« 『A Day in a Medieval City』Chiara Frugoni(University of Chicago Press) | メイン | 『Bergdorf Blondes 』Plum Sykes(Miramax) »

2010年05月28日

『The Walk』 Richard Paul Evans(Simon & Schuster)

The Walk →bookwebで購入

「神が与えてくれた運命の道を歩く」


 神が与えてくれた運命の道。人は時にその道に出会うときがある。この命題を受けて書かれたのがこの「The Walk」だ。

 主人公のアラン・クリトファーセンはシアトルで広告会社を経営する若い実業家だ。
会社の経営はうまくいっており、よい車も、豪邸といえる家もある。そして、なにより彼は、幼なじみで最愛の女性マッケールを妻としている。

 しかし、大切なクライアントを前にプレゼンテーションをしているとき、アランの元に妻が落馬をして病院に運ばれたという知らせが入る。

 彼は、プレゼンテーションをパートナーのカイルに任せ、病院に急ぐ。妻の容態は思わしくなく、数日たって彼女は半身不随に陥ったと判明する。

 彼は最愛の妻に献身的につきそい、会社をパートナーに任せる。彼女は退院して家に戻るが、尿道管から菌が入り敗血症を引き起こしてしまう。そして、数日後、彼女はこの世を去る。

 最愛の妻を失ったアレンは仕事にもどるが、パートナーのカイルが仲間社員のひとりと組んで、アレンのいない間に新しい広告会社を建ち上げ、クライアントのほとんどを連れて行ってしまったことを知る。

 彼は会社の再建を目指すが、車が差し押さえられ、家も競売にかけられることになってしまう。

 この逆境のなか彼は、すべてのものを捨てて「歩く」ことを決断する。たまたまその場にあった地図を広げ、自分のいる場所から歩いていける一番遠い土地、フロリダ州キーウエストを目指して徒歩の旅に出る。

 この本は全5巻のシリーズとなる予定で、今回の第1巻はシアトルからワシントン州スポケンまでの道のりが書かれてある。

 スポケンに辿り着く道のりで、彼は子供の頃に性的虐待を受けたウエイトレス、一度死の世界を体験し生き返った経験を持つ宿の女性オーナー、そして文字通り彼の「天使」となる女性に出会う。

 この旅は人間の力の及ばない神が彼に与えた運命であることは間違いない。

 出会う人々が彼の人生を変え、彼もその人々の生き方を変える物語になりそうだ。ベストセラーシリーズの誕生といえるだろう。


→bookwebで購入

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/3776