« 『The Yankee Years』Joe Torre/Tom Verducci(Doubleday ) | メイン | 『At the Center of the Storm』George Tenet, Bill Harlow(HarperCollins) »

2009年07月29日

『The power of the dog』Don Winslow(Vintage Books)

The power of the dog →bookwebで購入

「荒々しい疾走感が味わえる作品」


 ロサンゼルスに住んでいた頃、車を飛ばしてサンディエゴを抜けアメリカの国境を越えメキシコのティワナまで行った。

 アメリカの永住権をもっていた僕は、アメリカを出てメキシコに行って、そのあと何の手続きもなくアメリカに戻ってくることができた。

 ティワナはワイルドな街で、週末は明け方までクラブやバーが賑わい、どこか無法地帯の雰囲気があった。物事が素早く決まり、状況があっと言う間に変化する街でもあった。僕はアメリカでは味わえない、スリルとちょっとした緊張を求めてたびたびティワナを訪れたものだ。

 もうティワナのようなワイルドな場所を訪れても昔のようなスリルを感じることはない。まだ若かった僕には興奮を呼び起こす街だった。

 今回読んだドン・ウィンズロウの『The Power of The Dog』はそんな荒々しいスリルと緊張感をたっぷり味わえる作品だった。

 物語は1970年代のメキシコから始まる。主人公のひとりアート・ケラーは、型にはまらず時として規則違反も顧みないアメリカ麻薬取締局(DEA)のエージェントだ。彼は麻薬売人エイダン・バレラを通じて彼のおじでメキシコの中央政府警察官のミゲルと知り合う。

 アートはミゲルの力を借りてDEAが追っていた麻薬カルテルの親玉であるドン・ペドロを追いつめる。しかし、これはミゲルの策略であり、ミゲルはドン・ペドロを殺害し、自分がカルテルのボスになる。ミゲルはメキシコをテキサス/アリゾナ地区、ルイジアナ/フロリダ地区、ティワナ/サンディエゴ地区に分け各地区を統括する手下を置く。

 一方、ニューヨークでは、チンピラからのし上がったカランたちがヘルズ・キッチン地区をマフィアから与えられ、マフィアのボスには秘密で麻薬を扱うために南カリフォルニアへ向かう。

 その、南カリフォルニアでは魅力的なノラが高級コールガールに身を転じようとしていた。

 物語はアート、エイダン、ミゲル、カラン、ノラたちの人生が複雑に交差する。舞台はマンハッタン、ティワナ、エルサルバドル、ホンジュラス、ワシントンなど目まぐるしく変化し、メキシコ政府、アメリカ政府を巻き込んだ複雑な展開を見せる。イラン・コントラ事件やメキシコの大地震、アメリカでのクラック・コカインの大流行などの史実も盛り込まれ90年代まで物語は続く。

 裏切りと暴力とセックス、それにロマンスや人情劇もある荒々しく疾走感に満ちた物語だった。


→bookwebで購入

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/3316