« 『A Farewell to Arms : The Hemingway Library Edition』Ernest Hemingway, Patrick Hemingway(前書き), Sean Hemingway (インロダクション)(Scribner) | メイン | 『Bringing Up Bebe : One American Mother Discovers the Wisdom of French Parenting』Pamela Druckerman(Penguin ) »

2012年08月28日

『Havana Bay 』Martin Cruz Smith(Ballantine Books)

Havana Bay →bookwebで購入

「キューバを舞台として読み応えのあるスリラー」


 今回読んだ「Havana Bay」は「Gorky Park」」や「Polar Star」などに続きロシア人調査官、アルカディ・レンコが登場するマーティン・クルーズ・スミスの作品。旧ソ連の影響力が弱くなったキューバが舞台となっている。

 著者のマーティン・クルーズ・スミスは1942年にペンシルバニア州で生まれた。父親はジャズ・ミュージシャンで母親はアメリカ・インディアンの血をひくジャズ・シンガーだった。

 64年にペンシルバニア大学を卒業してジャーナリストになったが収入は少なく、雑誌の編集者になった時などは、偽名で記事を書き、その記事を自分で買い上げることなどもしていたという。

また、ジャック・ローガン、ニック・カーター、マーティン・クインなどの名前を使い小説を書いていた。

 70年代初めから本名で小説を書きだし、81年に出版した「Gorky Park」がベストセラーとなり、映画にもなりこの映画もヒット作となった。

 今回の作品を仕上げるにあたり、著者は五回ほどキューバへ取材旅行に出かけ、書き初めから完成までに3年の時を費やしたという。

 内容の方だが、モスクワに住む主人公が、ハバナ・ベイで死体で発見された友人の身元確認のためにキューバを訪れる。しかし、死体は腐敗がひどく、主人公はそれが本当に友人であるか分からず確認を拒否する。そして、その友人が移っていた一枚の写真が原因で、正当防衛の殺人を犯してしまう。主人公は、ハバナの街で自ら友人の形跡を追い、さらに大きな陰謀に巻き込まれていく。

 物語には、キューバに大きなカジノを作ろうとするごろつきアメリカ人や、キューバからの脱出を願うダンサー、魅力的な女性捜査官などが登場する。

 最後までどんな陰謀が待ち構えているのか分からず、大きなどんでん返しも用意されているスリラー作品は読み応えのあるものだった。


→bookwebで購入

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/4979