」とスクリブナー三世は語ってくれた。

ところで、『The Great Gatsby』というタイトルだが、最終的にこのタイトルに落ち着くまで、フィッツジェラルドはいろいろな名前を思い付いたらしい。それらは『The High-bouncing Lover』、『Gold-hatted Gatsby』、『Among the Ash Heaps and Millionaires』、『Trimalchio in West Egg』などというものだった。

そして、『The Great Gatsby』というタイトルに決めたあとも、フィッツジェラルドは出版ぎりぎりになって『Under the Red White and Blue』というタイトルを思い付き、電報でタイトル変更をしたい意向をスクリブナーに伝えている。フィッツジェラルドは結局、出版が遅れるという理由で新タイトルをあきらめた。

『The Great Gatsby』というタイトルに比べてフィッツジェラルドが考えたほかのタイトルはあまりよくない。特に『The High-bouncing Lover』や『Trimalchio in West Egg』などはいかにも通俗的な響きがある。フィッツジェラルドとスクリブナーがそんなタイトルを選ばずに『The Great Gatsby』を選んだことに感謝をしたいくらいだ。

僕は、スクリブナー三世と話をして、フィツジェラルドがより身近に感じられるようになった。彼が言うように、『The Great Gatsby』はこれからも多くの人の心のなかに残っていくことだろう。そして、今回の斬新な映画も楽しみだ。

ところで、僕は「ニューヨーク・カフェマガジン」という洋書紹介や英語、アメリカの出版界の話題を取り上げるメルマガを出しています。こちらの方ももしよろしければご覧ください。http://www.mag2.com/m/0001584287.html


→紀伊國屋ウェブストアで購入

2013年04月15日

『Odd Girl Out』Rachel Simmons(Mariner Books)

Odd Girl Out →紀伊國屋ウェブストアで購入

「アメリカ女子学生のいじめの形」

『Odd Girl Out』はアメリカの10代の女の子がいかにいじめをおこなうかについて書かれた本だ、
著者のレイチェル・シモンズは1996年生まれ。ニューヨーク州にあるバッサー・カレッジ卒業。専攻は政治科学とウイメンズ・スタディ(女性学)。その後、イギリスのオックスフォード大学に進み、卒業後はワシントンDCで政治の仕事に携わった経験の持ち主。  


レイチェルはこの本を書くあたり10校の中学や高校を訪れ、約300人の女子学生から話を聞き、女の子同士のいじめの現状を聞いた。

そのほかにも、すでに成人した昔の友人に会い、何故いじめが起きたのか、その時どんなことを感じたかなどの質問をしている。

『Odd Girl Out』は体験記ではなく、手法としてはケーススタディと言っていいだろう。

この本を読んで、中学や高校の女子学生のいじめの対象は、対立するグループからではなく、仲のいい者のなかから現れることが多いと分かった。いじめはある日突然、始まるという。

仲間のリーダー格が好きな男性と仲良くした、仲間のなかでいつも偉そうにしている、などのちょっとした理由で、ある特定の女の子が、仲間全員から無視され、いじわるをされ始める。そのきっかけが、仲間内で交わされる悪口や、噂、それに相手を陥れるための嘘などの時もある。

また、リーダー格に取り入るために、誰かがこんなことを言っていたよと告げ口をする者もいるという。全ては本人の裏でおこなわれるため、本人は自分がどうしていじめを受けるのか分からない場合も多いらしい。

この時期の女性同士のいじめは、外部からは発見しづらいという。暴力や言い争いがほとんどなく、相手を孤立させることでいじめを達成させるからだ。それだけ、女の子にとって仲間外れになることは辛いものなのだ。先生に相談しても、あなたはその女の子と仲がよかったじゃない、友達なのだから話し合えばいいと言われる。しかし、みんなは口も聞いてくれない。

いじめを受けた者は、自分に対する価値感が下がり自信をなくす。それは、その後の人生に影響を及ぼすという。友人を信じられなくなり、自分を素直に出すことを恐れるようになる。

著者自身もいじめを受け、またある時は仲間に加わりひとりの友人を無視し続けたことがあったという。つまり、女の子同士のいじめは大きく取り上げられてこなかったが、世代に関係なくずっと続いている問題なのだ。

アメリカにもやはりいじめはある。しかし、いじめを受けた女の子の多くはすぐに他の学校に移っている。転校が簡単なアメリカだからできることなのだろうか。

そのほか、いじめが始まったのと同じくらい突然にいじめが終わる場合もある。女の子たちの興味がほかに移り、もう相手をいじめるのに飽きてしまう場合だ。

女の子のいじめだけについて語られた興味深い本だ。



→紀伊國屋ウェブストアで購入

2013年04月02日

『Tenth of December』George Saunders(Random House)

Tenth of December →bookwebで購入

「独特の作風が光る短編集」

1958年にアメリカのテキサス州で生まれたジョージ・サウンダースはいま、アメリカを代表する短編作家といわれている。
これまでサウンダースの作品を読んで、寓話的というか、サイエンスフィクション的というか、ほかの作家とは随分作風が違うなと感じていた。

今回、彼の経歴を調べ納得するものがあった。

サウンダースは、大学で地球物理学エンジニアリングという地球を物理的な手法を用いて研究する学問を学んだ。火山学、気象学、海洋物理学などがこの学問の分野に含まれる。

文学作家としては随分変わった専攻科目だが、彼の物書きとしての出発も変わっている。彼は、ニューヨークにある環境エンジニアリング会社のテクニカル・ライターとして文章を書き始めている。また、スマトラで油田発掘チームのひとりとして働いた経験もある。

大学や最初の職業は技術系の分野だが、大学院はニューヨーク州のシラキュース大学に進みクリエイティブ・ライティングの学位を取得した。

「僕のフィクションのオリジナリティはこの変なバックグラウンドの結果と言えるかも知れない」とサウンダースは言っている。


ということで、今回出版された短編集「Tenth of December」の話。この本1995年から2011年にかけて「ニューヨーカー」誌「ハーパーズ」誌などの雑誌で発表された短編小説が1冊となったもの。表題の「Tenth of December」は2011年にニューヨーカー誌で発表された作品だ。

サウンダースの作品は現代の企業文化やマスメディアを皮肉った作品が多い。例えば「The Semplica Girl Diaries」では、近未来あるいは違う次元の現在、あるいは過去、あるいは未来の家庭で起こる話が描かれる。その世界では「SG」と呼ばれる庭の装飾物を多く持っていることが金持ちの象徴となっている。

娘のクラスメートのパーティに出かけた父親は、その家庭に多くの「SG」があるのを見て、自分の子供に同じくらいの生活を味合わせてあげられないことに罪悪感を感じる。

「SG」の脳にマイクロラインがつけられていて、どうやら人間かなにか生き物のようだ。金持ちが「SG」を誇らしげに客に見せる社会は、どこか抑圧的だ。

そして、「SG」を持てない人間は、それだけで自分がきちんと生きていないのではないかと感じてしまう。

また表題の「Tenth of December」は想像の世界に住むひとりの青年と、病気を患い森のなかで凍死自殺を図ろうとする中年男性の話だ。

ふたりは別々の想いで森の道や凍った湖を進むが、最後にはふたりの人生が交差し、お互いに救いを見いだす。

サウンダースの作品はどれも、物語がどこに向かうか分からない意外性があり、物語の設定が少し変わっている。

しかし、その主人公の悲しみや行き場のない想いなどは、どこかレイモンド・カヴァーに根底で通じるものがある。

一方で一風変わったユーモアのセンスや、サイエンスフィクション的な舞台設定はサウンダース特有のものだ。


「Tenth of December」はニューヨーク・タイムズ紙やタイムズ誌などを含め、アメリカでは高い評価を得ている。


→bookwebで購入