« 2009年09月 | メイン | 2009年11月 »

2009年10月19日

『St. Lucy’s Home for Girls Raised by Wolves』Karen Russell(Random House)

St. Lucy’s Home for Girls Raised by Wolves →bookwebで購入

「アメリカ・コンテポラリー文学の流れのなかの一冊」


 この本はアメリカ文学界に登場した新鋭作家カレン・ラッセルのデビュー短編集。彼女は『ニューヨーカー』誌の「25歳以下の注目すべき25人」のひとりに選ばれ一躍注目を浴びるようになった。

 この作品を読むといまのアメリカ文学(特に短編作品)のひとつの流れが読み取れる。流行という言葉は軽すぎるかも知れないが、この10年間程度で特に人気が出てきた文学の流れだ。その流れを一言でいうなら「フェイブリズム」、つまり寓話的な文学だ。

 ジョージ・サウンダースを筆頭とするこの部類の作家たちは、例えば80年代にカヴァーたちが華やかに見せてくれた日常生活の中での「リアリズム」(ジョンは52歳。今朝、妻のアリスと喧嘩をしてしまい、バーのカウンターに座り酒の入ったグラスを片手に離婚のことを考えている、というような書き方)を意識的に避けている。

 ラッセルの物語の設定は現実から離れているが、描かれる人物には真の感情が読み取れる。表題作の『St. Lucy’s Home for Girls Raised by Wolves』はオオカミ人間を両親に持つ娘たちが、修道女たちの手によって人間社会の決まりを教え込まれる物語だ。その過程は子供の世界から大人の世界への脱皮のメタファーとも取れるが、文化間の衝突の話とも取れ、アメリカという異国で長く暮らす私にとって興味深い物語だった。

 『Haunting Olivia』では、船の墓場で魔法の水中メガネを使ってふたりの兄弟が、海上で行方不明になってしまった妹を探す物語だ。また、ミノタウロス(牛頭人身の怪物)を父に持つ少年の話も出てくる。

 「僕の父、ミノタウロスはどの男より頑固だ。そう、農場を売って四千ポンドもある幌馬車を自分で引っ張って西部に向かうと決めたのは彼だった」

 ラッセルの作品の中では特に子供が重要な役割を果たす。彼らの周りには危険な大人、怪物、生活の中にいない親、もののけなどが徘徊している。主人公たちにはそれらの存在を素直に受けいれてしまう純真さと危うさがつきまとう。そうしてある者は、永遠にもとには戻れない一歩を踏み出す。

 寓話的な小説を書く作家のなかでもラッセルの作品はブラックユーモアを押し出すものでなく、ノスタルジックで、しっとりとした余韻を残すものが多いようだ。そして、作品には『人工雪パレスと雪女』 『混乱したドリーマーたち向けのZZの寝続けキャンプ』など意表を突くタイトルがつけられている。

 若くして高い評価を受けたラッセルの短編集。アメリカ・コンテンポラリー文学の流れの中にある作品だ。


→bookwebで購入

2009年10月04日

『The Great Influenza: The Story of the Deadliest Pandemic in History』John M. Barry(Penguin Books)

The Great Influenza: The Story of the Deadliest Pandemic in History →bookwebで購入

「世界を襲ったインフルエンザ大流行の歴史」


 1918年春。アメリカのカンザス州にあった軍隊のキャンプでインフエンザが流行し始めた。

 アメリカは第一次世界大戦を戦っているさなかで、軍隊のキャンプは人員過剰の状態。その冬は寒さが厳しく、毛布さえも不足しがちだった。多くの人間が一カ所に集まり、寒さに耐えなければならない環境でインフルエンザの流行が始まった。

 しかし、この春のインフルエンザ第1波は症状が軽く、患者たちは数日間で病気から回復していった。人々は、少し症状が重い風邪くらいにしか感じなかった。

 その8週間後、変化を遂げ強力になったインフルエンザの第2波がアメリカを襲った。この本は世界中で1億人の命を奪ったといわれるインフルエンザ流行の記録だ。

 フィラデルフィア州にあった軍隊キャンプではインフルエンザによる死者がでたが、兵士の士気を重視する軍部は積極的な防衛策を講じず、市民にも情報を伝えなかった。

 その結果、フラデルフィア市民にもインフルエンザが流行し1週間に4500人以上が死亡する状況が生まれた。病院はその患者数の多さに対応できず機能マヒとなり、医師や看護士たちも病に倒れた。

 そんななかで、州政府は「すでに最悪期は過ぎた」と病気への対応より市民感情の沈静化を優先させた。

 しかし状況はさらに悪化し、死者を葬るための棺がなくなり、墓を掘る人間たちもいなくなった。死人がでた家では死体を部屋においたまま、または死者とベッドを共にするという生活を強いられた。

 1900年初頭はまた、医学界で革新的な技術が生まれていた時期でもあった。

 今回読んだ『The Great Influenza』は、1918年のインフルエンザ大流行を伝えるだけではなく、いかに医学界がこの病気と戦ったかを伝える本だった。

 医者たちは病気を治すことから、病気にかからないようにするため技術を編み出しつつあった。

 1918年の大流行に直面した医者たちは、まずこの病気の原因をつきとめることに腐心した。発症から死亡までひどいものでは1日もかからない病気の病原体を純正培養し、ワクチンを作る。しかし、病原体がはっきりとせずなかなか成功をみない。一方、街では数千人が日々死亡している。1918年の大流行は医学界を永遠に変革させた事象でもあった。

 「今日、1918−19年のアメリカでのインフルエンザ大流行は67万5000人を超える死者を出したと考えられている。当時の人口は1億500から1億1000万人で、一方2006年は3億人に達しつつある。そこで、今日の人口数にその比率を合わせると、175万人が死亡したこととなる」

 新たな型に変化を遂げるインフルエンザの怖さが分かる本だ。



→bookwebで購入