« 『Peanuts: a Golden Celebration』 Charles M. Schulz(Harper Resource) | メイン | 『The Yankee Years』Joe Torre/Tom Verducci(Doubleday ) »

2009年06月29日

『Anansi Boys』Neil Gaiman(Harper Torch )

Anansi Boys →bookwebで購入

「西アフリカの民話を織り込んだニール・ゲイマンの作品」


 幻想小説作家として確たる地位を築いた感のあるニール・ゲイマン。今回紹介するゲイマンの『Anansi Boys』は幻想小説という枠に入れることは難しい。

 この作品はもちろん幻想的であるが、スリラーでもあり、ロマンチックコメディでもあり、一家族のストーリーでもあるといえる。その上、主人公が自分の精神的成長に目覚める、いわゆる「カミング・オブ・エイジ」の物語でもある。

 物語はロンドンに暮らすファット・チャーリーが、結婚式に父を招くためフロリダに出かけるところから始まる。彼はフロリダで父が死んでしまったことを知らされる。

 しかし、彼が知るのは父が死んでしまったことだけではない。死んだ父は実は神だったのだ。父は蜘蛛の姿の神アナンシであり、ファット・チャーリーも神の血を受継ぐ子孫のひとりだった。

 最初は物語の展開のとっぴさに驚くが、独特の語り調と、ユーモアの冴える文章にいつしか著者の世界に引き込まれていく。

 ファット・チャーリーは一度ロンドンに戻るが、彼のもとにいままでその存在さえ知らなかった兄弟スパイダーがやってくる。父の持つ能力やいたずら好きな性格を受けついだスパイダーが現れたことでファット・チャーリーの生活は一変する。

 スパイダーはファット・チャーリーの婚約者と仲良くなり、ファット・チャーリーは横領の疑いで警察から追われる身になる。

(「スパイダーとはそんなに悪いの」とヒグラーさんは聞いた。「こう言えばいいかな」とファット・チャーリーは答える。「僕が思うに彼は僕の婚約者と寝ている。僕でさえもそんなことをしたことがない」)

 再びフロリダに戻ったファット・チャーリーは神の世界に入り込み、スパイダーを追い返すために、鳥の神の助けを求める。鳥の神が現れたことにより、物語は暗さを増し、ミステリー、ファンタジーの色彩が強くなる。

 また、一方でこの物語は、ファット・チャーリーの自分探しのストーリーでもある。ファット・チャーリーの魔法の旅は、自分のなかにある強さの発見や、本当に愛する人との出会いに繋がっていく。

 タイトルになっているアナンシとは、西アフリカで伝承される民話に登場する神のひとり。蜘蛛の形または人間の姿で登場する。

 古くから伝わる民話をテーマとし、ロンドン、フロリダ、そしてカリブの島が舞台となった物語は娯楽性の高い作品だった。


→bookwebで購入

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://booklog.kinokuniya.co.jp/mt-tb.cgi/3284