« 『The Imperfectionists』Tom Rachman(Dial ) | メイン | 『James Dean Died Here : The Locations of America's Pop Culture Landmarks』Chris Epting(Santa Monica Press) »

2010年06月29日

『Toxic Talk : How the Radical Right Has Poisoned America’s Airwaves 』Bill Press(Thomas Dunne Books)

Toxic Talk : How the Radical Right Has Poisoned America’s Airwaves →bookwebで購入

「アメリカのライトウイング司会者が伝える「嘘」」


 前回の大統領選で共和党候補のジョン・マケインが負け、勢いを失ったアメリカの共和党。共和党はいま党を引っ張っていくリーダー不在の形だ。

 一方、オバマ・アドミニストレーションで重要な地位にあるアメリカ合衆国大統領首席補佐官ラーム・エマニュエルは、ラッシュ・リンボーが「共和党の声であり、知的な力であり、エネルギーの根源である」と語った。CBSの日曜の政治討論番組「Face the Nation」でもホストのボブ・シーファーにラッシュ・リンボーが「知的な力であり、共和党が彼に注目するのはそのせいだ」と語った。

 では、いまの共和党の最も重要な力とされるラッシュ・リンボーとは誰だろうか。

 リンボーは、ウルトラ・ライトのトークラジオ司会者だ。民主党としては、リーダー不在の共和党は極右のリンボーに乗っ取られ、一般のアメリカ大衆とは乖離した党になっているというメッセージを伝える狙いがある。

 リンボーに限らず、アメリカでは視聴者参加型の政治番組であるトークラジオの人気が高い。そして、このトークラジオ番組のほとんどがウルトラ・ライトの司会者で占められている。

 僕もこのトークラジオを90年代から聞きはじめた。ちょうど先ほどのリンボーの人気が急上昇し、テレビ番組まで持つようになった時代だった。

 僕が定期的に聞いていたホストは、リンボーのほか、スティーブ・マルツバーグ、リン・サミュエル、マーク・レヴィン、マイケル・サヴェージ、カーティス・スリワ、ライオネル、ショーン・ハニティなどだった。このうちの多くがウルトラ・ライトのトークラジオ・ホストであり、民主党よりの僕としては、最初はライトウイングからの歯に衣着せない意見が新鮮だった。ものの見方や言い方は、立場を変えると全く違ったものになり、どちらの意見もそれなりに説得力があると勉強にもなったものだ。

 ウルトラ・ライトのホストたちの番組が聞くに耐えなくなってきたのは、先の大統領ジョージ・W・ブッシュと副大統領ディック・チェイニーの元でアメリカがイラクとアフガニスタンに戦争を始めてからだった。

 大統領の権限を無理矢理広げ強引に戦争をおこなうブッシュと彼のアドミニストレーションを、ライトウイングのホストたちは後押しした。ナショナリズムに訴え、戦争を支持しない者は腰抜けのリベラルであり、ブッシュのやり方に意義を唱える者はアメリカに対する愛国心がない者だとまくしたてた。

 「グレート・アメリカン」とは保守的なアメリカ人を指し、アメリカは民主主義を世界に押し広げ、アメリカが世界で一番で、もしほかの国が賛成しなければそれは残念だが、アメリカは好きなことをやる権利があり、その力があるというメッセージを訴え続けた。そして、自分たちの意見に賛成でないアメリカ国民はすべて反アメリカ的だと決めつけた。

 ブッシュ・アドミニストレーションは、伝える内容のどこまでが真実かが常にはっきりとしないアドミニストレーションだった。それと同じく、ライトウイングのホストたちも真実でないことを事実だとして伝えている。

 そうして、何度も嘘を繰り返せば、ある人間にとってはそれが真実となってしまう。イラクが「大量破壊兵器」を開発間近で、その開発・使用を阻止するためにブッシュがイラク戦争を始めたという「嘘」を信じているアメリカ人はいまだにいるだろう。

 そして、大統領がオバマに変わっても、ライトウイング・ホストの「嘘」は止むことがない。「オバマはイスラム教徒だ」、「オバマはアメリカで生まれていないので大統領になる資格がない」、「オバマは社会主義者だ」、「オバマはテロリストと結びついている」などなど、これらはライトウイング・ホストたちによって「事実」として語られたことだ。

 リンボー、サヴェージ、ハニティ、グレン・ベック、ビル・オライリー、ローラ・イングラムなどのアメリカのウルトラ・ライトのホストたちがどんなことを言ってきたかを伝えるのがこの「Toxic Talk」だ。

 著者は政治コメンテーター、トークラジオ・ホストであるビル・プレス。リベラル派に属する人間だ。

 現在、アメリカで週日に流されるトークラジオの91%のエアータイムがライトウイング・ホストからのものだという。彼らの視聴者の核となるのが、裕福な白人中年層だ。購買力がある視聴者からの支持はこれからもライトウイング・ホストの番組が企業からの予算を受けることを意味する。

 以前、ライトウイング・ホストたちは共和党の決めた論点を宣伝する役目を果たしていたが、いまは逆に共和党の論点を決定する力を持っている。リンボーが共和党の「知の力」と言われる由縁である。

 ライトウイングのホストたちは、アメリカの一面を映し出している。いま、ライトウイングがどこにいるのかを知るためにも一読の価値がある本だ。



→bookwebで購入

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/3838